「JAPAN FOOD記」第1弾商品は山形の「ひっぱりうどん」をカップ麺にアレンジ

今回のカップ麺は、エースコックの「JAPAN FOOD記 山形ひっぱり風うどん」。2018年11月5日発売の新商品です。「JAPAN FOOD記」シリーズの新商品です。

新シリーズとなる今回の「JAPAN FOOD記」は、「地域の風土に合わせて古くから地元の人々に親しまれてきた郷土料理をカップめんにアレンジした、まだまだ知られていないレアな『ニッポンの味』を手軽に楽しめる新ブランド」とのこと。カップ麺化できそうな郷土料理は全国に数多くあると思われるので、広がりのありそうな非常に面白い視点ですよね。エースコックのブランドは立ってはすぐ消えていくものが多いですが、これは長く続いて欲しいところ。郷土料理の中でもあまり日の目を浴びていないマニアックなところを突いていくことで、観光資源の掘り起こしにも繋がりそうな気がします。「風土記」にかけた「FOOD記」というネーミングも個人的にはちょっと好きです。現代版風土記を作り上げていく感じでどんどんシリーズを積み重ねていって欲しいです。

そして今回「JAPAN FOOD記」の第1弾として選ばれたのは、山形の郷土料理「ひっぱりうどん」。山形県の中でも特に内陸部で食べられている郷土料理で、納豆やサバ缶で作ったたれで食べるうどんで、一つの鍋から各自の丼に取り分けて食べる鍋スタイルなのも特徴です。鍋からうどんを引っ張るので「ひっぱりうどん」とのこと。山形県は「納豆汁」や「五斗納豆」、「塩納豆」も郷土料理のひとつとして数えられており、実は茨城県に負けない納豆王国なんでしょうかね。実は福島県民が最も納豆をたくさん食べているそうで、そうなると、東北地方中南部から北関東にかけての一体が大納豆圏を形成しているのかもしれませんね。ちなみに大豆の生産は宮城県が全国第2位、納豆発祥の地は秋田県との説があり、そして納豆生産量第1位はもちろんハイパー納豆帝国茨城県です。



商品概要



品名:JAPAN FOOD記 山形ひっぱり風うどん
メーカー:エースコック
発売日:2018年11月5日(月)
麺種別:ノンフライ麺
かやく・スープ:2袋(調味たれ・後入れかやく入り粉末スープ)
定価:税別230円
取得価格:税込245円(ローソン)

栄養成分表

1食92g(めん70g)あたり
エネルギー:329kcal
たん白質:7.0g
脂質:8.2g
炭水化物:56.9g
食塩相当量:4.1g
カルシウム:245mg



納豆の風味のついたしょうゆ味のたれに魚介粉が強く効いている

たれは「醤油に鰹や煮干しなどのだしを加えた旨みのある調味たれ」で、「後入れのかやく入り粉末スープを加えると、さばの旨み、納豆の風味が広がり、いっそう食欲をそそる味わいに仕上げ」たとのこと。納豆と魚介の風味がついた濃いめのしょうゆ味のたれです。具に納豆の味のついた大豆が付いていますが、たれだけでも納豆の味と香りがしっかり感じられるのが特徴です。

濃いめのしょうゆ味にほんのりと納豆の味と香りが付けられており、魚介は納豆よりさらに弱めです。納豆と聞いてしまうともう味が納豆で支配されているかのようなイメージを持つものの、今回の納豆味はそこまで強くなく、ほんとほんのり程度。それでもしっかり一本筋が通っており、最後まではっきり納豆を感じることができました。

一方で魚介の味は、たれよりも粉末で入っている魚介粉が中心となっており、魚介粉の主張は強めです。実際の「ひっぱりうどん」ではサバ缶を用いる事が多いようですが、今回の魚介味はそういう雰囲気ではなく、まぜそばやつけ麺で一般的に使われる魚介分の味。実際にひっぱりうどんを食べたことがないので再現性云々は置いておくと、魚介の味が納豆の風味とマッチしてなかなか良かったです。魚介粉を使うあたりはカップ麺風にアレンジしているといったところでしょうか。



たれとバランスの取れている太めの多加水ノンフライうどん麺



麺は「生地にたっぷり水を抱かせた多加水麺」で、「幅広でしっかりとしたコシを持つ滑らかなめんに仕上げ」たとのこと。幅広で太めのノンフライうどん麺で、弾力の強さが特徴の多加水麺です。

実際の「ひっぱりうどん」は調べてみたところ特にうどん麺の太さで特に特徴は見出だせず、家庭だとそうめんが使われたりもするそうです。今回の麺はエースコックが力を入れる多加水麺技術が使用されたノンフライうどん麺で、弾力があって主張は強め。濃いめしょうゆ味のたれとのバランスは良い上、がっしりうどんを食べた気になれる食感はなかなか良かったです。

麺量は70gで、ノンフライ汁なし麺の麺量としては少なくはないものの、そんなに多くもありません。おいしかったがゆえにちょっと物足りなさは残り、もうちょっとガッツリ食べたかったですかね。ごはんとよく合いそうな味なので、足りないならお茶碗片手に食べてみるのも良いかもしれません。

納豆味大豆は粘りや味の強さはないが、ねぎやきざみのりはたれとの相性良し



具は「納豆風味に味付けした大豆加工品、色調の良いねぎ、磯の風味豊かな焼のりを入れ」たとのこと。粉末スープと一緒に入っている、納豆味大豆、ねぎ、きざみのりで、ちょっとふりかけっぽいです。

納豆味付きの大豆は、食べてみると粘り気とかは感じません。納豆味もそれほど強くなかったです。納豆味の中心はあくまでたれの方でした。これはフリーズドライ納豆を使って欲しかったですかね。多少でも粘り気は欲しかったところ。私はやりませんでしたが、実際に自分で納豆入れちゃうのが良さそうです。

ねぎやきざみのりもそこそこ入っていて、納豆や魚介の風味の中でしっかり存在感ありました。納豆にねぎ、魚介にのりは鉄板の組み合わせなので、これがあるとないとでは味の印象はまったく変わったものになるかと思います。実際のひっぱりうどんでは、錦糸たまごが入ったり生たまご入れたり、もしくはオクラやほうれん草入れたりと、入れるものには幅がありそうです。今回の味だと生たまご落とすのはおいしそうです。

オススメ度(標準は3です)

★★★★★☆☆☆☆☆(5)
JAPAN FOOD記」シリーズ第1弾商品の「ひっぱり風うどん」でしたが、納豆を使うインパクトの強い商品でありつつ、しっかりおいしさもともなう良品でした。ほのかな納豆味と魚介の強さが特徴の汁なしうどんで、ノンフライ麺を使用していたのも良かったです。今後もこのシリーズでどんどん各地の郷土料理の雰囲気を味わってみたいです。今後も大きな期待を持って見ていきたいシリーズでした。

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加