このページでは、日清食品の「カップヌードル リッチ 贅沢濃厚うにクリーム」を食べてレビューしていきます。


「カップヌードル リッチ 贅沢濃厚うにクリーム」はどんなカップ麺?


今回のカップ麺は、日清食品の「カップヌードル リッチ 贅沢濃厚うにクリーム」。2018年11月19日発売の、「カップヌードル」シリーズの新商品です。カップヌードルの中でも「贅沢な味わいが特長のプレミアムタイプのカップヌードル」である、「カップヌードル リッチ」シリーズの第7弾商品で、今回は高級食材のひとつ「ウニ」を使用した「ほぼウニ」という具を入れたことが大きな特徴となっています。

  • 新開発の「ほぼウニ」を使用
ほぼウニ」とは、「高級食材であるウニの味わいを再現したこだわりの具材で、一口食べると贅沢なウニの香りとうまみが口いっぱいに広が」るとのこと。

さすが「リッチ」。高級食材を使用して「ほぼウニ」とはかなり強気なネーミングですよね。本当に「ほぼウニ」な具だったら、カップ麺としてそれはかなりすごいことです。



「ほぼウニ」と言いつつも、実際にウニが使用されているのは6.9%とのこと。言葉の表現として「なんでもしますから(なんでもするとは言ってない)」的な空気を感じなくもないですが、「ほぼウニ」の意味はウニの含有量(率)的なものではなく、味と食感が「ほぼウニ」ということなのでしょう。



  • これまでに発売されてきた「カップヌードル リッチ」のフレーバー

これまでに「カップヌードル リッチ」で扱ってきた食材は、肉、松茸、あわび、フカヒレ、牛テール、スッポン。いやどれも高級ですね。私のような底辺で生きる人にとっては、肉以外はほぼ出会うことのないものです。縁遠い食材を使ってくれるカップヌードルに感謝しなければなりませんねw

今回の「ウニ」もこれらに負けない高級食材。果たしてどんな一杯になっているのでしょうか。

内容物、価格、購入額など




別添袋は「贅沢仕上げペースト」1つですが、カップの中に、ウニ色の「ほぼウニ」、ブロッコリー、そしてスープの元となる粉末がたくさん入っています。粉末の多さは「カップヌードル リッチ」の大きな特徴です。



今回の商品の主役となるウニの入っている「ほぼウニ」。なんかドライマンゴーみたいです。大きめのものが7片半入っていて、結構ボリュームがありそうです。

品名カップヌードル リッチ 贅沢濃厚うにクリーム
メーカー日清食品
発売日2018年11月19日(月)
麺種別油揚げ麺
かやく・スープ1袋(贅沢仕上げペースト)
定価税別230円
取得価格税別198円(ドン・キホーテ)


栄養成分表


1食72g(めん50g)あたり
エネルギー350kcal
 ∟めん・かやく∟259kcal
 ∟スープ∟91kcal
たん白質6.7g
脂質18.1g
炭水化物40.0g
食塩相当量4.3g
 ∟めん・かやく∟1.7g
 ∟スープ∟2.6g
ビタミンB10.70mg
ビタミンB20.18mg
カルシウム179mg


調理後写真




注目の「ほぼウニ」ですが、湯戻しするとカラスミみたいな見た目になり、かなり量多いです。ブロッコリーも多めに入っています。スープはクリームタイプで、いかにも濃厚そう。


スープ


スープは「コク深い味わいが特長のホワイトクリームスープ」で、「ウニの風味とバターがほのかに香る贅沢仕上げペースト」とのこと。

濃厚なクリーム感のあるとろみのついたスープで、別添の「贅沢仕上げペースト」により、強いバターの味とほのかなウニの香りを感じます。いかにも「カップヌードル リッチ」らしい濃厚スープです。

ホワイトクリームとバターで濃厚感のあるスープだが、うにの風味は弱め


少しとろみのついたホワイトクリームベースのスープは、口のまわりがべとつくかのような濃厚感があります。「カップヌードル リッチ」シリーズで共通する濃厚さです。この濃厚さには別添袋の「贅沢仕上げオイル」に入っているバター風味成分が大きな役割を果たしており、このペーストかなり濃厚です。ホワイトクリームに濃厚なバターの風味が合わさることで、冬の季節にピッタリの、体が温まりそうな味に仕上がっています。

一方で、バターの強い「贅沢仕上げペースト」に入っているウニ風味はそれほど強くなく、入っていると言われなければ看過してしまいそうなほんのり具合です。ウニ味の主力は後述する具の「ほぼウニ」なので問題ないのでしょうが、スープだけ味わうとウニの存在感は弱いです。

ホワイトクリームとバターで濃厚な今回のスープは十分おいしく、「カップヌードルリッチ」らしい濃厚な味わいでしたが、ウニで濃厚というわけではないので、そのあたりは具の「ほぼウニ」に期待しましょう!






麺は「カップヌードルならではの、しなやかでコシとつるみのある麺」とのこと。

「カップヌードル」シリーズでいつも使われている縮れの強いヌードルタイプの中細油揚げ麺です。ちょっと厚さがあるような気がしましたが、スープのとろみによって麺とよく絡むからかもしれません。多分いつもの麺です。

とろみのついたスープをよく絡め取るカップヌードルの麺


縮れのついた麺がとろみのあるスープとよく絡むためスープと麺の一体感が強く、本来この麺にある油揚げ麺特有の匂いを感じることなく楽しめました。スープが非常に強いため、バランス的にはほぼスープ一辺倒となっており、麺はそれ自体の味よりも、スープを絡め取る役割が大きいように思います。「カップヌードルカレー」とかと同じような感覚かと思います。

麺量は50gで、他の「カップヌードル」シリーズに比べて少なめです。他の「カップヌードル リッチ」も50gだったので、おそらく麺量分のコストをリッチなスープや具に回しているものと思われます。スープの濃厚感が強くて食べ応えがあるため、麺の少なさはそれほど気になりませんでした。





具は「ウニの味わいをこだわり抜いて再現した“ほぼウニ”、ブロッコリー」とのこと。

まるでカラスミのような見た目の「ほぼウニ」と、ブロッコリーがたくさん入った、「カップヌードル リッチ」らしい具だくさんな構成です。「ほぼウニ」の鮮やかな色と量の多さで、かなりインパクトの強いビジュアルとなっています。

「ほぼウニ」は文字通り「ほぼウニ」だった!!


ほぼウニ・・・これはもうウニですな!口に入れるとウニの味と香りが広がります。さすがに生ウニのようなウニの濃さはありませんが、この具はインパクトすごいです。もうこの「ほぼウニ」食べるために買う商品ということで問題ないのではないかと思います。やわらかいながらもスープに完全には溶け切らない絶妙なバランスの形状で、いかにもウニっぽいです。これ単体で売り出しても売れそう、いやむしろ欲しい。



ただ今回は、ホワイトクリームとバター風味の濃厚なスープがあまりに強いため、ウニの風味の広がりはちょっと限定的なように感じられ、少し残念。ウニの風味が広がらないわけではないのですが、せっかくの「ほぼウニ」がちょっともったいない感じがしました。でもスープの濃厚感を弱めると、それはもう「カップヌードル リッチ」ではなくなってしまうので、難しいところ。ウニを強く感じるためには、なるべくスープに溶かさずにそのまま食べる方が良いのではないかと思います。

ブロッコリーもたくさん入っていました。ちょっとゴリゴリした食感が良く、食感の再現性が高かったです。カップ麺入っているブロッコリーは粒の小さい場合が多いのですが、今回のものは大きめなのもグッドでした。


オススメ度(標準は3です)


  • カップヌードル リッチ 贅沢濃厚うにクリーム
★★★★★☆☆☆☆☆(5)

今回の目玉である「ほぼウニ」は、もうホント文字通りの「ほぼウニ」でした。さすがに生ウニほどの濃厚さはないものの、風味の広がりと食感はウニそのもの。これを食べる、生き証人になる的な意味合いだけでも、今回の「カップヌードル リッチ」を食べる価値はあると思います。今回は濃厚なクリームスープがウニ風味の広がりの阻害要因になってしまっていたので、できるなら、もっとこの「ほぼウニ」の味を楽しめる構成の商品も食べてみたいです。

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加