「日清のどん兵衛」の「リッチ」シリーズ第1弾商品は「くり~み~リッチ カレーうどん」

今回のカップ麺は、日清食品の「日清のどん兵衛 くり~み~リッチ カレーうどん」。2018年9月3日発売の、「日清のどん兵衛」シリーズの新商品です。「濃厚なつゆにこだわった "リッチ" シリーズの第1弾」とのことで、今後もリッチなつゆのどん兵衛がどんどん出てくるんでしょうね。

通常の「どん兵衛」シリーズはどんぶり型の商品ですが、今回はタテ型で価格も25円高いです。これまでにもどん兵衛では「創作系うどん」としてタテ型商品が発売されており、「日清のどん兵衛 ギョーザラブうどん」、「日清のどん兵衛 カルボナーラうどん」、「日清のどん兵衛 明太子クリームうどん」、「日清のどん兵衛 グリーンカレーうどん」の4つの商品が出ていまいた。昨年10月に出てからは「創作系うどん」の発売がありませんでしたが、「創作系うどん」はおそらくこの「リッチ」シリーズに引き継がれたものと思われます。

どん兵衛「リッチ」シリーズの第1弾商品は、「くり~み~リッチ カレーうどん」。「創作系」の時とは異なり、カレーうどんという正統派な味となっています。カレーうどんにクリームが入ることは珍しいことではなく、「創作系」とは打って変わって王道路線ですね。王道「リッチ」シリーズのどん兵衛は果たしてどんな味なのでしょうか。



商品概要



どん兵衛「創作系うどん」シリーズと同様、粉末スープが大量に入っています。さすが「リッチ」ですね。これはかなり濃厚な味が期待できそうです。具は大物はありませんが、きざみ揚げが結構たくさん入っています。

品名:日清のどん兵衛 くり~み~リッチ カレーうどん
メーカー:日清食品
発売日:2018年9月3日(月)
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:なし
定価:税別205円
取得価格:税込216円(ローソン)


栄養成分表

1食98g(めん70g)あたり
エネルギー:438kcal(めん・かやく346kcal スープ92kcal)
たん白質:7.8g
脂質:18.8g
炭水化物:59.5g
食塩相当量:7.1g(めん・かやく2.5g スープ4.6g)
ビタミンB1:0.30mg
ビタミンB2:0.38mg
カルシウム:143mg



重厚なクリーム感で、カレーや魚介の味としっかり共存しているリッチなつゆ

つゆは「和風だしをきかせた、とろみのあるカレーつゆ」で、「リッチなクリーミーさが特長」とのこと。クリーム感の強い甘い味のカレーつゆです。

カレーの味はスパイス感がそれほど強くなく、辛さもまったくありません。日清商品のカレーはスパイスが強いものが多いので、この味はそれらとはだいぶ違う印象です。クリーミーでとろみがあり、自然な甘みがついているのが大きな特徴で、まろやかなカレー味に仕上がっていました。

「リッチ」の方向性として、カレー部分を深化させるのではなく、クリーミーな味に深みを持たせており、人の好みは千差万別ではあっても、ある程度誰でもおいしいと思える味のように感じました。不自然についている甘みではなく、重厚なクリーム感にともなった甘さに感じられるため、とても自然な印象。甘みを含めた重厚なクリーム感に加え、魚介の味もしっかり効いており、カレー、クリーム、魚介がしっかり共存できているところもポイントが高いように思います。



通常「どん兵衛」よりひとまわり太い油揚げ麺のうどん

麺は「どん兵衛ならではの、もっちりとしたつるみのあるうどん」とのこと。平打ちの油揚げ麺のうどんで、通常のどん兵衛の麺に比べると厚みがあります。

「リッチ」の濃いつゆにあわせて、麺もひと回り太く、重い食感になっています。濃厚なつゆとよくマッチていて、つゆと麺のバランスはよく取れています。お店で食べるカレーうどんも太い麺のものが多く、カレーうどんに太い麺の組み合わせはとても自然な印象でした。

麺量は70gで、通常のどん兵衛に比べるとちょっとだけ少ないです。カップの大きさを考えるとすごく少ないように見るのですが、実際のところは大きな差はないです。味によっては通常サイズの方が少ない場合もあります。食べ応えも普通サイズで大丈夫な方なら問題ない量です。

フライドオニオンがスープの味にアクセントを加えている

具は「フライドオニオン、ネギ、ニンジン、きざみあげ」とのこと。見た目にはきざみ揚げがかなり目立っています。

きざみ揚げは、通常商品の大判のお揚げに比べると量は少ないものの、結構しっかり入っています。カレー味のつゆが染み込むと重量感が増し、良い感じに存在感が増します。ネギも結構たくさん入っていて、きざみ揚げとともに和風な雰囲気を醸し出していました。

味ではフライドオニオンがきざみ揚げ以上に目立っており、玉ねぎ特有の風味が強力なアクセントになっています。見た目はそれほど目立ってないんですけどね。底に沈んでいます。フライドオニオンはカレー味や魚介味とも相性が良く、これの存在によって単なるクリーミーなカレーつゆではない広がりのある味になっているように感じました。

オススメ度(標準は3です)

★★★★★☆☆☆☆☆(5)
「日清のどん兵衛」の「リッチ」シリーズ第1弾商品でしたが、重厚なクリーム感が大きな特徴の甘みのあるカレーつゆで、魚介の味とフライドオニオンの風味がアクセントを加えており、なかなか食べ応えのあるカレーうどんに仕上がっていました。これは確かにリッチです。まろやかな味は安定感があり、通常の「どん兵衛カレーうどん」とはひと味もふた味も違うまったり味でおいしかったです。

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加