カップ麺初の「バーミヤン」コラボ商品!!

今回のカップ麺は、エースコックの「スーパーカップ1.5倍 バーミヤン監修 刺激のコク旨麻婆麺」。2018年9月3日発売の、「スーパーカップ」シリーズの新商品です。「スーパーカップ」シリーズ30週年企画として、中華レストラン「バーミヤン」とコラボしたカップ麺です。

バーミヤン」監修による、お店の人気メニュー「コク旨マーボー豆腐」の味を再現したカップ麺です。「麻婆豆腐」味をカップ麺に落とし込んだ「麻婆麺」で、バーミヤンでも9月6日から「刺激のコク旨マーボー麺」という限定メニューとして供されているそうです。「バーミヤン」監修のカップ麺というのは今まで記憶にないので、おそらく初なのではないかと思います。ラーメン専門店ではないお店の味をカップ麺で再現してきたエースコックが、ついに「バーミヤン」と関係をつなげたことで、ひょっとしたら今後もバーミヤンのメニューをカップ麺化する道筋ができたのかもしれません。「ココイチ」や「リンガーハット」のような商品展開が今後も大いに期待できそうです。

バーミヤンの麻婆豆腐はレギュラーメニューで2種類あり、ひとつは今回のカップ麺の元になっている「コク旨マーボー豆腐」で、もうひとつは「花山椒とラー油の赤麻婆豆腐」。前者の方が人気メニューのようですが、辛さやシビレは弱く、刺激を求めるなら後者の方が良いようです。今回のカップ麺では商品名に「刺激のコク旨」と入っているものの、ひょっとすると刺激はあまりないのかもしれません。果たしてどんな味のカップ麺に仕上がっているのでしょうか。



商品概要





それほど大きくはないですが、豆腐が結構たくさん入っており、麻婆豆腐の体裁は整っているようです。

品名:スーパーカップ1.5倍 バーミヤン監修 刺激のコク旨麻婆麺
メーカー:エースコック
発売日:2018年9月3日(月)
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:3袋(液体スープ・かやく入り粉末スープ)
定価:税別205円
取得価格:税込216円(ファミリーマート)


栄養成分表

1食119g(めん90g)あたり
エネルギー:470kcal(めん・かやく378kcal スープ92kcal)
たん白質:9.8g
脂質:16.8g
炭水化物:70.0g
食塩相当量:7.9g(めん・かやく2.3g スープ5.6g)
ビタミンB1:0.62mg
ビタミンB2:0.54mg
カルシウム:353mg



花椒の香りが広がる麻婆味のスープだが、辛さやシビレはあまりない

スープは「ポークをベースに豆板醤や甜麺醤、豆鼓醤などの中華調味料を加えたコクのある麻婆味のスープ」で、「花椒の爽やかな香りが広がり、バーミヤンの麻婆豆腐のように食欲をそそる一杯に仕上げ」たとのこと。赤とともにやや黒みがかった麻婆味のスープで、花椒を始めとするスパイスの味が広がります。

スパイスを強く感じるスープで、甘みは控えめ、なかなか硬派な味に仕上がっています。スパイスは強く感じるものの、辛さやシビレといった刺激はあまり強くなく、「刺激のコク旨」とは書かれていてもやはりある程度お店の「コク旨マーボー豆腐」の刺激の少なさを忠実に再現しているものと思われます。ただ、シビレはそれほどではないものの花椒の香りは強めに感じられるため、刺激はなくともそれなりに大人の味という印象は受けました。花椒の香りが苦手だと厳しい反面、刺激は少ないのに本格感のある味となっています。

スープの見た目が結構ドギツい色で、また商品名に「刺激」と入っていることから、もっと強烈な味を想像してしまいましたが、実際のところ花椒が香り十分に大人の味ではあるものの、刺激はあまりありません。イカツい顔や体格なのに女性の前だとゆでダコのようになるファルコン(海坊主)みたいなキャラクターですね。刺激の物足りなさは否めないところですが、麻婆豆腐らしい味にはしっかり仕上がっていました。



おそらく「カドメン」と思われる、噛み応えとずっしり感が特徴の中太油揚げ麺

麺は「しっかりした弾力と滑らかさを併せ持つ角刃のめん」で、「口の中で存在感を感じられる、食べごたえ抜群のめんに仕上げ」たとのこと。噛み応えの強い、ずっしりとした食感の中太油揚げ麺です。

がっしりした噛み応えやずっしりした食感が特徴の麺で、これはおそらく、「スーパーカップ」シリーズの代名詞である「カドメン」なのではないかと思います。「カドメン」とは説明されていませんが、「バーミヤン」の名前以上に「カドメン」という言葉が目立ってしまうことを防ぐための配慮なのかなと勝手に考えましたがどうなんでしょうか。麻婆味なので濃いめでそれなりに主張の強いスープですが、麺の存在感はそれ以上で、やや麺が勝ち気味のバランスだと感じました。もう少し麺が細い方がもっとスープの味を堪能できたのではないかと思いますが、バランスが崩れているというほどではありません。

麺量は他のスーパーカップシリーズと同じ90gで、食べ応えがあります。スープを含んでずっしりするため、普通の90gの油揚げ麺よりも食べ応えは大きいのではないかと思います。私油揚げ麺はあまり好きではないのですが、この麺はずっしり感とちょっと感じる甘みがおいしいですね。

「スーパーカップ」シリーズとしてはまずまずの量の豆腐を中心とした具の構成



具は「滑らかな食感の豆腐をメインに程良く味付けした肉そぼろ、彩りの良いねぎと唐辛子を加えて仕上げ」たとのこと。カップの大きさに比して具の量は少ないですが、具があまり充実していない「スーパーカップ」シリーズとしては多い部類の具の量かと思います。

麻婆豆腐の主役である豆腐は細かいカットではあるものの、量はそれなりに入っています。欲を言えばもっとたくさん入っていて欲しいし、もっと大きい方が良かったですが、200円ちょっとで買える大盛カップ麺の具としては十分ではないでしょうか。やわらかい豆腐で、口の中で味わうとしっかり豆腐の味を感じられます。

豆腐の他には、肉そぼろ、ねぎ、唐辛子が入っていますが、どれも量はそれほど多くはなかったものの、麻婆豆腐らしさは表現できていたように思います。

オススメ度(標準は3です)

★★★★☆☆☆☆☆☆(4)
「バーミヤン」初のカップ麺化となった今回の商品でしたが、辛さやシビレに物足りなさはあるものの、花椒の香りが広がる大人の味のスープで、しっかり麻婆豆腐の味のスープに仕上がっていました。しっかりおいしい一杯です。今後も「バーミヤン」のカップ麺が出続けるなら、ぜひとも「油淋鶏」をカップ麺化してもらいたいです。私の中ではバーミヤンの代表メニューなので期待しています。

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加