このページでは、日清食品チルドのレンジ調理タイプのチルド麺、「レンジカップ 行列のできる店のラーメン 厚切り叉焼麺 濃厚豚骨味噌」を食べてレビューしていきます。


「レンジカップ 行列のできる店のラーメン 厚切り叉焼麺 濃厚豚骨味噌」はどんなカップ麺?


今回は、レンジ調理タイプの個食チルド麺、日清食品チルドの「レンジカップ 行列のできる店のラーメン 厚切り叉焼麺 濃厚豚骨味噌」を食べていきます。2018年11月19日発売の、「行列のできる店のラーメン」シリーズの新商品で、先日レポ済の「レンジカップ 行列のできる店のラーメン 厚切り叉焼麺 背脂豚骨醤油」と同時発売で、関東・近畿地区のみの地域限定発売となっています。


  • レンジ調理で個食タイプの画期的なチルド麺
「レンジカップ 行列のできる店のラーメン」は、個食タイプ商品に対するニーズの高まりに応えて登場した新しい個食タイプの調理めんで、従来は "電子レンジでゆでめんを温める" のに対して、 "電子レンジで生めんをゆでる" ため、つるみのあるゆでたてのめんが楽しめる。

今回の商品用に新開発の電子レンジ調理可能カップを開発し、冷凍食品さながらの個食レンジ調理を可能にしたチルド麺です。ゆで麺を温める調理ではなく、生麺を茹でるレンジ調理というところが最も大きな特徴で、冷凍食品との差別化を図っています。水を入れるだけの調理で簡単なことも大きなセールスポイントです。

  • 画期的な商品だが課題も見つかった
反面、先日食べた「行列のできる店のラーメン 厚切り叉焼麺 背脂豚骨醤油」ではいくつか課題も見出だせました。生麺そのままに水を入れて調理するため、麺表面の粉や麺の表層部分がスープに溶け出してしまい、スープの味が多少ぼやけてしまっていたのがひとつ。もうひとつは、水を入れるだけの簡単調理を売りにするためか、冷蔵保存で冷え切った後入れの液体スープや具材を温める工程が明記されておらず、結果、そのまま調理してしまうとスープの温度が下がってしまいました。

後者の問題は湯煎すれば解決しますが、前者の問題は生麺調理の大きな難問となりそうで、今後どのようにブラッシュアップされていくのか注目したいところです。革新性の社風を持つ日清食品グループのこと、このまま放置はしないと推測しますがどうでしょうか。

今回は、先日同様、液体スープや具材は特に温めたりせず、メーカーが提示する調理法通りに食べていみたいと思います。



内容物、価格、購入額など




別添袋は、「液体スープ」、「具材」、「かやく」の3つ。「具材」に厚切りチャーシューとメンマが入っています。「豚骨醤油」と同じ構成の別添袋となっています。

品名レンジカップ 行列のできる店のラーメン 厚切り叉焼麺 濃厚豚骨味噌
メーカー日清食品チルド
発売日2018年11月19日(月)
麺種別チルド麺
かやく・スープ3袋(液体スープ・具材・かやく)
定価税別398円
取得価格税別398円(FUJIスーパー)

定価税別398円というのをどう見るかで商品へのイメージが全く変わってきそうです。具材入り(しかも厚切りチャーシュー)のチルド麺と考えれば妥当な気もするし、カップ麺の「行列」シリーズの価格より100円高いと考えると高額な気もします。ここはカップ麺ブログなので、私はちょっと高いなぁという印象を持ちました。


栄養成分表


1食195g(めん110g)あたり
エネルギー568kcal
たん白質16.5g
脂質24.3g
炭水化物70.8g
食塩相当量8.0g

メーカーの栄養成分記載に、スープと麺・具を分けたものがありません。カップ麺では一部を除いてほぼ分けられているんですけどね。


スープ




スープは「味噌がふくよかに香る濃厚でコク深いスープ」とのこと。

とんこつベースのみそ味のスープで、表面に浮いた豚脂でこってり感を演出しています。野菜の甘みや香味野菜の香りもほのかに感じられるスープとなっています。

野菜の甘みやにんにく、生姜の風味を感じるみそ味のスープ




とんこつベースのみそ味のスープです。みそ味はやや濃いめに感じますが、ベースのとんこつは控えめでしょうか。おそらく札幌ラーメンのみそ味を標榜しているスープと思われますが、それにしてはややパンチ不足のように感じました。表面の豚脂によってこってり感を演出しているものの、これも札幌みそラーメンと考えるならやや足りない印象です。別にメーカーさんが札幌ラーメンだと言ってるわけじゃないんですけどね。

スープの中で目立っていたのは野菜の甘みで、野菜由来の油脂によってほんのり甘みが感じられます。また、にんにくや生姜といった香味野菜の存在もしっかり感じられ、ややパンチの足りないみそ味スープですが奥深さは感じる味わいとなっていました。純すみ系というよりはけやき系の味という感じがします。

先日食べた「背脂豚骨醤油」の時と同じように、生麺にそのまま水を注いで調理する調理法上の問題から、麺の表面部分がスープに溶け出してしまい、スープの味がぼやけてしまうように感じました。ラーメン店で湯切りの悪い麺を食べる時と似た味です。みそラーメンとしてはややパンチ不足と感じるのは、この麺から成分が溶け出して味がぼやけることも大きく影響しているように思います。カップ麺や冷凍食品のような、乾燥麺やゆで麺を調理する場合には起こらない、生麺調理ゆえの問題点かと思います。

また、冷えた状態のまま液体スープや具材を投入するため、温度が下がってしまいアツアツの状況で食べられないのも「背脂豚骨醤油」の時と同様でした。湯煎すれば解決しそうなのに、メーカーが提示する調理法にないからと言って頑なにやらない私の姿勢もどうかと思いますが、規定の調理法以外のことをやって「おいしかった!」と喧伝するのもなにか違うなと思うので、このブログでは湯煎はしませんでした。皆様はぜひとも湯煎するなりして液体スープと具材を温めて投入することをおすすめします。






麺は「濃厚スープがよく絡む、つるみのある太麺」とのこと。

「太麺」と書かれていますが、中太くらいの麺のように感じます。しっとり感の強い中太の生麺で、「背脂豚骨醤油」と同じ麺が使用されていると思われます。

スープより前に出てしまう生麺の小麦感


しっとり感の強い中太麺で、表面につるみはあるものの弾力はなく、低加水ぎみの麺かと思います。みそラーメンに使われる麺は弾力の強い多加水麺のイメージがあるので、それとはだいぶ印象の違う麺となっています。レンジ調理という制約上、火の通りにくい多加水の太麺だと調理時間がさらに伸びてしまうので厳しいのかもしれません。生麺からレンジ調理するというのはクリアすべき課題が多くてなかなか大変そう。

今回はスープが多少パンチ不足だと感じたため、スープに対し麺の味が前に出てしまい、多少麺の勝ったバランスのように感じられました。このしっとり麺、生麺だからなのか、なかなか小麦感を強く感じておいしいのですが、それゆえにバランスを取るためにはスープにもパワーが必要なように思います。「背脂豚骨醤油」の時よりも麺が前に出ている印象でした。





具は「直火で炙った香ばしい風味が特長」の「食べ応えのある『厚切り叉焼』」、「ほかに、歯応えの良いメンマ、ネギ」とのこと。

レトルトの厚切りチャーシューに、同じくレトルトのメンマ、乾燥具材のねぎの構成で、「背脂豚骨醤油」とまったく同じのようです。

レトルトの厚切りチャーシューが主役として鎮座


厚切りチャーシューはかなりの肉厚で、ボリューム感があるとともに、やわらかい食感も印象的。カップ麺だと「日清具多」シリーズくらいでしか見かけないだろうレベルのレトルトチャーシューです。そういや「具多」もカップ麺ではほとんど見かけなくなっちゃいましたね。「行列のできる店のラーメン」はチルド麺のブランド、「日清具多」は冷凍食品のブランドとして定着してしまっている状況は、カップ麺ファンとしてはちょっとさみしいですね。

このレトルトの厚切チャーシューは確かにおいしいですが、カップ麺の「行列」や「ラ王」で使われている大判乾燥チャーシューも負けておらず、私はどちらかというと乾燥チャーシューの方が好きです。でもこのゴージャス感は今回の商品の大きな売りなのは間違いありません。味付けは強くないので、みそ味のスープに十分浸して食べるのが良いかと思います。

他にはレトルトのメンマと乾燥具のねぎが入っています。どちらもそれなりの量が入っていて、特にメンマのカットが大きいのが良かったです。メンマはみそラーメンともよく合いますね。


オススメ度(標準は3です)


  • 日清食品チルド 「レンジカップ 行列のできる店のラーメン 厚切り叉焼麺 濃厚豚骨味噌」
★★★☆☆☆☆☆☆☆(3)

先日食べた「レンジカップ 行列のできる店のラーメン 厚切り叉焼麺 背脂豚骨醤油」に引き続き、同時発売の「濃厚豚骨味噌」を食べました。みそラーメンとしてはスープにややパワー不足を感じ、それには生麺成分が調理工程でスープに溶け出してしまうことによってスープの味がぼやけてしまうことが大きく影響しているように感じられました。スープ自体は野菜の甘みや香味野菜の風味が感じられておいしいです。生麺はさすがの食感でおいしいですが、みそラーメンとしては弾力がなく、レンジ調理では多加水麺を生麺から戻すのは難しいのかなと推測しました。具のレトルト厚切りチャーシューはさすがにゴージャスで、食べ応えがありました。定価税別398円という価格設定のためコスパを考えるとこの評価になってしまいましたが、価格分の価値は見出だせる商品だと思います。

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加