このページでは、セブンイレブンで購入したまるか食品のカップ麺、「ペヤング たらこやきそば」を食べてレビューしていきます。


「ペヤング たらこやきそば」はどんなカップ焼そば?


今回のカップ麺は、まるか食品の「ペヤング たらこやきそば」。関東ではカップ焼そばの大定番となっている「ペヤング」シリーズの新商品です。おそらく今週(2018年11月26日~)の新商品なんですが、メーカーサイトに記載がなく、セブンでしか見かけなかったため、おそらくセブン&アイグループ限定もしくは先行発売の商品と思われます。詳細は不明です。

  • ペヤングやきそばとたらこのコンビは初めてじゃない!
メーカーサイトの発売予定にこの商品書いていなかったので、セブンでピンク色の鮮烈なパッケージを見て胸が高鳴りました。

ひょっとして・・・これが・・・恋なの?

いい年したおっさんが何言ってんだか。きっとピンク色見て頭おかしくなったんでしょうね。なむなむ。

でもペヤングのたらこって見覚えあるぞと思って調べてみると、このブログでは過去2度、ペヤング&たらこの商品をレポしていました。でも結構古いです。2010年と2013年。いずれも私の盟友であるハンサム氏が食べてレポしてくれていました。そういやハンサムさん、最近はジムトレーニングと登山にハマっているそうです。骨格が良いから筋肉がついたら素晴らしいとジムで褒められて浮かれているみたいですが、ぜひ筋肉つけてから浮かれてください。しかしずいぶん健康的ですね。


こちらは2010年に出ていた商品。ハンサム氏は私よりずっと評価がシブチンだったのですが、この商品には★5をつけていました。ピリッと辛くて、塩加減がごはんのおかずに最適なんてことが書かれています。明太子のつぶつぶは少ないようです。


こちらは2013年の商品。こちらはハンサム氏、たらこの味が薄くてお気に召さなかったようです。★3をつけていました。確かに写真を見るとあんまりたらこっぽさがないように見えます。

これ以前にもペヤング&たらこの商品は出ていたようですが、このブログでは残念ながら歴史を追うことは不可能でした。

今回の一杯は果たしてどんなカップ焼そばなのか、願わくばたらこのつぶつぶがしっかりわかる濃い味に期待したいところ。食べ終えて、いちばんたらこっぽいのはパッケージの色だったね!なんてことにならないように願いながら食べてみたいと思います。



内容物、価格、購入額など




別添袋は「ソース」「かやく」「後入れかやく」の3袋。この「後入れかやく」の袋、ちょっとたらこ入ってるっぽいですよね?これは期待できそう。「かやく」には肉が入っておらずキャベツだけです。

品名ペヤング たらこやきそば
メーカーまるか食品
発売日不明
麺種別油揚げ麺
かやく・スープ3袋(ソース・かやく・後入れかやく)
定価不明
取得価格税込198円(セブンイレブン)

栄養成分表


1食115g(めん90g)あたり
エネルギー537kcal
たん白質9.3g
脂質28.9g
炭水化物59.9g
食塩相当量3.3g




ソース




ソースは、「たらこの旨味とピリッとした辛みがやみつきになるソース」で、「辛すぎず、最後まで食べられる味わい」とのこと。

明太子の入った辛味のあるソースです。別添後入れかやくに具としてたらこが入っていますが、ソースにも少量ですがたらこ入っていました。

絶妙な辛さで、しっかりたらこの味もしている、骨太なソース


たらこ味と辛味のついたしょうゆ味ベースのソースです。パッケージには「ピリッとおいしい」と書かれていますが、確かに辛い。私辛さバカなので辛さの度合いをうまく表現できる自信ないですが、ピリ辛よりも辛いのではないかと思います。

  • 絶妙な辛さ
商品説明に書かれている「辛すぎず、最後まで食べられる味わい」というのもその通りで、激辛とか大辛レベルではなく、ある程度辛さが大丈夫なら食べられるレベルなのではないでしょうか。子供さんや辛いのが苦手な人は食べないほうが良いレベルでもあります。なんか表現難しいですが、絶妙な辛さです。

  • たらこも濃くて強い味
辛さだけではなく、たらこの味も強く感じました。ハンサム氏の食べた2010年と2013年のペヤングを食べてないので比較はできないものの、ハンサム氏の文章から推察するに、今回のソースはかやく抜きでもたらこの味が強そうです。ちょっとだけたらこの粒も入っていて、しっかりしたたらこ味。

かなり濃い味なので、ごはん大好きハンサム氏が食べるなら、ごはんが必要かもしれませんね。






麺は、縮れのついた中細の油揚げ麺です。

縮れのある中細油揚げ麺で、麺量90gもノーマルペヤングと共通です。おそらくいつものペヤングとまったく同じ麺ですね。独特のソフトで縮れのある食感で、目をつぶって食べてもペヤングとわかるくらいの存在かと思います。

油揚げ麺臭の強い麺だが、濃くて辛いソースが油揚げ麺臭をうまく制御している


ペヤングで使用されている麺は、これだけで食べると油揚げ麺臭が強いので、合わせるソースの味によっては油揚げ麺臭がかなり前に出てきてしまいます。ノーマルペヤングの場合、別添のスパイスが油揚げ麺臭をうまく制御することで、ソースと麺のうまいバランスが成り立っていると感じています。

今回の「たらこやきそば」にはスパイスは入っていないものの、ソースの味がかなり濃く、また辛味も強めに効いているため、油揚げ麺臭が目に出てくることなく、しっかりソースと麺が調和できていました。ペヤングの麺はしお味系のソースよりもソース味系のソース、もしくは濃い味のソースの方がしっかりマッチするように思います。





具は「キャベツを使用し、後のせで粉末たらこと刻み海苔を入れて風味がアップ」とのこと。

先入れのキャベツと、後入れかやくでふりかけ状のたらこと海苔の構成です。たらこは結構たくさん入っていました。

ソースだけではなくかやくにもたらこがたくさん!


ソースのたらこ味が濃いことに加え、別添後入れかやくの中にもたらこがさらにたくさん入っています。たらこの味も強く感じられ、ソースとかやくでかなり分厚いたらこ味になっていました。これはペヤングさん本気の味作りです。先日9月に食べた「海老やきそば」もソースと具でえびが徹底的でしたが、今回もソースと具で徹底的にたらこ味でした。


キャベツもいつものペヤング並にたくさん入っています。今回、ソースが少し辛くて塩けが強いため、キャベツの甘みがそれらの味と対照的な存在として目立っていました。

一方で多少残念に感じたのが海苔。ちょっと細かいカットのきざみ海苔なんですが、今回ソースの濃さと辛さで海苔の風味はあまり感じられなかったので、もうちょっとたくさん入っていた方が良かったように感じました。たらこ味なので、海苔との相性抜群なんですよね。海苔の量だけは過去のペヤング&たらこの商品に比べて劣る点だと思います。


オススメ度(標準は3です)


  • まるか食品 「ペヤング たらこやきそば」
★★★★★☆☆☆☆☆(5)

ペヤングがしっかり真面目にたらこ味のカップ焼そばを作ってきた印象です。たらこの濃いソースに加え、後入れかやくでもたくさんたらこが入ることで、かなり重厚なたらこ焼そばに仕上がっていました。辛味もしっかり感じられて、物足りないようなピリ辛でも、味を支配してしまう激辛や大辛でもない、たらこと辛味が両立できる絶妙な線を突いてきていました。ペヤングのチープな味を期待し絵はだめですよ!今回はしっかりおいしいカップ焼そばでした!

来週発売の「ペヤング スカルプDやきそば」が話題になっていますが、その発売を前にペヤングさんエンジンがかかってきた感じです。

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加