このページでは、日清食品チルドのレンジ調理タイプのチルド麺、「レンジカップ 行列のできる店のラーメン 厚切り叉焼麺 背脂豚骨醤油」を食べてレビューしていきます。


「レンジカップ 行列のできる店のラーメン 厚切り叉焼麺 背脂豚骨醤油」はどんなカップ麺?


今回はレンジで調理するチルド麺商品、日清食品チルドの「レンジカップ 行列のできる店のラーメン 厚切り叉焼麺 背脂豚骨醤油」。2018年11月19日発売の、「行列のできる店のラーメン」シリーズの新商品で、「レンジカップ 行列のできる店のラーメン 厚切り叉焼麺 濃厚豚骨味噌」と同時発売、関東・近畿地区のみの発売となっています。

  • レンジで調理する個食タイプの「レンジカップ 行列のできる店のラーメン」
「レンジカップ 行列のできる店のラーメン」は、個食タイプ商品に対するニーズの高まりに応えて登場した新しい個食タイプの調理めんで、従来は "電子レンジでゆでめんを温める" のに対して、 "電子レンジで生めんをゆでる" ため、つるみのあるゆでたてのめんが楽しめる。

「行列のできる店のラーメン」シリーズはカップ麺のブランドとして登場したものの、ここ最近はカップ麺よりもチルド(冷蔵)商品の方を多く見かけるようになりました。日清食品チルドのサイトを見ると、ほんとすごい種類の「行列のできるラーメン」シリーズのチルド商品が出ていることがわかります。

今回はその「行列」シリーズから、カップに入ったレンジで調理する個食タイプの商品が登場。レンジで調理すると言えば冷凍食品を思い浮かべますが、今回はチルド。茹でた麺をレンジで温める冷凍食品に対し、生麺をレンジで調理するというのが今回の大きなセールスポイントのようです。



カップの中の線まで水を入れてレンジに入れるのですが、調理時間が500Wで8分、600Wで7分と結構時間かかります。このあたりは生麺から調理するのが大きく影響しているのでしょうか。カップ麺時間で慣れていると多少焦れるかもしれません。

このブログでは食べ慣れてないチルド麺商品になりますが、果たしてどんな一杯なのでしょうか。

今回、ひたすら食いまくる回調達本部長ハンサム氏に商品を送ってもらいました。、久々登場ですね。かなり探し歩いてくれたみたいで、本当にありがとうございます!チルド麺の新商品ってきっとカップ麺手に入れるのより難しいですよね。



内容物、価格、購入額など




麺を除くと別添袋は、「液体スープ」、「具材」、「かやく」の3つ。「具材」には今回の商品名にもなっている厚切りチャーシューが入っています。



こちらは麺の袋。生麺らしく粉がまぶされており、もう見るからに生麺です。カップ麺では絶対見ることのない麺ですね。



麺とかやくを開けた状態。麺は中太くらいでしょうか。カップ麺で慣れていると、麺って実はやわらかいんだ!という驚きの目で見てしまいます。いや、当たり前なんですけどね。「かやく」袋の中にはねぎが入っていました。

品名レンジカップ 行列のできる店のラーメン 厚切り叉焼麺 背脂豚骨醤油
メーカー日清食品チルド
発売日2018年11月19日(月)
麺種別チルド麺
かやく・スープ3袋(液体スープ・具材・かやく)
定価税別398円
取得価格税別398円(FUJIスーパー)

生麺だし、厚切りチャーシューだし、理解はできるのですが、やっぱり定価税別398円はかなり高いですね。もうちょっと出せばお店の安いラーメンなら食べられそう。「行列」カップ麺バージョンとは価格差100円といったところでしょうか。


栄養成分表


1食191g(めん110g)あたり
エネルギー532kcal
たん白質16.8g
脂質21.9g
炭水化物66.8g
食塩相当量7.9g

カップ麺の栄養成分記載に比べてだいぶ簡素です。せめてスープのカロリーとか塩分がわかると良いのですが・・・。


スープ




スープは「豚骨をじっくりと炊き出して背脂を加えた、うまみたっぷりの醤油スープ」とのこと。

とんこつベースのしょうゆ味のスープで、背脂の旨み、風味が強めに感じられます。油感のあるこってりとんこつしょうゆ味のスープです。

背脂の風味の効いたとんこつしょうゆ味のスープ




厚みのあるとんこつベースのしょうゆ味のスープで、背脂由来の油分が加わり、こってり感の強いとんこつしょうゆスープになっています。「液体スープ」を使ったスープはカップ麺の手法と同じなので、カップ麺の高価格帯商品でよく見るような、結構オーソドックスな味のスープです。

カップ麺の「行列」シリーズだと、「和歌山」とか「横浜」とか、同じとんこつしょうゆ味でも地名が入ってどこの味なのかわかる場合が多いのですが、今回はそういう指定がないため、目指すスープの方向がどちらに向いているのかわかりません。「和歌山」には背脂のイメージがないし、「横浜」だと家系なので鶏油が入っているだろうし、どちらも違いそう。味的には京都の背脂しょうゆラーメンに近い印象です。

高品質なスープなのは間違いないですが、生麺に直接お湯を入れて調理するため、麺の粉の味がちょっとスープに出てしまっています。ラーメン店で湯切りの悪い麺を食べた時の感じと言えばわかりますかね。気にしない人も多いかと思いますが、私は結構気になるんですよね。麺がくっつかないようにするための粉や、麺から出てしまう原材料の小麦がスープに溶け出してしまうことで、スープの味がぼやけてしまっている印象を受けました。生麺調理の食感を食べられるのは大きな利点でも、その対価としてスープに影響が出てしまっているように感じます。

もうひとつ。今回、調理法のどこを見ても、後入れの液体スープや具材を温めておけみたいな記載はなかったので、メーカーが示す調理法通りに作るのを信条とするこのブログとしては何もしなかったのですが、冷蔵商品でしっかり冷えてしまっている液体スープや具材を入れると、当然ながらスープの温度がかなり下がってしまいます。水を入れてレンジするだけのお手軽さも売りの商品なので、湯煎とかめんどくさいことは書きたくなかったのだと推測しますが、パッケージに書いていなくても液体スープと具材は温めておくことをおすすめします。アツアツの方がおいしいはずです。






麺は「濃厚スープがよく絡む、つるみのある太麺」とのこと。

中太でストレート形状の生麺です。さすが生麺。カップ麺ではなかなか得難いしっとりした食感で、普段カップ麺を食べ慣れているとびっくりするくらい別物の麺となっています。

しっとり感のあるストレート形状の中太生麺


しっとり感の強い中太の生麺です。とんこつしょうゆスープに合わせる麺としては弾力がなく、レンジ調理という制約上、火力が必要な多加水麺だともっとレンジ調理時間が伸びてしまうので難しかったのかもしれませんね。スープと麺のバランスは良く、濃いめのスープの中で小麦感のある味わいとしっとりした食感が適度に主張できています。

麺が比較的スープをよく吸うため、スープと麺の一体感があります。この一体感は、横浜家系よりも和歌山ラーメンの方が近い感じですかね。和歌山ラーメンだともっと細いですが。上で書いたようにスープに代償を伴ってはしまうものの、カップ麺では得られないおいしい麺で、お手軽調理でこの麺を食べられるということだけで大きな価値のある商品だと思います。





具は「直火で炙った香ばしい風味が特長」の「食べ応えのある『厚切り叉焼』」、「ほかに、歯応えの良いメンマ、ネギ」とのこと。

レトルトの厚切りチャーシューとメンマ、そしてねぎが入っています。厚切りチャーシューはさすが商品名に入っているだけあって、かなり食べ応えあってボリューミーです。

レトルトの厚切りチャーシューはさすがの食べ応え


レトルトの厚切りチャーシューは文字通り厚切りで、食べ応えがあります。味は比較的薄めにつけられており、スープにしっかり浸して食べるのが良さそうです。肉感があるというよりはもう肉そのもの。やわらかいので噛むとほろほろ崩れます。ただ、カップ麺の「行列」シリーズで使われている大判乾燥チャーシューも非常においしいので、このチャーシューがカップ麺に比べて優位性を持つような印象は持ちませんでした。

レトルトのメンマはやわらか食感で、スープとの組み合わせも抜群。カットも大きめで食べ応えもあり、これはカップ麺のメンマより優れていますね。ねぎは乾燥具でしたが、結構たくさん入っていました。定価税別398円に見合う具かはともかくとして、厚切りチャーシュー、メンマ、ねぎの組み合わせはなかなか迫力がありました。


オススメ度(標準は3です)


  • 日清食品チルド 「レンジカップ 行列のできる店のラーメン 厚切り叉焼麺 背脂豚骨醤油」
★★★★☆☆☆☆☆☆(4)

レンジ調理で個食タイプのチルド麺という珍しい一杯。生麺を使用しており、しっとりした食感はお見事。カップ麺では得難い食感で素晴らしかったです。また、レトルト調理品の厚切りチャーシューも本当文字通り肉厚で、こちらも食べ応え十分。一方で、生麺を使用することによる弊害が見られ、麺の粉や材料がスープに溶け出してしまい、ちょっと味がぼやけてしまう印象を受けました。生麺には功罪ありそうです。カップ麺を普段食べている人からすれば、定価税別398円というところに引っかかりますが、カップ麺とはまた別の魅力のある商品でした。

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加