ファミマ限定の「日清ラ王」ブランドのタテ型担々麺!

今回のカップ麺は、日清食品の「ラ王 黒タンタン」。2018年11月13日発売の、「日清ラ王」シリーズの新商品で、ファミリーマート、サークルK、サンクス限定です。現在のタテ型ラ王ラインナップはヘルシー志向的な商品が多いですが、今回のタテ型ラ王はそれらとは一線を画しそうな「黒タンタン」。しっかりカロリーありそうです。

黒地に白の縦縞パッケージ。ユーヴェカラーですね。私の中のユーヴェ選手といえば、ジダンとかデル・ピエロとか。海外サッカーに興味を持ち始めた時に最初に好きになったチームなので、結構思い入れがあります。あと白黒の縦縞と言えば阪神タイガース!帽子のつばの黄色はない方がカッコいいと思うのですが、黄色はタイガースのチームカラーなのでしょうがないですかね。今回「ラ王」の文字が黄色なのでユーヴェよりもタイガースっぽいかも。

さて今回の「黒タンタン」。黒担々麺といえば一般的には黒ごまの入った担々麺ですが、今回パッケージを見た限りでは、黒タンタン=黒ごま担々なのかは判別つきません。黒ごまではなく、黒マー油の線もありそうだなと思いつつ食べてみたいと思います。タテ型とは言え「日清ラ王」ブランドを背負った商品なので、今までの日清食品の本格担々麺と同じように、濃厚な練りごまに期待したいところです。果たしてどんな味に仕上がっているのでしょうか。



商品概要



品名:ラ王 黒タンタン
メーカー:日清食品(ファミリーマート限定商品)
発売日:2018年11月13日(火)
麺種別:ノンフライ麺
かやく・スープ:1袋(黒ラー油)
定価:税込216円
取得価格:税込216円(ファミリーマート)

栄養成分表

1食117g(めん75g)あたり
エネルギー:495kcal(めん・かやく328kcal スープ167kcal)
たん白質:11.5g
脂質:17.9g
炭水化物:72.0g
食塩相当量:6.6g(めん・かやく2.5g スープ4.1g)
ビタミンB1:0.27mg
ビタミンB2:0.34mg
カルシウム:219mg



濃厚な練りごまに、黒ラー油の黒ごまとラー油がアクセントを加えるスープ

スープは「ゴマの風味豊かな濃厚担々スープ」とのこと。いやーファミマさん商品説明文短すぎますよ!もっと詳しく書いて欲しいw 担々麺はみそ味ベースかしょうゆ味ベースが多いのですが、今回はそのどちらでもなく、練りごま味?のスープ。敢えて言うならしお味ベースでしょうか。練りごま主体のスープに、別添の「黒ラー油」を組み合わせた構成です。麺が太めのノンフライ麺で湯戻しに高温度のキープが必要なためか、スープ量がタテ型としては多めです。

黒タンタン」という、担々麺としては正攻法ではない味にように見える商品名ですが、食べてみると最も強く感じるのは練りごま。いや、今回ペースト状のものは入っていないので練りごまではないのかな。定義的な部分はちょっとわからないですが、栄養成分に「ねりごま」と書かれているので練りごまってことで!とろみの強いスープのこのとろみは練りごまによるものが大きいと思われます。かなり濃厚まったり系のごまスープで、香ばしさと甘みが光ります。カップ麺の担々麺で練りごま主体に攻めてくるのはエースコックか日清食品で、どちらも最近はシビカラブームに押されてかあまり練りごま主体の担々麺を発売していなかったんですが、今回は久々にTHE・練りごま的なスープに仕上がっています。これはいいです素晴らしいです。



こちらは今回の「黒タンタン」の生命線とも言える「黒ラー油」。舐めてみましたが、黒マー油ではなく黒ごまでした。黒ごまにラー油のピリ辛が加わっています。黒ごまは同じごまでも白ごまの練りごまとは風味がだいぶ異なっており、練りごま主体のスープの中でしっかりアクセントとして機能しています。「黒タンタン」と言いつつも主役はあくまで練りごまで、黒ごまは脇役として一味加えています。見た目的には完全に主役なんですけどね。ラー油の辛さはピリ辛以上だけど辛口レベルには至っていません。こちらも黒ごま同様に、脇役に徹している印象でした。辛いものが極度に苦手じゃなければ食べられる辛さだと思います。

ビジュアルは黒ごまで「黒タンタン」感を出しつつ、味は練りごまがドドンと構える濃厚スープで、カップ麺では久々に濃厚な練りごま担々麺を食べた気がしました。タテ型ですがどんぶり型顔負けの本格感があり、こりゃ結構な傑作スープじゃないですかね。文句なくおいしいです。練りごまらしいまったり感が印象的でした。



ずっしり重たい中太ノンフライ麺で、しっかり花椒の風味が感じられる



麺は「花椒を練り込んだ、3層ストレートノンフライ麺を使用し」たとのこと。花椒がしっかり香る中太ノンフライ麺で、低加水のずっしり重たい食感になっています。

先ほどスープ量が多いと書きましたが、それに加えて今回の麺がかなり重たくて下に沈んでしまうため、麺をスープ表面に出した状態で写真を撮るのがなかなか大変でした。写真撮影泣かせの商品かも。ずっしり重たい食感が大きな特徴で、まったり濃厚な練りごまスープとの相性は抜群。「僕がガンダムを一番うまく使えるんだ!」って感じの、このスープにこの麺ありな好相性ぶりです。

加えて今回の麺、花椒が練り込まれており、花椒の風味、シビレがしっかり感じられます。流行りのシビカラ系ラーメン比べると派手にくるシビレではないのですが、麺に練り込まれている影響か、しっかり持続性のあるシビレを感じることができます。そこまで強くないシビレなので、練りごまの風味を邪魔していないが大きなポイントで、こちらも黒ごまやラー油同様、主役の練りごまに華を添えるアクセントとして機能していました。

チンゲン菜と肉そぼろが多めに入っている



具は、味付肉そぼろ、チンゲン菜、ごま、赤唐辛子が入っています。主体となっている具は肉そぼろとチンゲン菜。スープや麺に明らかにコストが割かれているとわかるのに、この2つはそれなりにしっかりした量が入っています。特にチンゲン菜は多めで、ちょっとシャキシャキした食感とほろ苦さが、練りごまスープのまったり感や甘みと対比になっています。

ごまは粒ごまじゃなくてすりごまですかね。粒としては存在がなかったように思います。かなり濃厚な練りごまスープでしたが、練りごまだけではなくすりごまもその濃厚さに加担しているものと思われます。赤唐辛子はそれほど多くなく、辛味の主体は「黒ラー油」の方でした。

オススメ度(標準は3です)

★★★★★★☆☆☆☆(6)
ファミマ限定のタテ型「日清ラ王」新商品でしたが、久々の濃厚な練りごまのカップ麺で、とてもおいしかったです。とにかくまったり濃厚で、練りごま独特の甘みや香ばしさが光ります。「黒タンタン」たる所以である「黒ラー油」に入っている黒ごまとラー油が練りごまのまったり感にアクセントを加えていました。重量感があって花椒がしっかり香る麺もスープとの相性抜群で、とてもおいしい一杯でした。

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加