これまで地味な印象だった「中華風」のカップ焼そば

今回のカップ麺は、東洋水産の「マルちゃん 昔ながらの中華風ソース焼そば」。2018年7月23日発売の、「昔ながらのソース焼そば」シリーズの新商品です。発売1週遅れですが食べてみたいと思います。

私の周辺では、発売週にどこの店にも置いておらず諦めていましたが、翌週になってドンキで見つけて購入、その後にスーパーでも見かけるようになりました。ドンキではかなりディスカウントされて売られており、初動の売れ行きが良くなくて卸値を下げたのかなと勘ぐってしまいましたが実際どうなんでしょうか。

「中華風」のカップ焼そばは今までにも「UFO」や「やき弁」、「ペヤング」などからも発売されてきましたが、ソース焼そばに比べるとどうにも地味な印象で、私なんかはあまり食指が動きません。「餃子の王将」の東日本のメニューでは焼そばの味に「ソース」と「醤油」がありますが、中華風な「醤油」よりもついつい「ソース」を選んでしまいます。王将の場合、「ソース」でも結構中華っぽくて、ちょっと高額な「極王焼そば」だとソース焼そばのイメージに近くなります。焼そばはどうしても中華のイメージよりもお祭りの屋台とかお好み焼きと同じ鉄板で調理されるソース焼そばのイメージが強いんですよね。

今まで出てきた「中華風」のカップ焼そばも総じて地味な味で、カップ麺らしくもっと極端に中華っぽくする方が面白いのになと感じたことが多かったように思います。今回の商品では、わかりやすく「中華風」を表現してくれることに期待したいです。



商品概要



品名:マルちゃん 昔ながらの中華風ソース焼そば
メーカー:東洋水産
発売日:2018年7月23日(月)
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:2袋(液体ソース・かやく)
定価:税別180円
取得価格:税別70円(ドン・キホーテ)

栄養成分表

1食112g(めん90g)あたり
エネルギー:493kcal
たん白質:9.0g
脂質:21.8g
炭水化物:65.2g
食塩相当量:3.9g
ビタミンB1:0.42mg
ビタミンB2:0.44mg
カルシウム:202mg



オイスターソースとごま油でしっかり中華風に仕上がったソース

ソースは「オイスターソースと醤油をベースに、炒めた野菜の風味とごま油の香りを利かせた、中華風の焼そばソース」とのこと。しょうゆベースのソースで、オイスターソースが強めに効いています。

オイスターソースとともにごま油が香り、なかなか風味の豊かなソースとなっています。派手さはないですが、ごま油の存在によって、今までの「中華風」カップ焼そばに比べてかなりわかりやすく中華っぽい味に仕上がっています。なるほど今までの商品に足りなかったのはごま油でしたか。これだけわかりやすい味なら、「ソース」や「しお」と明らかに差別化が可能なため、カップ焼そばの第3極として成立しうるように感じます。

しょうゆは味と香りも控えめでそれほど前に出てきません。塩けが前に出てこないため、オイスターソースやごま油はもちろん、野菜の甘みや風味もしっかり感じ取ることができました。中華風焼そばにとってたっぷりな野菜の味は欠かせないところなので、塩辛さが前に出てこないことのメリットを強く感じました。



「つやもち麺」はオイスターソースとごま油の強いソースとマッチしていた

麺は「なめらかでモチモチとした食感の麺」で、「しっかり食べごたえがあ」るとのこと。弾力強めの中太油揚げ麺で、「昔ながらのソース焼そば」や「焼そばバゴォーン」の特徴である「つやもち麺」を使用しています。

カップ焼そばで使用される油揚げ麺としては弾力が強めで、言われてみると確かに表面につやのある麺です。これはなかなか主張の強い麺ですが、太さほど油揚げ麺臭は強くありません。今回ソースに使われているオイスターソースやごま油の存在感が大きいため、今回のような弾力ある麺でもしっかりバランスが取れていました。

つやもち麺」は2011年辺りから使用され始めた麺のようですが、実は私、今回の麺を食べて今まで食べたことのない食感だなぁと感じまして、ブログを辿ってみたところ、確かに2011年以降に「昔ながらのソース焼そば」や「焼そばバゴォーン」を食べていないことがわかりました。こんな毎日カップ麺食べてブログ書いているくせに、7年以上前からある「つやもち麺」を今回初めて食べるという、カップ麺ブロガーとしてはちょっと失格な事態になっていました。リニューアル商品でも油断しないで、手を広げていろいろ食べないといけないですね。

挽肉とキャベツは標準的だが、中華焼そばらしくニラが入っている

具は「味付挽肉、キャベツ、ニラ」とのこと。カップ焼そばとしては標準的な具のボリュームかと思います。

味付挽肉とキャベツは普通のカップ焼そばにもよく使われている具で、量も標準的。中華風焼そばとしてニラが最も特徴的な具で、ニラの風味もそれなりに出ていました。これにもやしが加わるとさらに中華焼そばっぽくなったかなと思いますが、今回は入っていませんでした。

オススメ度(標準は3です)

★★★★☆☆☆☆☆☆(4)
カップ焼そばの味としては地味な印象を抱いていた「中華風焼そば」ですが、今回のソースはオイスターソースとごま油が強く効いており、しっかり中華焼そばらしく仕上がっていました。特にごま油の存在が大きかったように思います。また、しょうゆの塩辛さが前に出てこないため、オイスターソースやごま油とともに野菜の味を感じ取ることができたのも良かったです。派手さはないですがおいしい一杯でした。

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加