青森のご当地ラーメン「津軽煮干しラーメン」を再現したカップ麺

今回のカップ麺は、東洋水産の「マルちゃん 日本うまいもん 青森津軽煮干しラーメン 激にぼ」。2018年6月11日にリニューアル発売された「日本うまいもん」シリーズの商品です。リニューアル発売から時間が経過してしまいましたが、発売中の現行商品なので食べてみたいと思います。「日本うまいもん」シリーズの現行品には、この商品の他に「旭川正油ラーメン」やタテ型の「吉田のうどん」、東北限定の「青森味噌カレーミルクラーメン」があります。

青森県にはいくつか特徴のあるラーメンが存在し、今回の「津軽煮干しラーメン」は青森市を含む広義の津軽地方で食べられているラーメンです。煮干しの効いたスープが特徴で、味はしょうゆ、しお、みそといろいろあるようです。今回のカップ麺はしょうゆ味です。青森県には他にも青森市の「味噌カレー牛乳ラーメン」や、五所川原市の「しじみラーメン」という特徴的なラーメンがあります。前者はカップ麺で、後者は桃鉄のお店でも有名ですよね。

このブログではこの商品を2014年4月にも1度食べているので、今回約4年ぶりの再会となります。当時は今ほど煮干しのカップ麺が浸透していなかったですが、今では有力な味のひとつになっています。今回の一杯は果たしてどんな味なのでしょうか。



商品概要



品名:マルちゃん 日本うまいもん 青森津軽煮干しラーメン 激にぼ
メーカー:東洋水産
発売日:2018年6月11日(月)
麺種別:ノンフライ麺
かやく・スープ:3袋(液体スープ・粉末スープ・かやく)
定価:税別240円
取得価格:税込259円(イオン)

栄養成分表

1食110g(めん70g)あたり
エネルギー:357kcal(めん・かやく257kcal スープ100kcal)
たん白質:10.0g
脂質:8.6g
炭水化物:59.8g
食塩相当量:7.5g(めん・かやく1.6g スープ5.9g)
ビタミンB1:0.25mg
ビタミンB2:0.29mg
カルシウム:206mg



「極にぼ」というには少しおとなしく感じる煮干しのスープ

スープは「ポークをベースに煮干しの旨味を利かせた、濃厚煮干しスープ」で、「オイルにも煮干しの風味を利かせ、インパクトを出し」たとのこと。しょうゆ味のベースに煮干しを効かせたスープです。

しょうゆ味はあっさりめで、しょうゆの香りも強くは漂ってきません。主役は煮干しで、粉末・液体両スープで煮干しを効かせています。「津軽煮干しラーメン」は、あっさり煮干しの「王道系」と、煮干しの味を前面に押し出した「濃厚煮干し系」に分類され、今回のスープは「濃厚煮干し系」の味を再現したとのことですが、カップ麺でも最近は濃厚な煮干しのスープが多いため、それらに比べて今回のスープが別段煮干しが濃厚だという印象は持ちませんでした。明らかに煮干しの味は感じるけれど、ガツンとくる味ではありません。最近食べたカップ麺でも「MEGAニボ」に比べてかなりおとなしく、同じ東洋水産の「マルちゃん 中華そば しば田 煮干しそば」と比べても多少弱いように思います。

津軽煮干しラーメンの有名店のひとつである「長尾中華そば」には「ごくにぼ」というメニューがあり、おそらく今回の商品名の「激にぼ」もそこからとっているものと思われますが、お店のラーメンの煮干しはもっと濃そうなので、今回のスープももうちょっと煮干しが強くても良いのかなと思います。今回のスープはこれはこれでやわらかい煮干しの味で、じわじわくるおいしさなのは間違いないですが、商品名に「激にぼ」と入るからには、次のリニューアルでは他のカップ麺に負けない激しい煮干しの味を期待したいです。



低加水でストレート形状に近いノンフライ麺

麺は「なめらかな口当たりとコシをあわせ持つノンフライ麺」とのこと。中細で縮れの小さいノンフライ麺です。

東洋水産のノンフライ麺といえば「正麺カップ」シリーズの中太の多加水麺を思い浮かべますが、今回の麺はそれに比べて細めで且つ低加水のしっとりした食感となっています。低加水なので中華そばらしい雰囲気が出ており、スープとの相性もかなり良かったです。以前2014年に食べたときの「極にぼ」はもっと縮れが強かったですが、今回はストレートに近い形状に変化しており、よりお店の麺に近くなっていました。

2014年当時に比べて、低加水でしっとりした食感で、ストレートに近い形状となり、麺には進化が窺えます。以前だと東洋水産のノンフライ麺は総じて縮れ麺だったのが、最近はストレートに近い形状のものも出てきていて、変化に富んできています。多加水麺一辺倒じゃないものも良いですね。今後も色んなタイプの麺で楽しませて欲しいです。

価格を考えると具は弱い

具は「チャーシュー、メンマ、ねぎ」とのこと。定価税別259円の商品と考えると、具はちょっと弱いです。

チャーシューはそこそこの大きさではあるものの、脂身がなく、肉感にもやや欠ける印象で、味付けはうすめです。東洋水産の乾燥チャーシューはこういうタイプが多いですね。もうちょっとジューシーな方が存在感が出そうです。

他にはメンマとネギが入っていますが、どちらもカップの大きさに比して量は少ないです。具については前に食べた2014年時点と大差がなかったです。

オススメ度(標準は3です)

★★★★★☆☆☆☆☆(5)
昨今のカップ麺の煮干しラーメンに比べると煮干しがガツンとくる感じではなかったですが、あっさりしたしょうゆ味の中でじわじわくる煮干しの味で、これはこれでおいしいです。また、低加水の中細麺との相性も良かったです。次回リニューアル時にはさらに強い煮干しに期待したいです。

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加