このページでは、東洋水産のカップ麺、「マルちゃん 博多長浜らーめん 田中商店 旨辛濃厚豚骨」を食べてレビューしていきます。


「博多長浜らーめん 田中商店 旨辛濃厚豚骨」はどんなカップ麺?


今回のカップ麺は、東洋水産の「マルちゃん 博多長浜らーめん 田中商店 旨辛濃厚豚骨」。2018年11月26日発売の新商品で、東京足立区のとんこつラーメンの名店、「田中商店」の味を再現したカップ麺です。製造は東洋水産系のメーカーである酒悦が担当。

  • 田中商店は東京にある博多長浜ラーメンの名店
田中商店」は、東京足立区にあるとんこつラーメンの名店で、濃厚でとんこつ臭の激しいとんこつラーメンを供していることで有名です。これまでにも何度も書いている気がしますが、私オサーン、実は今まで食べたラーメンで、田中商店のとんこつが最も好きなんです。

田中商店

こちらは田中商店ダイバーシティ東京プラザ店の「ねぎらーめん」。どうですかこの美しさ!もちろん本店はとてもおいしいのですが、東京都心からはちょっと遠くて、出張で東京滞在しているとなかなか行きにくい場所にあります。しかしお台場ダイバーシティのフードコートに支店があり、そこが本店に負けない味のラーメンを提供しています。

田中商店

スープの表面に豚脂が大量に浮きこってりなスープ。そして猛烈なとんこつ臭!とんこつ臭好きにはたまらない味なんです田中商店。

このままだと田中商店愛を延々と語り出してしまいそうですが、今回はカップ麺の「田中商店」についての記事なので、これくらいにしておきます。

  • これまで発売されてきた田中商店のカップ麺
田中商店のカップ麺は、東洋水産とのタッグで2014年を皮切りにこれまでにもいくつか発売されてきました。他ラーメン店とのコラボカップ麺もありましたが、基本的にはタテ型油揚げ麺の形式で出ています。


中でも「縦型ビッグ 田中商店 濃厚豚骨」はとてもおいしく、それまで東洋水産のとんこつカップ麺にはとんこつ臭のとの字すら感じなかっったのが、この商品では強めにとんこつ臭が漂っていて、びっくりしました。

また、今回の「田中商店 旨辛濃厚豚骨」は今回で2度目の発売で、前回は2017年11月に発売されていました。


田中商店の名物トッピングである「赤オニ」という、辛味のついた挽肉をラーメンに入れた時の味を再現したカップ麺です。前回発売時とは栄養成分が異なっているため、中身に多少の手が入ってるものと思われます。

それでは今回の商品、田中商店らしいとんこつ臭さと辛味の両立に期待しつつ食べてみたいと思います。



内容物、価格、購入額など




別添袋は「後入れ特製スープ」1袋。粉末にまみれている丸いのは豚肉ダイスとのことです。前回発売時はFDブロック状の挽肉が入っていたので、具には大きな変化があります。

品名マルちゃん 博多長浜らーめん 田中商店 旨辛濃厚豚骨
メーカー東洋水産(酒悦製造)
発売日2018年11月26日(月)
麺種別油揚げ麺
かやく・スープ1袋(後入れ特製スープ)
定価税別210円
取得価格税込225円(ローソン)


栄養成分表


1食104g(めん70g)あたり
エネルギー476kcal
 ∟めん・かやく∟354kcal
 ∟スープ∟122kcal
たん白質17.6g
脂質23.5g
炭水化物48.5g
食塩相当量6.4g
 ∟めん・かやく∟1.9g
 ∟スープ∟4.5g
ビタミンB10.34mg
ビタミンB20.34mg
カルシウム218mg


スープ




スープは「濃厚でとろみのある豚骨スープに、別添スープで更に濃厚感を演出」し、「カイエンペッパーなどの唐辛子を加え、同店『赤オニ』の辛味を再現し」たとのこと。

豚脂の効いた濃厚なとんこつスープに、別添の特製スープで等が唐辛子の辛味が加えることで、お店のスープに「赤オニ」を入れた味を再現しています。

辛味は増したが、相対的にとんこつの存在感は弱まったスープ


ベースとなっているとんこつスープは、別添の特製スープを入れる前の状態だと、とんこつ臭や豚脂の風味がしっかり感じられます。油揚げ麺を使用している商品で麺の油脂がスープに溶け出してしまうことで、お店のとんこつスープのようなクリアにガツンとくるとんこつ感は伝わってこないものの、最近のとんこつラーメンカップ麺では他社含めほぼ感じることのない、とんこつ臭をきちんと感じられる貴重なスープです。少しとろみがついていることで、豚脂の風味とともにスープの濃厚感を高めている印象でした。

このとんこつスープに、カイエンペッパーなど唐辛子で辛味をつけた「特製スープ」が加わります。これを入れることで、お店で供されているトッピングの辛い挽肉「赤オニ」をスープに入れたような味になるとのこと。確かにだいぶ辛味がつき、ピリ辛よりも辛い状態、中辛くらいにはなっているように思います。

昨年出ていた「田中商店 旨辛濃厚豚骨」の時は、辛さはせいぜいピリ辛程度だったので、だいぶ辛さが増した印象を受けました。私がお店で「赤オニ」を食べる場合、たいていはごはんにのせて食べていたのであんまり自信はありませんが、「赤オニ」をスープに溶かすと今回と同じくらいの辛さになったと記憶しています。もう10年以上前に、お店が現在地に移転する前に何度か頼んだきりなので、本当自信ないです。

辛さが増したのは好印象ですが、反面、辛味が前に出てくることで、ベースのとんこつが相対的に弱く感じられてしまうのが気になりました。辛味がスープの貴重なとんこつ臭を消してしまう方向に作用しており、お店の「赤オニ」でも同じような印象を受けました。スパイスで肉の臭みを消すみたいに、唐辛子がとんこつの臭み消しみたいになっている感じがしました。






麺は「硬く歯ごたえある極細の角麺」とのこと。

油揚げ麺としては細い麺で、角麺、且つ縮れが強めについています。東洋水産のタテ型とんこつカップ麺でよく使われているタイプの麺かと思われます。湯戻し2分でかための食感です。

細めで縮れの強い油揚げ麺で、油揚げ麺臭がスープの中でやや目立つ


商品説明には「極細」と書かれていますが、そこまで細くはなく、油揚げ麺としては細いくらいの印象です。お店のラーメンに使われている麺は極細ストレートの低加水麺で、典型的な博多ラーメンの特徴を踏まえた麺ですが、今回の麺はそれより少し太い上、強い食感の角麺で縮れも強く、あまり博多ラーメンっぽい麺ではなかったです。おそらく今回と同じ東洋水産の「ハリガネ」シリーズなどで使われている麺と同じタイプかと思われます。

油揚げ麺臭が結構強めにある麺ですが、前回の「旨辛濃厚豚骨」の時はとんこつがしっかり感じられたのでそれほど気になりませんでした。今回はスープの辛味が強くなったことで相対的なとんこつ感が低下したため、油揚げ麺臭が、前作より弱体化したとんこつ味の邪魔をしているように感じられました。「ハリガネ」シリーズならこのとんこつ臭もおいしさに転化できているのですが、今回は「田中商店」の再現商品でとんこつ臭のあるスープが大きな特徴のため、油揚げ麺がやや目立ち気味なのはマイナス材料です。




具は「豚肉ダイス、味付鶏挽肉、ねぎ」とのこと。

大きめの豚肉ダイスに加えて鶏挽肉も入り、肉が2種類入っています。全体的な肉量はそれほど多くありません。ねぎは多めに入っています。

今回の具は、お店の「赤オニ」の再現性が低下してしまった


前作ではお店の「赤オニ」を再現するため、FDブロックで挽肉がたくさん入っていましたが、今回は大きめの豚肉ダイスと前作より量の少ない鶏挽肉の構成。辛味とともに最も大きく変更された部分です。

今回、大粒の豚肉ダイスが入ることで、肉としての食べ応えは増しましたが、前作のFD挽肉は「赤オニ」の再現性がそれなりに高かったので、それに比べると今回は「赤オニ」からだいぶ離れてしまった印象。豚肉ダイスがお店のチャーシューを再現しているわけでもなく、ちょっと中途半端な存在のように感じました。ちょっとサクサクしていておいしいんですけどね。

ねぎはねぎだくクラスではないものの、多めに入っているのはうれしいです。私はお店で「ねぎらーめん」を食べることが多いので、ちょっとその味を思い出しました。


オススメ度(標準は3です)


  • 東洋水産 「マルちゃん 博多長浜らーめん 田中商店 旨辛濃厚豚骨」
★★★★☆☆☆☆☆☆(4)

お店の味に忠実な、再現性の高い商品とは言えませんが、最近のカップ麺では珍しいとんこつ臭を感じさせるスープには飲み応えがあります。辛味が強くなったことでとんこつの相対的な存在感は弱まってしまいましたが、それでも貴重なとんこつ臭のあるスープでした。具として入っている豚ダイスと鶏挽肉は、前作のFD挽肉に比べると「赤オニ」の再現性が低く、なぜこの形態にしたのかはイマイチ不明でした。とんこつ臭の強いスープが自慢の「田中商店」再現商品なので、次は油揚げ麺ではなくノンフライ麺と合わせてじっくりスープを味わってみたいです。東洋水産さんよろしくお願いします!

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加