「コーン味噌ラーメン」と「コク豚骨ラーメン」を組み合わせた「味噌豚骨ラーメン」

今回のカップ麺は、東洋水産の「マルちゃん ごつ盛り 味噌豚骨ラーメン」。2018年8月27日発売の、「ごつ盛り」シリーズの新商品です。「Halloween Magic!」をテーマに、「ごつ盛り ワンタン塩ラーメン」と同時発売された商品です。

「ごつ盛り」シリーズの人気フレーバーを組み合わせた「Halloween Magic!」がテーマの商品で、今回の「味噌豚骨ラーメン」は、「ごつ盛り コーン味噌ラーメン」と「ごつ盛り コク豚骨ラーメン」を組み合わせたもの。もともと「ごつ盛り コーン味噌ラーメン」はとんこつベースのスープなので、そのスープにさらに「コク豚骨ラーメン」のエッセンスが加わるとどんなことになるのか、楽しみな一杯です。具には「コーン味噌ラーメン」のものが使用されているそうです。

「ごつ盛り コーン味噌ラーメン」については、このブログでは「【カップ麺対決食べ比べ】 日清デカブト VS マルちゃんごつ盛り 味噌味編」の記事内において、当時の日清食品のオープン価格大盛カップ麺シリーズだった「日清デカブト」と対決し、見事勝利しています。敢えて合体させなくても「コーン味噌ラーメン」はそれだけで十分おいしいんですよね。そんなわけで、「コーン味噌ラーメン」と「コク豚骨ラーメン」が合体するとどうなるのか、しっかり食べてみたいと思います。



商品概要



品名:マルちゃん ごつ盛り 味噌豚骨ラーメン
メーカー:東洋水産
発売日:2018年8月27日(月)
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:2袋(液体スープ・粉末スープ)
定価:オープン価格
取得価格:税込108円(セイコーマート)


栄養成分表

1食127g(めん90g)あたり
エネルギー:572kcal(めん・かやく470kcal スープ102kcal)
たん白質:12.2g
脂質:30.4g
炭水化物:62.3g
食塩相当量:6.5g(めん・かやく1.8g スープ4.7g)
ビタミンB1:1.78mg
ビタミンB2:0.32mg
カルシウム:267mg



「コーン味噌ラーメン」のスープに「コク豚骨ラーメン」のまろやかさが加わったスープ

スープは「ポークの旨味をベースに、ガーリックとごま油で味を調えた、コクのある味噌豚骨スープ」とのこと。「コーン味噌ラーメン」と「コク豚骨ラーメン」のスープの合体ですが、とんこつベースのみそ味スープという印象で、基本的にはみそラーメン説いて問題ないのではないかと思います。

少し甘みを感じるとんこつのベースに、ごま油の香ばしさとともにガッチリと輪郭のはっきりしたみそ味が加わります。とんこつとガーリックでガツンとした味の「コーン味噌ラーメン」に比べるとパンチは弱く、合わさる「コク豚骨ラーメン」のスープによって甘みやクリーミーさの強調されたみそ味に仕上がっています。なるほどなるほどそうきましたか。札幌ラーメンなどパンチの効いたこってりみそラーメンの必須要件となっているとんこつですが、とんこつでパンチを効かせるのではなく、まろやかな方向へシフトさせていました。

「コーン味噌ラーメン」に「コク豚骨ラーメン」を加えることで、クリーミーでまろやかになった反面、こってり感や力強さはもともとの「コーン味噌ラーメン」よりちょっと弱くなったように感じました。好みは人それぞれかと思いますが、「コーン味噌ラーメン」の良さは半減してしまったように思われ、かと言ってクリーミーさが主役を張るほど前面に強く出て主張してくるわけでもなく、「コーン味噌ラーメン」と「コク豚骨ラーメン」の両者の特徴を中途半端に受け継いでしまった印象を受けました。あくまで2つのフレーバーの組み合わせなので中途半端なのは当然といえば当然なのですが、2つ組み合わせて「Halloween Magic!」を表現できたかどうかは微妙なところです。



細めで味のついた、スープと馴染みの良い油揚げ麺

麺は「なめらかで歯切れの良い弾力のある麺」で、「オニオンとガーリックでスープとの相性を良くし」たとのこと。スープと馴染みやすい中細の油揚げ麺で、多少の違いはあるのかもしれませんが、「コーン味噌ラーメン」を含む他の「ごつ盛り」シリーズのラーメンと概ね共通の麺のように感じます。

大盛カップ麺としては細めの麺で、麺につけられている味も相まり、スープととても馴染みやすい麺であることが大きな特徴です。価格帯が上の大盛シリーズ商品である「でかまる」や、エースコックの「スーパーカップ」シリーズの「カドメン」といった主張の強い麺とは大きく異なる部分です。

今回はスープを「コーン味噌ラーメン」よりもまろやかクリーミー方面に振っていますが、多少おとなしく感じるスープが相手でも麺が強く主張することがないため、しっかり馴染んでいました。なかなかの万能麺ぶりを発揮しています。

具は「コーン味噌ラーメン」と共通の組み合わせ

具は「コーン、味付鶏挽肉、ねぎ」とのこと。「コーン味噌ラーメン」と同じく、コーンが目立っています。

「コク豚骨ラーメン」に入っているキクラゲやゴマではなく、「コーン味噌ラーメン」で使われているコーンを主役に据えているため、スープと同じく具でもとんこつよりみそラーメンとしてのイメージが強いです。もっと上の価格帯の大盛商品と比較しちゃうと物足りない具なのは間違いないものの、他のオープン価格の大盛商品と比較するなら、コーンの量が多く十分に勝るボリュームです。コーンの甘みはみそ味のスープと相性が良く、また、鶏挽肉自体はそれほど存在感はないものの、鶏挽肉がスープと一緒に口に入ることで、こってり感が底上げされているように感じました。

オススメ度(標準は3です)

★★★★☆☆☆☆☆☆(4)
「ごつ盛り」シリーズの人気フレーバーである「ごつ盛り コーン味噌ラーメン」と「ごつ盛り コク豚骨ラーメン」のスープを組み合わせた「味噌豚骨ラーメン」でしたが、基本的には「コーン味噌ラーメン」の味わいと具を継承しつつ、まろやかクリーミーな方向にとんこつを効かせた一杯でした。「コーン味噌ラーメン」のハッキリした味の輪郭が多少緩み、多少中途半端な印象を持ちましたが、僚車を組み合わせたことがしっかりわかる味でした。みそラーメンとしては「コーン味噌ラーメン」が上だと思いますが、たまに食べる変わり種としては今回の一杯も悪くないのではないかと思います。

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加