「CoCo壱番屋」シリーズのカレーうどん

今回のカップ麺は、エースコックの「CoCo壱番屋監修 とろ~りカレーうどん」。2018年11月5日発売の、「CoCo壱番屋」シリーズの新商品です。先日レポした「CoCo壱番屋監修 濃い出汁香るカレーそば」との同時発売の商品です。

CoCo壱番屋」監修のカップ麺は、お店の特徴を踏まえたスパイス感を前面に出したシリーズです。先日食べた「濃い出汁香るカレーそば」では、和風だしを前面に出すためいつもほどのスパイス感はなかったものの、それでも後味に残るスパイスの広がりはココイチらしさがありました。今回の「とろ~りカレーうどん」はネーミング的にまろやかさな雰囲気があるので、果たしてココイチらしいスパイス感がしっかりあるのか少し気になるところです。



私ココイチのカレーが大好きで、3辛安定で定期的に楽しんでいます。で、ここからグチ入ります。

ココイチはおそらく日本最大のカレーチェーンなので、他のカレーの話をする時とかによく引き合いで話に出てくると思うのですが、「ココイチ行くよりマシじゃね?」とか「ココイチよりはおいしい」とか、果ては「ココイチと同じ味!」とか。なんかココイチにネガティブな内容が多いように思います。

でもホントそうですかね?ココイチ食べたことあります?チェーン店は味がイマイチみたいなイメージだけで話してないですかね?と思うんですよ。私カレー好きなのでいろいろ食べ歩いたりしますが、ココイチよりおいしいカレーなんてそうそうないと感じています。もちろん個人の好みですけどね。あのルーの中でのスパイスのどハマり具合は、そうそう真似できるものではないと思うんですけどね。トッピングすると高くなるとかネガティブ要素もないわけじゃないですが、それでも数あるチェーン展開しているお店の中でも傑出した味だと、たぶんココイチ通ってる人はみんなそう感じていますよね?

商品概要

品名:CoCo壱番屋監修 とろ~りカレーうどん
メーカー:エースコック
発売日:2018年11月5日(月)
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:3袋(粉末スープ・かやく・スパイス)
定価:税別200円
取得価格:税込円()

栄養成分表

1食92g(めん78g)あたり
エネルギー:400kcal(めん・かやく344kcal スープ56kcal)
たん白質:8.0g
脂質:15.0g
炭水化物:58.2g
食塩相当量:5.9g(めん・かやく2.5g スープ3.4g)
ビタミンB1:0.39mg
ビタミンB2:0.50mg
カルシウム:205mg



まろやか系のカレースープで、ココイチらしいスパイス感はあまりない

スープは「ポークと鰹がベースのとろ~りとしたカレースープがうどんにしっかりと絡まり、最後まで熱々の一杯を楽しめ」、「柚子の風味を利かせた特製和風とび辛スパイスの爽やかな辛みがアクセントとなり、一層食欲をそそ」るとのこと。ややとろみのついたカレー味のスープで、おとなしめに和風だしが香ります。別添スパイスを入れても辛さはほとんどなく、スパイス感もココイチ商品としては弱いです。

先日食べた「濃い出汁香るカレーそば」は、和風だしが前面に出てカレーの味を脇役に追いやっていましたが、今回の「とろ~りカレーうどん」はそこまでの和風だしの威力はなく、豚や野菜をベースとして魚介がおだやかに香るカレー味が中心となっています。だからといってカレー味が濃かったり強かったりするわけではなく、激しい味のカレーというよりはまろやか系のスープに仕上がっていました。スープについたとろみがまろやかな印象をいっそう強くしています。



こちらは別添の「特製柚子ブレンド和風とび辛スパイス」。「濃い出汁香るカレーそば」では魚粉がブレンドされていましたが、今回は柚子。確かに柚子の香りはそれなりに漂いますが、こちらもそれほど強く感じるわけではなかったです。スパイス感も「カレーそば」の時ほど存在感があるわけでもありませんでした。

基本的には豚や野菜、魚介で味付けられたスパイス感のないカレースープといった印象で、味にメリハリを生み出すココイチらしいスパイス感には乏しかったです。また、「カレーそば」のような魚介の尖り方をしているわけでもなく、良く言えばやさしい味、悪く言ってしまうとちょっと抑揚のない味といった印象。おだやかな味傾向の強いうどん商品とは言え、それでももっとココイチらしいスパイスの強さは欲しかったですね。



とろみのあるスープとよく絡んで重量感のある油揚げ麺のうどん



麺は「ツルっと滑らかな幅広いうどんらしいめん」で、「適度に味付けを行い、スープと相性良く仕上げ」たとのこと。幅広の太い油揚げ麺のうどんで、厚みもあって、油揚げ麺としては重量感があります。

太い油揚げ麺で重量感があって主張が強いですが、今回はスープにとろみがついていて麺との絡みが良いため、スープと麺に一体感が生まれ、麺の主張のみが際立つようなことはありませんでした。両者のバランスは良かったです。見た目は普通のカップ麺に入っているうどん麺って感じなんですが、食べてみると水を多く含んだような重みがあり、食感はなかなか本格的。とろみのついたスープが絡むことでよりいっそう重量感が生まれています。同じ油揚げ麺のうどんでも、「どん兵衛」や「赤いきつね」とはまた違った感じのずっしりした麺でした。

3種のきのこが入っているが、カットが細かくて存在感がない



具は「風味と食感の良いエリンギ、ブナシメジ、ひらたけの三種のきのこにねぎ、唐辛子を加えて仕上げ」たとのこと。秋らしくきのこが入っています。カレーにきのこの組み合わせはちょっとスープカレーっぽいですが、うどんにきのこと考えると別に不自然ではないですね。

3種のきのこは風味の良さが感じられ、カレー味のスープの中でも存在感がありました。ただ、3種それぞれカットが小さすぎて、正直、食べてもどれがどれだかよくわかりません。きのこと言われなければ気づかないまでありそうです。たぶんブナシメジは細いやつで、四角いのがエリンギかなと、なんとなく推測できますが、食べている人がきのこ食べている実感はあまり持たないのではないではないでしょうか。もっと大きさが欲しかったですね。

カットの小さいきのこも含め、全体的に具は貧弱です。ねぎが最も目立ってしまっており、「カレーそば」に入っていたお揚げのような、確たる存在感がきのこには残念ながらなかったです。

オススメ度(標準は3です)

★★★☆☆☆☆☆☆☆(3)
豚や野菜でまろやか系の味のカレースープに魚介がほんのり香るカレースープでした。ココイチらしいスパイス感はなく、同時発売の「カレーそば」に比べると、スパイス感も和風だしの強さもないので、味のインパクトには欠けるように感じました。とろみのついたスープと重量感あるうどん麺のバランスは良く、油揚げ麺ながら麺の食感に本格感があります。3種のきのこは香りは立ち上るもののカットが小さいため具としての存在感がなかったのは残念でした。今回発売されたココイチの「カレーうどん」と「カレーそば」ですが、どちらというと「カレーそば」をオススメしたいです。

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加