激辛のイメージがあまりない「一平ちゃん夜店の焼そば」の「麻辣味」カップ焼そば

今回のカップ麺は、明星食品の「明星 一平ちゃん夜店の焼そば 麻辣味」。2018年9月10日発売の新商品で、「明星一平ちゃん 夜店の焼そば」シリーズの新商品です。今回はラーメン店のみならずカップ麺業界も席巻する「麻辣」味をテーマにしたカップ焼そばです。「一平ちゃん夜店の焼そば」は遊び心重視の味(最近だとだんご味的なやつ)と正統派の味が混在していますが、今回はどうやら正統派のようですね。

様々な味のカップ焼そばを送り出している「明星一平ちゃん夜店の焼そば」シリーズですが、個人的に激辛商品のイメージはあまりないんですよね。辛い商品はこれまでいくつか出てきましたが、これまでに最も辛かったのは「明星 一平ちゃん夜店の焼そば 大盛 大辛」でしょうか。商品名が示すとおり激辛ではなく大辛で、個人的には「ペヤング激辛」とか「中本北極」と比べてしまうと2枚くらい落ちる辛さだと感じましたが、私の周囲だとすごく辛いと言っている人もいて、この商品の辛さには得手不得手があったようです。今回は激辛とか大辛とは謳っていませんが、「麻辣」なので、それなりの辛さは期待できそうですよね。

最近は花椒や山椒を効かせたシビレ系の商品が多くなってきていますが、唐辛子の辛さが蔑ろにされる場合も多く見られるように思います。私としてはシビレも唐辛子の強い辛さがあってこそ活きるものと考えていて、今回の商品には単にシビレだけではなく辛さにも大いに期待したいところです。今回の一平ちゃん夜店の焼そば果たしてどんな味に仕上がっているのでしょうか。



商品概要



品名:明星 一平ちゃん夜店の焼そば 麻辣味
メーカー:明星食品
発売日:2018年9月10日(月)
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:3袋(ソース・ふりかけ・特製マヨ)
定価:税別180円
取得価格:税込138円(スーパー)

栄養成分表

1食128g(めん100g)あたり
エネルギー:595kcal
たん白質:10.6g
脂質:28.5g
炭水化物:74.1g
食塩相当量:4.0g
ビタミンB1:0.37mg
ビタミンB2:0.36mg
カルシウム:159mg



唐辛子の辛さと花椒のシビレでギリギリ激辛レベルのソース

スープは「ポークの旨みにガーリック、ジンジャー、唐辛子を加えた醤油だれに、ラー油、花椒の風味とキムチのような発酵した香りが効いたオイルを合わせた麻辣ソース」に、「唐辛子の刺激がたまらない、一平ちゃん夜店の焼そば特製とうがらしマヨ」が別添とのこと。ソースに加えてマヨやふりかけがのる構成ですが、基本的にはそれら抜きにソースのみでも辛さがあります。

ソースはしょうゆ味で、ソースのみで強い辛さがあるのが大きな特徴。以前の「大辛」レベルの唐辛子の辛さは十分にある上、花椒のシビレも感じられるため、合わせ技でギリギリ激辛の壁の上に乗ったか超えているレベルにあると思います。これまでの一平ちゃん夜店の焼そばでは最も辛い印象です。「キムチのような発酵した香り」というのもしっかり感じられ、複合的な辛さのあるソースに仕上がっています。



こちらは唐辛子が入っているという特製マヨ。確かにいつものマヨに比べると少し赤みというか、オレンジっぽい色合いになっています。ただソースが十分辛いため、マヨの唐辛子はそれほど目立っていなかったように思います。マヨの味はしっかり目立っていましたが、マヨが入ることで唐辛子のマヨの刺激が少しやわらかくなってしまうのが難点。ソースが辛すぎると感じるのであればマヨは有効に機能しますが、辛いのが好きでどんどん来いと思っている人は、慎重にマヨを少しずつ入れるか、もしくは入れないという選択肢もありなのではないかと思います。マヨがなくても味は十分成立しています。



細くて縮れのある油揚げ麺で、ソースの激辛を引き立てる構成



麺は「ソースとの絡みが良い、しなやかで食べやすい麺」とのこと。カップ焼そばとしてはだいぶ細く、縮れの強い油揚げ麺です。しお焼そばタイプの麺だと思われます。

麺は細いですがかための食感で十分にコシがあり、フニャフニャはしていません。油揚げ麺臭は唐辛子や花椒によりある程度抑えられていて、存在感はソースを立てる形で控えめ。麺がソースの味を邪魔することなく、しっかりソースの激辛を引き立てていました。通常一平ちゃんの麺より今回の麺の方がソースと相性が良いように感じました。

麺量は100gで、通常一平ちゃん夜店の焼そばと同じ量で、一般的なカップ焼そばに比べて少し多めです。麺が細いため量が多く感じられ、通常サイズのカップ焼そばとしては食べ応えがありました。

唐辛子と花椒の入ったふりかけはソースの味を増強している

具は「やわらかなキャベツ」に、「花椒、唐辛子のスパイシーで麻辣な組み合わせ」たふりかけが別添とのこと。具はキャベツのみで、量も多くなく、大きな特徴は見出だせません。



主役は一平ちゃん夜店の焼そばの特徴でもあるふりかけの方だと思われ、唐辛子と花椒が入っていてソースの味を補強しています。ソース単体で味が成立しているため、ふりかけが入ることによって辛さやシビレが増すような印象はありませんでしたが、液体ソースのみではなく粉末状で唐辛子や花椒が加わることで、それぞれの風味が増す効果があったように思います。ドラスティックな効果はないものの、ないよりあった方が断然良いふりかけなのは間違いありません。

オススメ度(標準は3です)

★★★★☆☆☆☆☆☆(4)
今流行りの「麻辣味」を「一平ちゃん夜店の焼そば」のプラットフォームにはめ込んだ一杯。唐辛子や花椒が強く効き、まさに文字通り麻辣味で、その味をマヨやふりかけの入る「一平ちゃん夜店の焼そば」スタイルにしたことに価値がある一杯で、それほど驚きはないものの、きちんと辛いので買う人の期待には応えられる味だと感じました。マヨにどれくらい価値を見出せるかで印象が変わってきそうで、私なんかはあんまりマヨを必要と思わないためこの評価にしましたが、マヨ好きの方ならもう少し高評価するかもしれませんね。

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加