「大砲ラーメン」のまかないメニュー「まぜそば」がカップ麺化!

今回のカップ麺は、明星食品の「明星 大砲ラーメン とんこつまぜそば」。2018年9月24日発売の、「大砲ラーメン」カップ麺シリーズの新商品です。久留米の名店「大砲ラーメン」で供されているまかないメニューのまぜそばをカップ麺化した商品となっています。

大砲ラーメン」は、とんこつラーメン発祥の地である久留米で、おそらくもっとも知名度の高いとんこつラーメン店。私も昨年九州出張の際に食べに行くことができましたが、もう店のそばから漂うとんこつ臭に加え、実際食べてそのスープの威力に感動しました。やっぱり名店中の名店なのは間違いないところで、九州出張で食べたラーメンの中でも「博多一双」と並んで感銘を受けたお店でした。家の近くにお店があったら毎日行くでしょうね。それくらいおいしかったです。

ただ、これが明星食品「大砲ラーメン」シリーズのカップ麺になってしまうと、とんこつの猛威は鳴りを潜め、だいぶ穏やかな味になってしまいます。やっぱり「大砲ラーメン」のいちばんの特徴は、これでもかというほどのとんこつ臭だと思うのですが、カップ麺ではうまく再現できていないように感じています。今回の「とんこつまぜそば」ではそのとんこつスープが果たしてどうなっているのか気になるところです。パッケージでは「ピリ辛マー油入り」が強調されているので、とんこつ臭はあまり期待できないのかなと思っていますが、果たしてどうでしょうか。

カップ麺での「とんこつまぜそば」というフレー-バーは、日清食品製造でセブンプレミアムの「一風堂 とんこつまぜそば」に端を発しています。これなかなかおいしかったんですよね。評判が良かったのか、翌年にも再販されています。一方、明星食品もセブンプレミアムから「中華蕎麦 とみ田 豚骨魚介まぜそば」という商品が発売されていましたが、こちらはちょっと塩辛くて、完成度はいまいちだったように感じました。今回の「大砲ラーメン」も、塩分がコントロールできているかが気になるところです。



商品概要



品名:明星 大砲ラーメン とんこつまぜそば
メーカー:明星食品
発売日:2018年9月24日(月)
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:2袋(液体ソース・あとのせかやく)
定価:税別218円
取得価格:税込235円(ローソン)

栄養成分表

1食163g(めん130g)あたり
エネルギー:740kcal
たん白質:10.8g
脂質:34.1g
炭水化物:97.5g
食塩相当量:6.2g
ビタミンB1:0.31mg
ビタミンB2:0.34mg
カルシウム:199mg



とんこつ臭は足りないが特製マー油の香ばしさとピリ辛は効果的

ソースは「ポークエキスにガーリックと濃口醤油を合わせたタレに、大砲ラーメン特製のマー油 (マー油にラー油を合わせたもの) を加えた、こってりとして、ガツンとくる味わいのとんこつソース」で、「大砲ラーメンらしい強いとんこつの香りとピリ辛味が特長」とのこと。とんこつベースでしょうゆ味のソースで、マー油の香ばしさが強く効いています。

しょうゆ味のとんこつだれですが、とんこつに多少の骨っぽさは感じるものの、大砲ラーメンのスープの特徴である盛大なとんこつ臭は感じられません。とんこつ感はあるけど大砲ラーメンの激しさではなかったです。油臭が強い油揚げ麺使用であることや、後述の特製マー油を使用していることによって、本来のとんこつの味が阻害されている部分はあるかと思いますが、それでも大砲ラーメンらしいとんこつの味とはかけ離れているように感じました。いつもの明星食品の「大砲ラーメン」シリーズと同じ感じです。

大砲ラーメン特製マー油の威力は抜群で、マー油の香ばしさがとんこつよりもかなり目立っています。後味のほろ苦さはたまらないものがあります。また特製マー油にはラー油も入っており、これがちょっとしたピリ辛になっていて、味にアクセントを加えています。大砲ラーメンのとんこつまぜそばとしてはいまいちですが、マー油とんこつまぜそばとしてなら結構おいしかったです。マー油はとても良かったので、もうちょっと大砲ラーメンらしいとんこつの味もあったら完璧だったんですけどね。

今回のソースにも多少の塩辛さはあったものの、「中華蕎麦 とみ田 豚骨魚介まぜそば」で感じた塩辛さほどではなかったので良かったです。私はやりませんでしたが、できるならごはんと一緒に食べたい味です。



お店の麺とは異なる縮れが強くて太い油揚げ麺



麺は「ソースに良くなじむソフトな表面で、かつ中心は弾力のある太麺」とのこと。大砲ラーメンのとんこつラーメンで使われているストレートの細麺ではなく、縮れが強くて太い油揚げ麺となっています。ちょっと白っぽい色味のみお店を再現しているものと思われます。

麺は弾力があり存在感が強いですが、縮れた麺にソースがよく絡み一体感があるため、ソースと麺のバランスは良かったです。ただ、「一風堂 とんこつまぜそば」のように、まぜそばではあってもあくまで細麺にこだわる方がお店らしさが出たんじゃないですかね。また、主張の小さい細麺にする方が、ソースのとんこつ臭がより前に出てこれたのかなとも思います。

麺量は130gで、大盛カップ焼そばの一般的な量があり食べ応えは十分です。大食い野郎としては麺量が多いのはありがたい限りですが、お店再現商品なら麺量よりもまずは味の追求のためにコストを割いてもらいたいようにも思います。

あとのせかやくに香りものが集結して充実している



具は「やわらかなキャベツ」に、「ニラ、肉ミンチ、ゴマ、紅ショウガ、ネギ、海苔、ブラックペッパーを組み合わせ」たあとのせかやくが別添とのこと。先入れの具はキャベツのみですが、あとのせかやくは香りもの中心でなかなか充実しています。ふりかけ的なあとのせかやくを充実させるのは、明星一平ちゃん夜店の焼そばで培われた明星食品の大きな特徴でしょう。

あとのせの肉ミンチは粒が小さくて正直あまり存在感がありませんでしたが、ニラ、ゴマ、紅ショウガ、海苔あたりはソースに良い風味付けをして効果的でした。特にゴマと海苔が良い仕事をしています。反面、ブラックペッパーは主張が強いため、ややソースの味の阻害要因になっていたように思います。

オススメ度(標準は3です)

★★★★☆☆☆☆☆☆(4)
大砲ラーメン」のまかないメニューである「まぜそば」をカップ麺化した商品でしたが、とんこつ臭が前に出てくる「大砲ラーメン」の特徴は残念ながら感じられなかったです。「大砲ラーメン」であることを抜きにすれば、特製マー油のにんにくの香ばしさとラー油のピリ辛が効果的で、「マー油とんこつまぜそば」としてならばなかなかおいしかったです。塩辛さは以前の「中華蕎麦 とみ田 豚骨魚介まぜそば」ほどではなかったです。「大砲ラーメン」としては物足りなかったですが、カップまぜそばのいち商品としてはおいしい一杯でした。

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加