あの「辛辛魚」の姉妹商品「辛辛豚」がファミマ限定で登場!!

今回のカップ麺は、寿がきや食品の「スパイシー辛辛豚らーめん」。製造は加ト吉水産。2018年8月28日発売の、ファミリーマートサークルKサンクス限定の新商品です。寿がきや食品の年に1回のお楽しみ、あのカップ麺のロングセラーにして名作中の名作、「麺処井の庄監修 辛辛魚らーめん」の姉妹商品です。



あの「辛辛魚」の「麺屋井の庄」と、その「麺屋井の庄」出身の店主が開いた南阿佐ヶ谷のラーメン店「麺処一笑」によるコラボ商品で、「辛辛魚」と、「一笑」の基本メニューである「濃厚トンコツ」の合体のようです。「合体」・・・また、1万年と2千年前からとか、今回はやりませんよ!「麺処一笑」のとんこつスープをメインに据え、今回は「辛辛魚」ではなく「辛辛豚」とのこと。「辛辛魚」はただ辛いだけではなく魚粉が強く効いているからこそおいしい一杯で、それが「豚」に置き換わることで、二匹目のドジョウが果たして存在しているのかどうか注目です。

ただ普通に考えると、「辛辛魚」では、主張の強い魚介だからこそ激辛と張り合えるのであり、これがとんこつになってしまうと辛さの前に一方的に押しやられてしまうのではないかと想像してしまいます。「魚」を「とんこつ」に置き換えるのはなかなか難しいのではないかと。しかし今回の商品、「辛辛魚」の金看板を完全に背負っての登場ですから、これがコケると「辛辛魚」のイメージの低下にもつながり、メーカーとしては軽々しくそんな商品を出してくるとも思えません。なので、とんこつで本当に大丈夫か?という不安半分と、メーカーへの信頼で期待半分といったところです。

それでは「麺処井の庄」と「麺処一笑」による「辛辛魚」の姉妹カップ麺、しっかり食べてみたいと思います。



商品概要



品名:スパイシー辛辛豚らーめん
メーカー:寿がきや食品(ファミリーマート限定商品)
発売日:2018年8月28日(火)
麺種別:ノンフライ麺
かやく・スープ:3袋(液体スープ・粉末スープ・後入れかやく入粉末スープ)
定価:税込278円
取得価格:税込278円(ファミリーマート)

栄養成分表

1食133g(めん75g)あたり
エネルギー:508kcal(めん・かやく298kcal スープ210kcal)
たん白質:13.4g
脂質:20.3g
炭水化物:67.7g
食塩相当量:6.8g(めん・かやく2.5g スープ4.3g)
カルシウム:585mg



激辛やパセリの強い香りに負けない太いとんこつスープ

スープは「こってり濃厚な豚骨ベースにスパイスを加えた、辛さと痺れが特徴の激辛」とのこと。太いとんこつベースで、辛味とともに多種のスパイスが加わったスープです。

ベースとなっているとんこつスープは、とんこつ臭を感じるような本格感はないですが香ばしさがあり、とんこつの他に入っている豚脂や鶏系の味と相まって、非常に濃厚で香りの強いスープに仕上がっています。とんこつ臭はなくてもかなり主張の強い味になっており、とにかく強い濃厚感が大きな特徴です。そしてスパイスが入る別添の「かやく入粉末スープ」を抜きにしても唐辛子で辛く仕上げられており、スープだけでも結構辛いです。



粉末のスパイスがスープに混ざると、一気に辛味と香りが増していきます。スパイスには唐辛子が入っており、辛さは激辛クラス。「辛辛魚」ほど辛くはないものの、激辛の下のラインにギリギリ乗っている感じです。そして辛味だけではなく、ガーリックやパセリの香りも加わり、特にパセリがかなり主張していました。とんこつで辛いスープというだけではなく、パセリによってちょっと洋風な雰囲気も醸し出し、濃厚なとんこつスープがちょっとクリームみたいにも思えてきます。

辛味が強く、パセリの香りも強く感じるにもかかわらず、濃厚なとんこつの太さや香ばしさが失われず、見事にマッチングできていました。このあたりは、辛味と魚介の強さがしっかりマッチしている「辛辛魚」譲りなのではないかと思います。とてもよくできています。正直食べる前は、二匹目のドジョウなんていないだろう、さすがにとんこつスープでは「辛辛魚」の「魚介」ほどのインパクトはないだろうと踏んでいましたが、今回のとんこつの主張はお見事で、「辛辛魚」の「魚介」に決して引けを取るものではなかったです。思ってた以上にすごいスープでした。おいしいです。



「辛辛魚」よりひとまわり太い、太い丸麺を使用



麺はモチモチ感のある、切り口が丸くて太いノンフライ麺です。「辛辛魚」の麺は全粒粉入りで縮れの強い中太麺でしたが、今回の麺は全粒粉は入っておらず、そしてひと回り太くて存在感の強い麺でした。「麺処一笑」の麺が今回の麺と似ている形状なので、そちらに合わせた麺かと思われます。

とんこつとしては太くて香ばしさのあるスープで、また辛味やパセリの香りもあって主張の強いスープなので、今回の太い麺がバランス的にとてもよくマッチしています。丸麺で口当たりがやわらかいため、とんこつスープの丸い甘みの部分とのマッチングも良く、スープと麺の相性はとても素晴らしかったです。寿がきや商品ではあまり見かけたことのない麺なので、今回の商品のために作られた麺かもしれませんね。

スパイスの中に入っている具の中ではパセリの主張が強い



具は、フライドオニオン、唐辛子、フライドガーリック、ローストネギ、ねぎ、パセリで、いずれもスパイスの一部として入っています。

スープのところで触れたとおり、パセリの存在感がとても強く、強い香りを放っていました。また、ローストネギやフライドオニオンも、口に入った時にはそれとしっかり感じられる味でした。全体的に細かいので、「辛辛魚」同様、具はほとんど入っていないような状態ではあるものの、他の部分での主張が強すぎて、具の少なさはあまり気になりませんでした。

オススメ度(標準は3です)

★★★★★★★☆☆☆(7)
麺処井の庄」と「麺処一笑」のコラボによる、あの「辛辛魚」の姉妹カップ麺「辛辛豚」でしたが、「辛辛魚」ほどではないものの、辛味の強い味の中で、太く、香ばしく、甘く、とんこつスープにしっかり存在感があり、「辛辛魚」の「魚」に負けない威力を感じました。正直、名作「辛辛魚」の名を落とさないか心配する気持ちもありましたが、それは杞憂に終わり、「辛辛魚」に勝るとも劣らないデキにある一杯と言えると思います。私はこんなブログをやっているため人一倍健康には気を使い、炭水化物過多にならないようにスープにごはんを入れるのは控えているのですが、今回は想像以上においしいスープだったので、危うくその禁を破るところでした。いやー危ない危ない。自分の意志が強くて本当助かりました。













・・・・・無理に決まってるじゃないですか。ごはんを入れるとパセリの風味がリゾットっぽさを醸し出し、麺に負けずにおいしかったです。健康に気を使っているご覧の皆様は真似しちゃいけませんよ!!

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加