オタフクソース+ガーリックのカップ焼そば

今回のカップ麺は、サンヨー食品の「サッポロ一番 オタフクお好みソース味焼そば ガーリック風味」。2018年10月8日発売の、「オタフクソースカップ麺」シリーズの新商品です。オタフクソースの定番商品「お好みソース」の味のカップ焼そばです。

今回は「ガーリック風味」ですが、オタフクソースでガーリック風味のものがラインナップされているわけではなく、「お好みソース」の味を叩き台にしてガーリックを付与したもののようです。ここ最近は、レギュラー商品の「サッポロ一番 オタフクお好みソース味焼そば」以外は「お好みソース 大人の辛口」が使われることが多かったですが、今回はノーマルの「お好みソース」を元にしたソースです。

オタフクソースと言えば、私なんかはとにかく甘いソースというイメージを持っていて、家でお好み焼きを作る時には普段使いでは別の関西風のソースを使い、甘いのが食べたい時だけオタフクソースを使うのですが、本拠地の広島以外でもどこのスーパーに行ってもオタフクソースは当たり前のように売られているので、普段使いしている家庭は多いのでしょう。今回食べるにあたり、甘いソースにガーリックって相性どうなんだろうと思ってしまいましたが、オタフクソースを普段使いしているならこの組み合わせはそれほど違和感はないのかもしれませんね。

甘いオタフクソースとガーリックのハーモニーはいったいどんな感じなのか、しっかり食べてみたいと思います。



商品概要



ガーリックチップが入っています。これは食べる場所と時間を選びそうですね。でもカップを開けた段階では思いのほかガーリック強く漂ってきません。

品名:サッポロ一番 オタフクお好みソース味焼そば ガーリック風味
メーカー:サンヨー食品
発売日:2018年10月8日(月)
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:1袋(液体ソース)
定価:税別180円
取得価格:税別118円(ドン・キホーテ)

栄養成分表

1食117g(めん85g)あたり
エネルギー:498kcal
たん白質:10.0g
脂質:22.2g
炭水化物:64.5g
食塩相当量:3.6g
ビタミンB1:0.43mg
ビタミンB2:0.42mg
カルシウム:243mg



ガーリックはしっかり香るが主役はフルーツの甘さ際立つオタフクソースの味

ソースは「果実と野菜の甘みを引き立てた、フルーティでまろやかなソースに、食欲をそそる香り豊かなガーリック風味を合わせ」たとのこと。フルーツによる甘さが際立つオタフクソースならではの味で、ガーリックも効いていますがガツンとくる感じではなかったです。

味の中心はオタフクソースならではのフルーツの味です。いやはやかなり甘いですね。カップ焼そばでもここまで甘いソースはなかなかないのではないかと思います。酸味よりも甘味、そしてかなり濃い味に仕上がっており、まろやかというよりはまったりな印象です。普通のお好み焼きソースとの違いは、フルーツの甘さが隠し味なのかどうかだと思われ、オタフクソースは隠してないどころか味のど真ん中に甘さがあるんですよね。

一方で、ガーリックの味はしっかり感じられるもののそれほど強いわけではなく、味の中心はあくまでオタフクソースの味でした。あまりオタフクソースに造詣が深くない私が食べた感じだと、オタフクソースとガーリックの相性はそれほど良いとは思いませんでしたが、今回はガーリックが一歩引いてソースを引き立たせることで上手くバランスを取っている感じがしました。強く効かせすぎないのがポイントだと思います。オタフクソースの変わり種の味としてアリなのではないでしょうか。



縮れが少なくて重量感のある油揚げ麺



麺は「コシがあり、もっちりとした食感のナチュラルなストレートの中太麺で、濃厚なソースによく合」うとのこと。中太と書かれていますが、それよりはやや細めに感じる油揚げ麺です。縮れは強くなく、焼そばとして自然な形状の麺となっています。

かためで油揚げ麺としては重量感のある食感となっています。縮れを少なくしてソースと絡みにくくすることで、強いソースに対してある程度麺の味を感じられるようにバランスを取ろうとしているのかもしれません。しかし実際のところはソースがどろっとしているため麺ととてもよく絡み、麺をすするたびに大量のソースが口に入るため、だいぶソース側に傾いたバランスになっていました。麺自体は焼そば麺として自然な食感で良いと思うのですが、今回は相手が悪かった。メインキャストの濃いキャラが目立ちすぎて、いぶし銀の脇役にスポットライトが当たらなかった感じです。良い演技しているんですけどね。

単にバランスを考えれば麺はもう少し太い方が良かったかもしれませんが、オタフクソースの甘い味を強く押し出すことができているので、これはこれで良いのではないかと思います。私なんかは、麺が目立ちすぎてソースの味がよくわからなくなることの方が嫌なので、麺がソースの邪魔をせず、主役のオタフクソースがしっかり主役になり切っていて悪くないと感じました。

ガーリックチップは思いのほか強くは主張せず脇役に徹していた



具は「キャベツのシャキシャキとした食感が食欲をそそり、ソースと相性抜群」で、「フライドガーリックの香ばしい風味がソースのおいしさを引き立て」るとのこと。具は少なめですが、大きいガーリックチップが入っています。

ガーリックチップがそれなりの量入っているため強烈な匂いなのではないかと思いましたが、実際食べてみて匂いも味もそれほどガーリックの強さは感じませんでした。匂いが強くなりすぎないように調整されているのでしょうか。ソースのガーリック風味と合わせ、主役はガーリックではなくあくまでオタフクソースだという姿勢が徹底されているように思います。チップを噛んだ時に感じる風味やちょっとした辛さはガーリックそのものでした。

キャベツの量は少なめで、今回は主張の強い濃いソースと合わせたこともあり、ほとんど目立てていませんでした。ソースの主張が強いので、清涼剤的な存在になりうるキャベツはもうちょっと欲しかったところでですが、定価税別180円の商品なのであまり多くを求めるのは酷のように思います。

オススメ度(標準は3です)

★★★☆☆☆☆☆☆☆(3)
食べる前はオタフクソースとガーリックの相性が気になりましたが、実際食べてみると、ガーリックが一歩引いてオタフクソースがしっかりと主役を張ることで、両者きちんと共存できている印象でした。オタフクソースの甘さとガーリックの相性がとりわけ良いとは感じなかったものの、たまに食べる変わり種としてはアリな味なのではないかと思います。

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加