カルディで手に入るサンヨー食品系カップ麺2種

今回のカップ麺は、どちらもカルディコーヒーファームで買えるカルディオリジナルの新商品、「花椒香る 汁なし担担麺」と「沖縄シークヮーサー塩ラーメン」。

かたやカップ麺業界でも一世を風靡する「汁なし担々麺」、かたや「シークヮーサー」使用のしおラーメンで、共通項がカルディオリジナル商品ということだけでなのですが、敢えて他に共通項を探せば、製造を担当としているのが「汁なし担々麺」が太平食品工業、「シークヮーサー」がカナヤ食品で、ともにサンヨー食品のカップ麺を製造するメーカーなので、どちらも広い意味ではカルディで買えるサンヨー食品系のカップ麺ということになります。

外国食品が充実するカルディですが、こうして定期的に他の店では買えない日本メーカーのカップ麺を定期的に出してくれるのはありがたいです。このブログの運営的に、大手の新商品が少なくてネタに困っている時に、藁にもすがる気持ちでカルディに行ってカップ麺が売っていると、もううれしくて涙が出そうになります。カルディ大好きでついつい他のものも買ってしまうので高くついてしまうんですけどね。



「カルディオリジナル 花椒香る 汁なし担担麺」(太平食品工業)



まずは「カルディオリジナル 花椒香る 汁なし担担麺」から。太平食品工業が製造を担当しています。「花椒香る」とついているので、花椒の強いシビレに期待できそうです。パッケージにパンダが描かれているのが何とも不思議な感じですが、汁なし担々麺が中国発祥だからパンダなのでしょうか。



品名:カルディオリジナル 花椒香る 汁なし担担麺
メーカー:キャメル珈琲(太平食品工業製造)
発売日:不明
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:2袋(特製スープ・調味だれ)
定価:税込194円
取得価格:税込194円(カルディコーヒーファーム)



栄養成分表

1食83g(めん60g)あたり
エネルギー:395kcal
たん白質:6.4g
脂質:20.0g
炭水化物:47.3g
食塩相当量:3.3g
カルシウム:242mg



商品説明

特殊切り刃を使用したちぢれ麺に、花椒のさわやかな香りと辛みがきいたたれを合わせた汁なし担担麺」とのこと。

しょうゆ主体のベースで、ごまとともに香辛料が強く効いたたれです。ごまの厚みはあそれほどありませんが、花椒の強さが前面に出たたれとなっています。200円を切る価格設定なので、味もそれなりなのかなと思って食べたのですが、鮮烈な花椒のシビレで本格感の強い味となっています。唐辛子の辛さはピリ辛以上ですがそこまで強くはなく、花椒中心の味となっていました。これは結構すごいです。

麺は縮れの強い平打ちの太麺で、油揚げ麺としてはもちもち感が強く、シビレの強いたれと合わせても存在感をキープできており、たれと麺のバランスはなかなか良かったです。ただレギュラーサイズの汁なし麺としては麺量がちょっと少なめで、一人前としては多少物足りない印象です。今回の麺量60gですが、もう20gから30gくらいは欲しかったですかね。太麺なのも相まってあっという間に食べ終えてしまう印象でした。

具には、チンゲン菜、鶏・豚味付肉そぼろ、赤ピーマンが入っていますが、肉そぼろがそこそこ入っている以外は量が少なく。特に赤ピーマンは色味で多少目立っていたものの、味ではほとんど目立っていないように感じました。このあたりは価格なりなのかなと思います。チンゲン菜は汁なし担々麺の重要な具と思われるため、もっとたくさん入っていて欲しかったです。

「カルディオリジナル 沖縄シークヮーサー塩ラーメン」(カナヤ食品)



続いて、「カルディオリジナル 沖縄シークヮーサー塩ラーメン」を食べてみます。こちらはカナヤ食品が製造しています。先日、「カルディオリジナル 瀬戸内レモン 塩ラーメン」を食べましたが、それのシークヮーサーバージョンといったところでしょうか。製造メーカーやカップの大きさが同じですが、価格は今回の方が税込で16円高くなっています。カルディで行われている「真夏のシークヮーサー」キャンペーンの商品です。



品名:カルディオリジナル 沖縄シークヮーサー塩ラーメン
メーカー:キャメル珈琲(カナヤ食品製造)
発売日:不明
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:なし
定価:税込178円
取得価格:税込178円(カルディコーヒーファーム)



栄養成分表

1食64g(めん50g)あたり
エネルギー:273kcal(めん・かやく230kcal スープ43kcal)
たん白質:6.1g
脂質:9.1g
炭水化物:41.6g
食塩相当量:4.8g(めん・かやく1.5g スープ3.3g)
カルシウム:221mg



商品説明

沖縄県産シークヮーサー果汁の酸味に、胡椒をきかせたさわやかですっきりとした塩ラーメン」とのこと。

鶏ベースのしお味のスープですが、「瀬戸内レモン 塩ラーメン」の時に比べて、シークヮーサーの酸味と風味が前面に出た、強い柑橘の味が特徴となっています。「瀬戸内レモン」はあくまで鶏ベースのスープが中心で、レモンは香り付け程度といった印象でしたが、今回はシークヮーサーの苦みまで感じるレベルで強い味となっています。かなりわかりやすい味に振ってきた印象です。強い柑橘は好みの分かれるところかと思いますが、これくらいわかりやすい方がシークヮーサーのスープを食べている感じになって良いのではないでしょうか。

麺は中細の油揚げ麺で、「瀬戸内レモン」の時と同じ麺かと思います。あっさりスープに合わせるにはやや主張の強い油揚げ麺となっていますが、今回のスープは酸味が強烈なため、スープと麺のバランスは「瀬戸内レモン」の時より良いと感じました。麺量は50gでちょっと少なめですが、サンヨー食品のタテ型だと割とよくある麺量でもあります。もうちょっと入っていて欲しいですね。

具は、キャベツ、味付卵、味付鶏肉そぼろ、かまぼこ、ねぎが入っていて、「瀬戸内レモン」と共通のものも多いですが、「瀬戸内レモン」の赤ピーマンに替わって花形のかまぼこが入っています。カップの大きさに比して具は多めに入っていてボリュームがあります。酸味は激しめですが、透明なスープとパステルカラーの具で、見た目はかなりやさしい仕上がりになっていました。

オススメ度(標準は3です)

・カルディオリジナル 花椒香る 汁なし担担麺
★★★★★★☆☆☆☆(6)

花椒の強さが鮮烈で、辛味とスパイス感も合わせ、価格以上に本格感のある汁なし担々麺でした。これはかなりおすすめしたいです。以前、カルディから「台湾汁なしラーメンカップ」という商品が出ていて、価格の割にチープなのと、かなり塩辛いのが気になりましたが、今回はそれに比べて安価であり、塩辛さも感じませんでした。もっと高額なノンフライ麺商品では本格的な汁なし担々麺はありますが、200円を切る価格でこの味はコスパに優れ、素晴らしいです。

・カルディオリジナル 沖縄シークヮーサー塩ラーメン
★★★★☆☆☆☆☆☆(4)

シークヮーサーの強い酸味が印象的なスープで、「瀬戸内レモン」の時とは柑橘の強さに大きな違いがありました。他に売りのない商品ですが、このシークヮーサー一点突破のやり方はいかにもカップ麺らしくて好感持てました。

どちらの商品も麺量の少なさにやや不満が残るものの、ともにわかりやすい味で、特に汁なし担々麺の花椒押しは本当に素晴らしかったです。どちらかあげるなら汁なし担々麺をおすすめしますが、どちらもぜひ食べてもらいたい商品です。

ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加