和歌山ラーメンの超有名店「井出商店」の味を再現したカップ麺

今回のカップ麺は、サンヨー食品の「サッポロ一番 名店の味 井出商店 和歌山濃厚豚骨醤油」。2018年9月25日発売の、「名店の味」シリーズの新商品です。和歌山ラーメンの名店中の名店、「井出商店」の味を再現した「和歌山濃厚豚骨醤油」と銘打たれたカップ麺です。

和歌山ラーメンとは?

和歌山ラーメンといえばとんこつしょうゆ味で有名ですが、しょうゆ主体のとんこつしょうゆ味と、とんこつ主体のとんこつしょうゆ味の2系統があるようです。前者の代表が「丸高」というお店で、後者の代表が「井出商店」だそうです。また、「早寿司」という鯖寿司をラーメンと一緒に食べる風習があり、さらに、ゆで卵やどて焼きをラーメンと一緒に食べるお店もあるようです。カップ麺では日清食品の「行列のできる店のラーメン」シリーズの「行列のできる店のラーメン 和歌山」が有名で、この「行列」シリーズは和歌山ラーメンを再現するために作られたと言われています。

井出商店とは?

井出商店は超有名店ですよね!テレビで何度も見たことがあり、その以下にも濃厚なスープを見るたびに食べたいなぁと思ってきました。なかなか和歌山に行く機会がないので食べないでここまで無駄に人生を過ごしてきましたが、今日やっと「井出商店」の味の雰囲気を少しでも楽しめるんだと思うと、今まで生きてきた良かったと思います。多少大げさですが。一度新横浜のラーメン博物館にお店があった時に食べるチャンスがあったんですが、悩んだ末に他のお店に入っちゃって、結局行けずじまいでした。札幌ラーメンで言えば「すみれ」のような、和歌山ラーメンの象徴的な存在なのではないかと勝手に思っています。



商品概要



品名:サッポロ一番 名店の味 井出商店 和歌山濃厚豚骨醤油
メーカー:サンヨー食品
発売日:2018年9月25日(火)
麺種別:ノンフライ麺
かやく・スープ:3袋(あといれ液体スープ・あといれ特製スープ・かやく)
定価:税別205円
取得価格:税込216円(ファミリーマート)

栄養成分表

1食114g(めん70g)あたり
エネルギー:369kcal(めん・かやく271kcal スープ98kcal)
たん白質:14.9g
脂質:8.7g
炭水化物:57.7g
食塩相当量:7.8g(めん・かやく2.4g スープ5.4g)



しょうゆも強いしとんこつも濃厚!すごいとんこつしょうゆスープ

スープは「濃厚な豚骨のうまみに、芳醇なコクとうまみのある和歌山醸造醤油(醤油に占める割合10%)をあわせた、まろやかで奥深い濃厚豚骨醤油味」とのこと。強い香りのしょうゆ味に、とんこつも太いスープで、これは濃厚でパンチがあります。食べたことはないですが、テレビで見ていた「井出商店」の重厚な味をかなり再現できていると想像できる味に仕上がっています。これはすごい。

和歌山醸造醤油を10%使用しているというしょうゆ味のスープですが、いやー濃い。香りも強く、かなり重厚なしょうゆ味です。和歌山県の湯浅町はしょうゆ発祥の地として有名で、熟成期間が長く、そのしょうゆの味は香りが強く濃厚と言われています。今回使用されている和歌山醸造醤油が湯浅町のものかはわかりませんが、その雰囲気は十分に感じられる濃厚さです。私が勝手に想像する和歌山ラーメンの味のイメージ通りで、これはすごいしょうゆ味だなぁというのが率直な感想です。

すごいしょうゆの濃さでしたが、しょうゆだけではなくベースのとんこつもかなり濃厚。とんこつ臭こそなかったものの、舌の横にやや苦みを感じる濃厚さで、しょうゆに負けないとんこつの存在感です。こうまでしょうゆととんこつを両立させたとんこつしょうゆスープはなかなか珍しく、なんて言えばいいのか、新日本でIWGP王座を奪取したチャンプがそのまま全日本に乗り込んで三冠王座も獲ってしまう感じでしょうか。そんなのあのハンセンですらやったことないのに。しかし相変わらず例えが古いw



いかにも中華そば感のある低加水で中細のノンフライ麺



麺は「表面に張りがあり、歯切れのよさとのど越しのよさが特徴のちぢれの少ない中細のめんに仕上げ」たとのこと。縮れがあまりない中細のノンフライ麺です。

弾力があるのではなく歯切れの良さが目立つ麺で、低加水でいかにも中華そば感のある麺です。表面のつるみがあまりつよくないのも中華そば感を増幅させています。思いのほか麺らしい味が強く、濃い濃い濃いスープの中に入ってもしっかり麺が主張できており、中細麺でもスープと麺のバランスは案外良かったです。スープだけではなく麺もしっかりおいしい。

和歌山ラーメンの特徴を押さえた具の構成



具は「チャーシュー、メンマ、ねぎ、花形かまぼこの組合せ」たとのこと。チャーシューはそれほど大きくなかったですが、メンマは結構たくさん入っています。花形のかまぼこは私の手に入れた個体では欠けていた上に、復元しようとしても完全体にはならなかったですが、具の全体量としては価格帯を考えるとまずまずといったところ。

かまぼこが入っており、和歌山ラーメンの特徴はしっかり押さえています。個人的にはメンマの量がそれなりに入っていたのがうれしいところで、しょうゆ味の濃いスープとメンマは抜群の相性でした。もっと多くても良かった!

オススメ度(標準は3です)

★★★★★★☆☆☆☆(6)
和歌山ラーメンの超有名店「井出商店」の味を再現したカップ麺でしたが、和歌山醸造のしょうゆを10%使用したというしょうゆ味は香りも味も濃厚で、塩辛さは確かにあるものの、それ以上にしょうゆの濃厚感が強いスープでした。加えてとんこつの濃さも相当なものがあり、しょうゆもとんこつも強烈な、まさに和歌山ラーメンらしい味となっていました。いやー定価税別205円でこの濃厚なスープは大したものではないでしょうか。深い味というよりは濃い味なんですが、パンチ力がすごかったです。低加水の中細ノンフライ麺は中華そば感が出ていて、スープとの相性バッチリでした。これまでの「名店の味」シリーズ最高傑作ではないでしょうか。ちょっと買い込んでおこうと思います。

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加