「回鍋肉」と「大盛」は相性が良さそう

今回のカップ麺は、東洋水産の「マルちゃん でかまる 回鍋肉風旨辛味噌ラーメン」。2018年7月23日発売の、東洋水産の大盛商品の定番「マルちゃん でかまる」シリーズの新商品です。今回は中華料理の王道「回鍋肉」の味を再現したカップ麺です。

つい先日、このブログでは「ペヤング 回鍋肉風やきそば」をレポしたばかりですが、回鍋肉としての再現性はイマイチだったように感じました。今回は東洋水産の大盛カップ麺ということで、再現性についてはペヤングより期待できそうな気はしています。回鍋肉のみそと肉の濃い味わいは、「でかまる」シリーズと相性が良いように思えるため、楽しみな一杯です。大盛回鍋肉ってなんと幸せな響きでしょうか。「でかまる」の前商品は「生姜焼き風」で、今回は「回鍋肉風」で続き、ごはんのおかずで攻めてきていますね。素晴らしいことです。

カップ麺とは関係ないですが、私はその昔、まだ分裂する前の「ほっかほか亭」で買えた「回鍋肉弁当」が大好きで、よく食べていました。近所にあった他の弁当屋の「ベスカラ弁」と毎日昼に交互に食べていました。そのうち、弁当ばかりで食生活やばいんじゃないかと思い立って食べるのやめましたが、当時は本当によく食べました。当時は夕食もバイトしてたコンビニの弁当食べてましたからね。飲みに行くか弁当食べてるかの食生活でした。久々にほっかほか亭やほっともっとのメニュー見てみましたが、回鍋肉がないのでちょっとさみしかったです。もう自分が学生だった〇〇年も前の話ですからね。しょうがない。



商品概要



品名:マルちゃん でかまる 回鍋肉風旨辛味噌ラーメン
メーカー:東洋水産
発売日:2018年7月23日(月)
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:3袋(液体スープ・粉末スープ・かやく)
定価:税別205円
取得価格:税込216円(ファミリーマート)

栄養成分表

1食140g(めん90g)あたり
エネルギー:586kcal(めん・かやく455kcal スープ131kcal)
たん白質:11.9g
脂質:25.6g
炭水化物:77.1g
食塩相当量:7.2g(めん・かやく2.5g スープ4.7g)
ビタミンB1:0.39mg
ビタミンB2:0.33mg
カルシウム:224mg



甜麺醤で甘い味に仕上がった「回鍋肉風」のみそ味のスープ

スープは「回鍋肉のタレをイメージし、甜麺醤と豆板醤の風味を利かせた、味噌ベースの甘辛い中華風のスープに、ラードやポークの旨味を加え」たもので、「益都唐辛子入り」とのこと。甜麺醤の強く出た、甘いみそ味のスープです。「益都唐辛子」とは、中国山東省原産の辛みの弱い唐辛子で、色味鮮やかでコクの強い高級種だそうです。益都というのは三国志で有名な益州成都のことではなく、随代に呼ばれた今の山東省青州市あたりの地名のようです。諸葛亮や蔣エンゆかりの唐辛子ではなく、どちらかというと袁紹の香りがしそうな唐辛子です。当時から使われていたのかはわかりません。

甜麺醤を中心とする甘いみそ味に、豆板醤で辛味をつけている構成ですが、「旨辛味噌ラーメン」と言いつつも辛さはほとんど感じず、辛いのが苦手な人でも問題なく食べられる味だと思います。「旨辛味噌」ならもうちょっと辛くても良かったんじゃないですかね。私のイメージする回鍋肉は基本的に昔のほっかほか亭やクックドゥーの味で、それらに比べるとだいぶ甘い味ですが、豚の旨みがベースとして効いているため、豚と甜麺醤の濃い味で回鍋肉らしさは感じられる味となっています。

ベースの豚、特にラードが強く効いており、回鍋肉らしく豚の味がしっかりしていますが、欲を言えばラードを炒めた風味が欲しかったところ。回鍋肉としてはやや炒めた風味が足りないと感じました。札幌みそラーメンのカップ麺ではラードを炒めたような風味が付与されている場合があるので、今回の商品でもそれがあるとよりいっそう回鍋肉らしくなったのではないかと思います。



「でかまる」シリーズのいつものふかふかした油揚げ丸麺

麺は「なめらかでコシのある、太めの丸麺」とのこと。「でかまる」シリーズのいつもの太めの油揚げ丸麺です。ちょっとふかふかした食感が特徴です。

同じ大盛商品の定番でも、「スーパーカップ」シリーズの「カドメン」と比べると軽い食感で、切り口の丸さで口当たりがやわらかい麺となっています。いつも言っている気がしますが、「カドメン」とは好対照の麺だと思います。今回のスープは甜麺醤とガーリックが強く効いた濃い味ですが、麺も太くて存在感があるため、スープと麺の相性は良かったです。

麺量は90gで大盛タイプの一般的な麺量です。焼そば以外の他の「でかまる」シリーズや「スーパーカップ」シリーズとも同じ麺量です。濃い味で麺量も多いため、食べ応えは十分です。前半戦は軽い食感の麺ですが、後半に差し掛かってくるとスープを含んで重量感のある麺になってくるのが面白いところだと感じました。

たくさん入っている豚肉やキャベツとともに、ガーリックチップがかなり強かった

具は「味付豚肉、キャベツ、ガーリックチップ、ねぎ」とのこと。具の量は多めでボリュームがあります。

主力となる具は味付豚肉とキャベツで、どちらも結構たくさん入っています。ともに回鍋肉の特徴的なものであるとともに、カップ麺としてもよく見る具ですが、スープの味に回鍋肉らしさがあったため、豚肉やキャベツも回鍋肉っぽく感じられました。「でかまる」らしく具のボリュームがあり、このあたりは「スーパーカップ」シリーズに対しアドバンテージがあるように感じています。

そして、ガーリックチップが結構たくさん入っていて、ガーリックの強さが今回の一杯の中で最も大きな特徴かもしれません。フタに「にんにくの効いた甘辛い中華スープ」と記載されており、実は回鍋肉らしさよりもガーリックの強さが主題の商品なのかもしれません。。食べている最中は部屋の中がガーリックの匂いでいっぱいになってしまうレベルで、ガーリックチップが口に入ると少し苦みを感じるしっかりした味でした。

オススメ度(標準は3です)

★★★★☆☆☆☆☆☆(4)
甜麺醤で甘く仕上げられたスープは、厚みのある豚の味がベースにあり、しっかり回鍋肉らしさがありましたが、具のガーリックチップが回鍋肉の味よりもさらに目立っている印象でした。結構すごいガーリック臭なので、食べる場所と時間に注意する必要がありそうです。具の豚肉やキャベツも回鍋肉らしさに貢献しており文字通り「回鍋肉風」でしたが、それに勝るガーリックなのが特徴的な一杯でした。

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加