大勝軒の「中華そば」を再現し、ワンタンを加えたカップ麺

今回のカップ麺は、エースコックの「タテロング 池袋大勝軒 ワンタン中華そば 大盛り」。2018年11月12日発売の、「大勝軒」シリーズの新商品です。つけ麺の生みの親として知られる故・山岸一雄氏の写真がパッケージ描かれた、「大勝軒」監修によるカップ麺です。

大勝軒」は、山岸氏の開業した東京池袋の「東池袋大勝軒」を始め、暖簾分けされて全国に「大勝軒」の名のつくお店があります。つけ麺の名店として有名で、ラーメンファンなら知らない人はいないですよね。山岸氏のお弟子さん孫弟子さんたちの活躍も目立ちます。お店のメニューでは「特製もりそば」(つけ麺)が有名ですが、今回はお店で供されている「中華そば」を再現し、ワンタンを加えた一杯となっています。麺量80gの大盛商品なのは、「量も美味しさのうち」という大勝軒の信念に基づいているとのこと。

「量も美味しさのうち」・・・なんて素敵な言葉なんでしょうか。今日から私の座右の銘にしようと思います。ちなみに嫌いな言葉は「腹も身の内」とか「腹八分目」。お腹いっぱいになるのもおいしさのうちというものでしょう。でも歳を重ねてきた最近は、お腹いっぱいにしちゃうと集中力はなくなるし眠くもなるし、もちろん太るし、あんまり良いことないなぁとも思うようになってきました。老いたな。フードファイターアンジェラオサーンとしては大盛と満腹の狭間で苦悩する日々です。アンジェラ佐藤さんを街中でお見かけしたことありますが、とんでもなく美人でしたよ!!

約2年ぶりの「大勝軒」&エースコックのタイアップ商品。「大勝軒」の礎である「中華そば」を再現した今回は果たしてどんな一杯になっているのでしょうか。



商品概要



品名:タテロング 池袋大勝軒 ワンタン中華そば 大盛り
メーカー:エースコック
発売日:2018年11月12日(月)
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:1袋(調味油)
定価:税別205円
取得価格:税込216円(ファミリーマート)


栄養成分表

1食99g(めん80g)あたり
エネルギー:425kcal(めん・かやくkcal スープkcal)
たん白質:11.1g
脂質:15.3g
炭水化物:60.6g
食塩相当量:6.3g(めん・かやく1.9g スープ4.4g)
ビタミンB1:0.38mg
ビタミンB2:0.51mg
カルシウム:308mg



豚ガラベースで魚介の効いたしょうゆ味で、メンマの風味が中華そば感を出している

スープは「大勝軒の味わいをイメージした、ポークベースにカツオやサバの風味をしっかりと利かせた醤油スープ」で、「別添の調味油を加えることでコクと旨みが広がり、最後まで満足感のある一杯に仕上げ」たとのこと。とんこつベースに魚介の効いたしょうゆ味のスープで、別添調味油によって油の風味が感じられるスープです。

大勝軒のスープらしく、とんこつベースのしょうゆ味で、魚介の風味もしっかり効かせています。とんこつというよりは豚ガラと言ったほうがいいのかな。しょうゆの香りを強く感じられ、それほどこってりしたスープではなくても力強さを感じる味となっています。今回のスープは中華そばの代名詞である鶏ガラ主体ではないものの、豚ガラ、魚介、しょうゆ味の組み合わさった味わいは、まさに「王道中華そば」といった印象でした。カップ麺では製法上の制約から、大勝軒名物の「つけ麺」を再現するのはなかなか難しいですが、つけ麺の元になった「中華そば」にもつけ麺のエッセンスは十分に感じ取ることができます。

鶏ガラはなくても「王道中華そば」と書きましたが、それにはスープに入っている「メンマパウダー」が大きな役割を果たしています。昔ながらの中華そばには欠かせないメンマの風味が加わることで、中華そば感が一気に高まります。私がメンマ大好きというのもありますが、これがあるとないとではだいぶ味の完成度に影響が出てきそうです。メンマの香ばしさはしょうゆ味にも魚介風味にも完全にマッチしますね。やっぱメンマ最強。お店のメンマも相当なこだわりのようで、今回はスープの中にメンマへのこだわりを感じました。



がっしりかため食感でほぐれの良さが特徴の油揚げ麺



麺は「適度な弾力と滑らかさを併せ持った角刃の太めん」で、「適度な味付けを施し、食べごたえのあるめんに仕上げ」たとのこと。太めの油揚げ麺で、やや幅広です。

今回の麺で最も特徴的だと感じたのが、ほぐれの良さでした。多少縮れているのですが、太めの麺で、がっしりしたかための麺のためか、麺どうしがあまり絡みつかず、一本一本の麺の食感を楽しむことができます。スープの魚介やメンマの風味が強いため、これだけがっしりした主張の強い麺でもきちんとバランスが取れています。

お店の麺は中太の多加水麺で、つけ麺と同じ仕様の麺を水で締めずに供するためかやわらかい食感なんですが、今回の麺はその特徴とはだいぶ違うがっしり麺。やわらかい麺よりも今回のような麺の方がスープとの相性は良さそうで、再現性はともかくとすれば、これはこれで良いのではないかと思います。ほぐれの良いこの麺、独特でおいしいです。

3個入っているワンタンは餡が少なく皮多め



具は「滑らかな食感で風味の良いワンタン、色調の良いなると、ねぎ、程良く味付けしたメンマを加えて仕上げ」たとのこと。ワンタンは3個入っていて、その他にメンマがほどほど、小さいナルトが4枚、ねぎ少々の組み合わせです。具のボリュームはまずまずといったところでしょうか。

お店でもワンタンはオプションメニューやワンタンメンとしても供されています。今回3個入っているワンタンは、中身の餡が少なく皮多めです。ただその皮も薄いです。餡は肉感があまりなく、メインの具としてはちょっと物足りない印象でした。ただ、お店のワンタンも餡がかなり少なく、またワンタンメンに入っているワンタンの個数は3個だそうなので、再現性が低いわけではなさそうです。ちょっと安っぽいワンタンで皮主体ですが、皮が薄いことが奏功し、スープを吸って一体感が生まれてなかなかおいしかったです。

オススメ度(標準は3です)

★★★★☆☆☆☆☆☆(4)
久々の大勝軒&エースコックのタイアップ商品でしたが、とんこつベースで魚介の風味をしっかり感じ取れるしょうゆ味のスープは、メンマの風味が決め手となって、「王道中華そば」というべき味に仕上がっていました。麺はお店の特徴とちょっと違いましたが、がっしりしたかため食感の油揚げ麺で、ほぐれの良さが特徴的。スープとの相性も良かったです。ワンタンは3個入っていて、餡は少なめですが、薄皮でスープとよく馴染んでいました。派手さはないけど実力派の一杯です。

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加