このページでは、日清食品のカップ麺、「日清のどん兵衛 和山椒香る旨辛ラー油太そば」を食べてレビューしていきます。


「日清のどん兵衛 和山椒香る旨辛ラー油太そば」はどんなカップ麺?


今回のカップ麺は、日清食品の「日清のどん兵衛 和山椒香る旨辛ラー油太そば」。2018年11月26日発売の、「日清のどん兵衛」シリーズの新商品です。先日レポ済の「日清のどん兵衛 とろつゆ仕立ての明太風あんかけうどん」と同時発売の、「日清のどん兵衛」のCMに登場する「どんぎつね」でおなじみ吉岡里帆さん考案によるアイデアレシピ第2弾商品です。

明太風かまぼこは明太子そのものだった!吉岡里帆さんどん兵衛「明太風あんかけうどん」

このページでは、日清食品のカップ麺、「日清のどん兵衛 とろつゆ仕立ての明太風あんかけうどん」を食べてレビューしていきます。 「日清のどん兵衛 とろつゆ仕立ての明太風あんかけうどん」はどんなカップ麺? 今回のカップ麺は、日清食品の「日清のどん兵衛 とろつゆ仕立ての明太風あんかけうどん」。2018年11月26日発売の、「日清のどん兵衛」シリーズの新商品です。日清どん兵衛の「どんぎつね」のCMでお馴染みの吉岡里...

  • 和山椒を使ったラー油蕎麦
昨年2017年11月に登場した吉岡里帆さん考案のアイデアレシピを商品化した第1弾に続いて、先日レポした「とろつゆ仕立ての明太風あんかけうどん」とともに発売された今回の「和山椒香る旨辛ラー油太そば」。「とろつゆ仕立ての明太風あんかけうどん」は、どう見ても食べても明太子にしか思えない「明太風かまぼこ」なる新しい具がインパクト大でした。今回の商品ではどんな衝撃を私たちに与えてくれるのでしょうか。

昨年出ていた吉岡里帆さん考案アイデアレシピ第1弾商品で発売された「日清のどん兵衛 ラー油香る鴨だしねぎ太そば」でも、今回と同じくラー油が使用されていました。ラー油を使ったお蕎麦を扱ったお店はここ数年よく見かけるようになり、蕎麦の大きな潮流となっています。今年は、昨年の「鴨だし」に代わって「和山椒」が使用されているのが大きな特徴。

  • 山椒と花椒の違いは?
最近は、ラーメンやカップ麺で花椒と唐辛子を使ったシビカラ系の味が大ブームとなっていますが、今回は花椒ではなく「和山椒」が使用されています。山椒は日本原産の低木で、花椒と同じくミカン科サンショウ属の植物。花椒が中国原産で中華料理でよく使われるのに対し、山椒は日本原産で日本料理に使われることが多いです。うなぎの上にかけるのでお馴染みですよね。

香りやシビレの強さはだいぶ花椒の方が強いそうですが、そもそも香りの種類も用途も違うため一概に比較はできません。今回は「和山椒」を使っているので、流行りの花椒を使った商品よりもやわらかい味になっているはずで、和山椒とラー油が組み合わさって、どういう感じで和製シビカラになっているのか気になるところです。

  • 昨年発売されていた吉岡里帆さん考案アイデアレシピ第1弾商品

日清食品 「日清のどん兵衛 ラー油香る鴨だしねぎ太そば」

吉岡里帆さん考案のラー油の入った鴨だしそば 今回のカップ麺は、日清食品の「日清のどん兵衛 ラー油香る鴨だしねぎ太そば」。前回に引き続き、吉岡里帆さん考案の「日清のどん兵衛」シリーズ新商品です。今回は「ラー油香る鴨だしねぎ」ということで、前回のうどんよりはガツンとした味を期待できそうです。見た感じそんな奇抜な味でもなさそうだし、普通においしそうですよね。レギュラー商品で「鴨だしそば」があるので余計そ...

日清食品 「日清のどん兵衛 生姜香る 鶏塩あんかけうどん」

日清のどん兵衛CMに出演している吉岡里帆さん考案のうどん 今回のカップ麺は、日清食品の「日清のどん兵衛 生姜香る 鶏塩あんかけうどん」。「日清のどん兵衛」シリーズの新商品です。「日清のどん兵衛 ラー油香る鴨だしねぎ太そば」と同時発売で、ともにどん兵衛のCMに出演している吉岡里帆さん考案の商品とのこと。まずはうどんの方を食べてみます。「生姜香る鶏塩あんかけうどん」とは、もういかにもおいしそうな商品ですよね...



内容物、価格、購入額など




別添袋は「液体スープ」、「かやく」、「焼きのり」の3つ。焼きのりが入っているのはうれしいですね。



先入れの「かやく」を入れた状態。かやくには細切れチャーシュー、ネギ、粒ごまが入っています。「日清のどん兵衛」のお蕎麦のの大きな特徴であるまっすぐな蕎麦は、今回もしっかり、私オサーンのようにまっすぐなようです。(こういうのウザいですよね)

品名日清のどん兵衛 和山椒香る旨辛ラー油太そば
メーカー日清食品
発売日2018年11月26日(月)
麺種別油揚げ麺
かやく・スープ2袋(液体スープ・かやく・焼きのり)
定価税別180円
取得価格税込138円(コープ)


栄養成分表


1食98g(めん66g)あたり
エネルギー382kcal
 ∟めん・かやく∟317kcal
 ∟スープ∟65kcal
たん白質9.0g
脂質17.5g
炭水化物47.1g
食塩相当量6.2g
 ∟めん・かやく∟1.3g
 ∟スープ∟4.9g
ビタミンB10.34mg
ビタミンB20.41mg
カルシウム115mg


つゆ




つゆは「上品な白だしつゆに和山椒の香りとラー油をきかせた甘辛つゆ」とのこと。

白だしを使うことで蕎麦としては透明感のあるつゆで、表面にラー油主体の油脂が浮き、ほのかに和山椒が香ります。

ラー油の味を強く感じる和山椒がほのかに香るつゆ


  • 白だしを使ったつゆで透明感がある
蕎麦つゆは、しょうゆを使った真っ黒い色のイメージがありますが、今回は淡口しょうゆ主体の白だしを使うことで、透明感のある色をしています。白だしを使うことで、しょうゆの香りは控えめになり、だしの味が前に出てくる効果があります。関西風のお蕎麦だと淡口しょうゆや白だしを使うこと多いんでしょうかね。

白だしの効果か、かつおや昆布といっただしの味を感じ取ることができますが、そんなに強いわけではなくほんのりと香る程度で、ラー油を除いた状態だとあっさりなつゆです。味の主役はしょうゆやだしよりも、ラー油でした。

  • ラー油主体の味で、和山椒はおとなしめに香っている
ラー油はピリ辛程度の辛さがあり、豚脂とともに表面にうっすらと油膜を形成することで、あっさり味の割には強めにこってり感を演出しています。辛さよりもこってり感や風味付けの効果が大きく、ラー油の香ばしい風味がつゆを支配している印象でした。まさしくラー油蕎麦です。

和山椒はほのかに香る程度。花椒を使ったスープのような強烈なシビレがあるわけではなく、隠し味程度の存在感なので、シビレ系が苦手な人でも大丈夫な味だと思います。商品名に「和山椒」と入っているくらいなので、もうちょっと前に出てきても良さそうなものだと思いましたが、きっと和山椒さんちょっとシャイなんでしょうね、私のように。(だからウザいってば)

食べ進めて後半戦になってくると、ラー油の辛味とともに口の中に徐々に蓄積されていき、存在感が高まってくるように感じました。後半戦の方がおいしくなってきます。強烈な花椒も良いですが、ラー油と山椒のまったりな組み合わせもなかなかオツです。






麺は「どん兵衛ならではの、すすり心地の良いまっすぐな太そば」とのこと。

通常のどん兵衛のそばよりもひとまわり太い油揚げ麺のお蕎麦です。どん兵衛ならではのストレートな形状が大きな特徴です。

いつものどん兵衛よりひとまわり太い、香りと喉越しの強い油揚げ麺のお蕎麦


  • ストレートの太い蕎麦で食感で他社にアドバンテージ
いつものどん兵衛よりひとまわり太いお蕎麦です。昨年発売されていたのも「太そば」で、当時はあまり太いと感じていなかったのですが、今年食べてみるとやっぱり太いです。

太いからか、いつものどん兵衛以上にストレート感が強調されているように感じられます。蕎麦がストレート形状だと、他の麺種がストレートなこと以上に本格的な印象を持ちます。他社と比べてこのストレート蕎麦は大きなアドバンテージでしょう。

  • 香りと喉越しが強く感じられる
太い蕎麦麺で、蕎麦の香りも強めに感じるため、今回のラー油と和山椒のつゆと合わせて釣り合いが取れているか、やや麺が強いかなというバランスになっています。蕎麦の香りがしっかり伝わるバランスで、しょうゆの香りが弱い白だしを使っている影響かと思われます。それほど油揚げ麺臭が前に出てこないお蕎麦なので、このバランスは良いと思います。太い麺で喉越しも強く、いかにもお蕎麦を食べているのが実感できます。





具は「チャーシュー、ごま、のり、ネギ」とのこと。

細切れのチャーシューに加え、ネギが多めに入っています。焼きのりは2枚入っていました。

焼きのり2枚がうれしい具の構成


  • 細切れチャーシューよりもネギに存在感
細切れチャーシューは量そこそこ入っています。しかしあんまり肉感があるタイプではなく、ちょっと安っぽい印象。流行りのラー油肉そば的な雰囲気はなかったです。味で目立っていたという点ではネギの方が存在感があり、ネギの香りとラー油はかなり好相性のように感じました。つゆがおとなしめのため、ネギの存在感が際立っていました。

  • 焼きのりと粒ごまはつゆと好相性
焼きのり2枚はうれしい存在。お蕎麦にのりは鉄板の組み合わせですが、ラー油や和山椒ともしっかりマッチしています。味に変化をつける観点からも、のりの風味は良いアクセントになっていて効果的のように感じました。つゆに浸したのりをごはんにくるんで食べたくなりましたが、グッと我慢。

粒ごまの風味もつゆととても良くマッチしていましたが、こちらはちょっと量が少なかったですかね。せっかくの粒ごまなので、もっとつゆとのマッチングを楽しみたかったです。粒ごまたくさん入るとこの商品、大化けしそうな雰囲気があります。ただ、吉岡里帆さんシリーズ、一貫してあまり極端な味をつけないような方向性が見られるので、敢えてやってないだけなのかもしれませんね。


オススメ度(標準は3です)


  • 日清食品 「日清のどん兵衛 和山椒香る旨辛ラー油太そば」
★★★★★☆☆☆☆☆(5)

全体的にはあっさり味ですが、ラー油の香ばしさと和山椒のほのかな香りが光る一杯。いつもより太めでストレートな蕎麦麺で、香りや喉越しがしっかり感じられました。もうちょっと和山椒が強く香ってくれたり、粒ごまの存在感が増すと、もっとおいしくなりそうな雰囲気がありました。ただこのシリーズは一貫して穏やかな味に仕上げてきているようなので、極端な味に振ってくることは今後もないように思います。

同時発売の「明太風あんかけうどん」に入っていた「明太風かまぼこ」のようなインパクトの強い存在はありませんでしたが、総合力でおいしいお蕎麦でした。満足な味です。

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加