「ジャンバラヤ」をカップ焼そばで再現した商品

今回のカップ麺は、明星食品の「明星 一平ちゃん夜店の焼そば 大盛 ジャンバラヤ味」。2018年8月27日発売の、「明星一平ちゃん 夜店の焼そば」シリーズの新商品です。ファミレスの人気メニュー「ジャンバラヤ」をカップ焼そばで再現したとのこと。

ジャンバラヤ」とは、アメリカ南部ルイジアナのケイジャン料理のひとつで、スペイン料理のパエリアを起源とする、ケイジャンスパイスの効いた炊き込みごはんです。今回、ファミレスのメニューをカップ焼そばで再現したとのことですが、私はファミレスのジャンバラヤといえば真っ先に「デニーズ」を思い浮かべます。もうだいぶ前に販売を終了してしまっていますが、おそらくファミレスでは最初のジャンバラヤなのではないかと思います。初めて食べた時は、口に入れた時にすぐ感じるスパイスの苦みに、本格的だといたく感動した覚えがあります。今現在ではジャンバラヤは「ココス」の主力メニューのひとつで、今回の商品はおそらく「ココス」を念頭に置いたものと思われますが、私の中ではジャンバラヤと言えばデニーズ、いやむしろデニーズと言えばジャンバラヤなんですよね。私と同世代くらいならそう思ってる人は多いはず。

さて、ごはん料理をカップ焼そばで再現した今回の商品ですが、きっと本当はケイジャン料理の中にはジャンバラヤ的な味付けの麺料理もあるんだろうなぁと思いつつ、どんな味のカップ焼そばになっているのか楽しみです。インパクトのある商品なので、発売を楽しみにしていた、もしくは店頭で見てすぐ手に取った方も多いのではないでしょうか。



商品概要



品名:明星 一平ちゃん夜店の焼そば 大盛 ジャンバラヤ味
メーカー:明星食品
発売日:2018年8月27日(月)
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:3袋(液体ソース・ふりかけ・ホットチリペースト)
定価:税別205円
取得価格:税別216円(ローソン)

栄養成分表

1食163g(めん130g)あたり
エネルギー:684kcal
たん白質:10.2g
脂質:25.6g
炭水化物:103.2g
食塩相当量:7.3g
ビタミンB1:0.54mg
ビタミンB2:0.36mg
カルシウム:238mg



重層的なスパイス感のあるジャンバラヤ味のソースだが、辛味はそれほど強くない

ソースは「トマトペーストにガーリック、オニオン、ビーフエキスを加え、香辛料 (パプリカ、クミン、ペッパー) とセロリで特徴を付けたタレと、ビーフオイル、ガーリック、ソーセージ風味を付けたオイルを合わせた液体ソース」に、「赤唐辛子と青唐辛子をベースに酸味を加えた、刺激的な一平ちゃん夜店の焼そば特製ホットチリペースト」と「ジャンバラヤをイメージした香辛料のパプリカ、クミン、オレガノ、タイム、チリと彩りでアオサを組み合わせ」たふりかけが別添とのこと。

ベースとなっているソースはトマト味で、トマトらしい酸味がしっかり感じられます。入っている香辛料がカレーにも入っているものが多いため、カレーのような風味が広がります。トマトの酸味とカレーのような味のソースです。他にもいろいろな味を感じられ、別添ペーストやふりかけを抜きにしてもなかなか奥深い重層的な味を楽しむことができます。スパイス感は強いものの辛さ自体はせいぜいピリ辛程度で、そんなに辛くはありません。



こちらは別添の「ホットチリペースト」。唐辛子の風味と酸味を強く感じるペーストです。デニーズでもペーストありました。「赤唐辛子と青唐辛子」の入ったペーストなのでどれだけ辛いのかと身構えましたが、こちらもソースと同様にピリ辛程度で、それほど辛くはありません。唐辛子の風味と酸味がソースとは別物で、味にアクセントを加えています。ただやっぱりもうちょっと辛い方が雰囲気が出て良かったのではないかと思います。



スパイスとあおさの入った「ふりかけ」。こちらはソースに使われているスパイスと同系統の味となっていますが、ソースよりも直接的に舌に刺激を加えてきて、昔デニーズで食べたような、ほろ苦さをしっかり感じることができました。このスパイスが最もデニーズのジャンバラヤらしさを再現できていたように思います。ソースのみでも感じた重層的な味わいが、スパイスによりいっそう強化されていました。ただやっぱりそんなに辛くはないです。ソース、ペースト、ふりかけをあわせて何とかピリ辛の域をちょっと出るかな程度だと思います。



食べ応えのある130gの太い油揚げ麺

麺は「もっちりして食べ応えがある太麺」とのこと。油そば商品で使われていそうな、太くて存在感のある油揚げ麺で、なかなかゴツいです。

縮れのついた太い油揚げ麺で、通常の「一平ちゃん夜店の焼そば」に比べるとふたまわりくらい太い麺となっています。ただ、今回のソースはスパイスが強く効いて主張が強いため、ソースと麺のバランスは良好です。スパイスをまとった太麺はかなり食べ応えがありました。特に別添のふりかけがしっかり麺に吸着し、太麺の割にはソースの味と麺の一体感が強かったです。

麺量は130gで、汁なしの大盛商品としては一般的な量で、かなり食べ応えがあります。スパイスをまとうことでかなり食べ応えが増す印象で、なんだか普通の大盛商品よりも量が多いように感じました。辛い場合はなかなか食べ進められずに量が多いと感じることは多々あるのですが、今回はそれほど辛いわけではなかったのに食べ応えの強さを感じました。なんかうまく表現できてなくてすいません。

具はキャベツのみだが量は多い

具は「彩りがよく、食感のアクセントになるキャベツ」とのこと。

具はキャベツのみですが、ソースのところで触れたふりかけが入っていて、そのふりかけと合わせるとそれほど具に不足感はありませんでした。キャベツは結構多めに入っていて、さすがに100円程度で売られているPB商品やオープン価格の商品などとはちょっと違う印象です。スパイスの強い味の中で、キャベツの甘味は清涼剤的なポジションに収まっていたように思います。

オススメ度(標準は3です)

★★★★☆☆☆☆☆☆(4)
ファミレスの人気メニューである「ジャンバラヤ」を再現したカップ焼そばでしたが、ソースとふりかけの重層的なスパイス感はなかなか食べ応えがあり、特にふりかけのスパイスに感じたほろ苦さは、昔食べたデニーズのジャンバラヤを思わせるものがありました。ただ、重厚なスパイス感の割には辛味はそれほど強くなかったため、もうちょっと辛くても良かったのかなとは思いました。食べ応えのある良品だと思います。

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加