「すみれ」のトッピング「唐玉」を加えたみそラーメンを再現

今回のカップ麺は、セブンプレミアムの「すみれ 唐玉味噌」。製造は日清食品。2018年10月15日発売の新商品で、北海道札幌のみそラーメンの名店「すみれ」の味を再現したカップ麺です。

すみれ」は北海道札幌に本店のある、札幌みそラーメンの代名詞的な名店です。新横浜のラーメン博物館に出店したこともあって、その名前は全国に轟いていますよね。本店は観光名所のひとつにもなっています。そしてセブンプレミアムのカップ麺としても有名で、名店を再現したカップ麺の元祖のひとつと言われています。現行品の「セブンプレミアムゴールド すみれ 札幌濃厚味噌」は定番のレギュラー商品として確固たる地位にいますが、今回はそれとは別に「唐玉」を再現したタテ型の一杯です。

唐玉」とは、すみれの本店や新横浜のラーメン博物館のお店で供されているトッピングで、みそに唐辛子やニンニク、しょうがなどを入れたものです。ラーメンやチャーハンに入れることで、味にワンパンチ加える存在。今回はその「唐玉」をみそラーメンにれたものを再現したカップ麺で、昨年2017年5月にセブンプレミアム10周年記念商品として発売されていました。すでに再販されていた「一風堂 とんこつまぜそば」も10周年記念商品でした。栄養成分が昨年発売のものとまったく同じなので、おそらく中身に手を入れることなく再発売されたものと思われますが、今回改めて食べてみたいと思います。



商品概要



中身は同じなのではないかと書きましたが、「特製唐玉ペースト」の袋の色が昨年とは異なっています。中は同じでしょうけどね。

品名:すみれ 唐玉味噌
メーカー:セブンプレミアム(日清食品製造)
発売日:2018年10月15日(月)
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:1袋(特製唐玉ペースト)
定価:税込213円
取得価格:税込213円(セブンイレブン)

栄養成分表

1食107g(めん80g)あたり
エネルギー:470kcal(めん・かやく389kcal スープ81kcal)
たん白質:11.4g
脂質:17.1g
炭水化物:67.5g
食塩相当量:6.8g(めん・かやく2.6g スープ4.2g)
ビタミンB1:0.30mg
ビタミンB2:0.37mg
カルシウム:136mg



「唐玉」のピリ辛とニンニクのパンチで厚みを増す豚ベースのみそ味スープ

スープは「味噌を合わせ、すみれ特有の濃厚な味噌ラーメンに、『唐玉』の唐辛子、にんにく、しょうがの辛みと旨みのパンチを加えることで、濃厚スープと唐玉の味わいがくせになる」とのこと。豚脂やとんこつを効かせた濃厚なみそ味のスープに、別添の「唐玉」を加えてさらにパンチを増したスープです。

札幌みそラーメンらしい、もしくは「すみれ」らしい、豚脂ととんこつを効かせたみそ味のスープで、みその味にクセみたいなものはなく、豚で押してくる味となっています。レギュラー商品の「セブンプレミアムゴールド すみれ 札幌濃厚味噌」と比べてしまうと、豚脂の効きも、とんこつの太さも完全に見劣りしてしまうものの、価格帯が違うので、そう考えると悪くない味のではないかと思います。しっかり太さを感じる「すみれ」らしい味わいです。



こちらは「特製唐玉ペースト」。これを入れることで、ほんのりとした辛さと強いニンニクの風味が加わり、スープにパンチが増します。特にニンニクの強さが印象的で、一気に厚みのあるスープになります。真っ赤なみそですが辛さはそれほどないので、辛いのが苦手な人でも食べられる程度のものだと思いますが、辛いものを求めて買った人だとちょっと物足りないかもしれません。唐玉は溶かし切らずにスープの上にのせたままにして、少しずつ溶かしながら食べると辛さを強めに感じられるでしょう。

「セブンプレミアムゴールドすみれ」ほどの重厚な味はないものの、ニンニクのパンチとほんのり辛味で、「すみれ」の変わり種としては十分においしいスープです。濃厚みそラーメンがお好みならばまず期待を裏切らないデキにあると言って良いのではないでしょうか。



太くて縮れの強い角油揚げ麺で、スープとのバランスは良好



麺は、縮れの強い太い角麺で、「セブンプレミアムゴールドすみれ」の麺の形状に似ていますが、プレミアムゴールドはノンフライ麺なのに対し、今回の商品は油揚げ麺です。麺量は80gで大盛の麺量となっています。

太い角油揚げ麺で、麺の主張は強めですが、スープの味もかなり強いため、スープと麺のバランスはしっかり取れています。油揚げ麺特有の風味もスープの濃さによってあまり目立つことなく、しっかりなじんでいます。ミノフスキー粒子が薄いのではなく、電波通信に頼らない戦い方をしている感じ。縮れが強いためスープをよく拾うのも影響しているかと思います。

「セブンプレミアムゴールドすみれ」の麺も同様ですが、実際のお店の麺よりはっきりとした角麺のため、食感がしっかり再現できていないのはちょっと惜しいところ。また、多加水麺でも多少しっとり感のあるお店の麺の質感を、油揚げ麺で再現するのはなかなか難しいように思います。太さや縮れの再現は良かったです。

チャーシューやメンマに加え、お店の特徴であるモヤシや玉ねぎも入っている



具は、味付豚肉、玉ねぎ、モヤシ、味付メンマ、ねぎが入っています。お店再現もののタテ型カップ麺としては、具はそれなりに充実しています。豚肉やメンマがしっかり量入っている上に、玉ねぎやモヤシといったお店の特徴的な具もしっかり押さえているのは素晴らしいです。

チャーシューは細切れタイプで一枚タイプのようなインパクトはないものの、たくさん入っていて肉量自体は十分にあります。実際にお店でチャーシュー麺ではない普通のみそラーメンを頼むと、一枚チャーシューは入っておらず、挽肉みたいな肉が入っているだけなので、肉のインパクトはお店よりむしろ強いくらいだと感じました。お店のラーメンも昔はダイス状のチャーシューがゴロゴロいっぱい入っていてとても良かったんですけどね。メンマも結構入っていて、コリコリした食感が良いアクセントになっていました。お店に比べるとかなり細切れではあるものの、食感が強調できている点でこれはこれで良いのではないでしょうか。

お店の特徴、というか札幌ラーメンの特徴であるモヤシもしっかり入っていました。シャキシャキした食感ではなく量もそれほど多いわけではなかったものの、お店のモヤシもそんなシャキシャキしているわけではないので、こんなものかなと思えるレベルです。玉ねぎが入っているのも特徴で、玉ねぎ独特の風味がたまに感じられることで、味の底上げにつながっていました。

オススメ度(標準は3です)

★★★★★☆☆☆☆☆(5)
カップ麺でもおなじみで札幌みそラーメンの代名詞「すみれ」のトッピングメニュー「唐玉」を入れたみそラーメンの再現商品でしたが、高価格帯商品の「セブンプレミアムゴールドすみれ」ほど厚みのあるスープではなかったものの、「唐玉」の唐辛子とニンニクが加わることにより、また違った厚みをました一杯に仕上がっていておいしかったです。おそらく昨年出ていたものとまったく同じかとは思いますが、良品なのは間違いないので、今後も定期的に出してもらいたいですね。

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加