毎年恒例の「珍々亭」カップ麺の新味登場!!

今回のカップ麺は、東洋水産の「マルちゃん 珍々亭 旨辛油そば」。2018年7月9日発売の新商品です。東洋水産からは「珍々亭」の商品はカップ麺だけではなく袋麺などでも展開されています。

2013年以降、「珍々亭」のカップ麺は7月に夏期間限定商品として出ることが恒例となっており、今年も例年通り登場したわけですが、今年はいつもの「油そば」ではなく、「旨辛油そば」ということで少し変化をつけてきました。お店にはないメニューですが、卓上のラー油をたくさん入れると再現できる味なのかもしれません。

「珍々亭」は東京武蔵境にある油そばの老舗です。お店ではラーメンも供していますが、油そばが人気のようです。武蔵境は、中央線に普通に乗っているとあまり目立たない駅のように感じますが、近隣に学校が多く存在し、結構なラーメン激戦区だったりします。「珍々亭」はもちろんのこと、東京のとんこつラーメンにこの店ありと知られる「きら星」や、支那そばやの流れを汲む「支那そば あおば」なんかが有名ですね。



商品概要



品名:マルちゃん 珍々亭 旨辛油そば
メーカー:東洋水産
発売日:2018年7月9日(月)
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:2袋(液体ソース・かやく)
定価:税別205円
取得価格:税込216円(ローソン)

栄養成分表

1食166g(めん130g)あたり
エネルギー:760kcal
たん白質:13.9g
脂質:37.5g
炭水化物:91.6g
食塩相当量:5.4g
ビタミンB1:1.07mg
ビタミンB2:0.70mg
カルシウム:266mg



例年の豚脂の強さはそのままに、辛味が加わり味が引き締まった印象

スープは「ポークとチキンをベースに辛味と酸味を利かせた、珍々亭の油そばの味を旨辛くアレンジした醤油味のスープ」とのこと。太い豚脂が特徴のしょうゆ味のスープに、ほのかな酸味とピリ辛程度の辛味がついています。

今回は「旨辛油そば」で辛味がついたことが特徴ですが、基本的には例年の油そばと共通で、豚脂の太さが最も目立っています。鼻に抜けていく豚脂の強さは数多いカップ麺のまぜそば・油そば商品の中でも屈指で、とにかく豚脂押しのスープとなっています。しょうゆ味も濃く、ほのかに感じる酸味とあわせ、豚脂が目立っていること以外は昔ながらの油そばのクラシックスタイルな味です。例年の「珍々亭」カップ麺とほぼ同じ傾向と見て良いでしょう。

今回はその豚脂の強いスープに、ラー油による辛味が加わっています。辛さはピリ辛程度でそれほど辛いわけではありません。しかし、例年の「珍々亭」ならば豚脂と後述の油揚げ麺の味でちょっと油の存在感が強すぎる感じになってしまうところを、今回はラー油の辛味によってピリッと引き締まった印象。それでいて豚脂やしょうゆのパワーが減退した感じもなかったので、純粋に良化と見て良いのではないかと思います。



黒い色味の太麺で歯切れが良い

麺は「太くてモチモチとした食感の食べごたえのある角麺」とのこと。カップ麺の油揚げ麺では最高クラスに太い縮れ麺で、しょうゆが練り込まれている影響か、黒い色味が特徴です。

実際のお店の麺も太いようですが、写真で確認する限りは今回の麺も負けていないように見えます。また、お店の麺には今回のようなちょっと黒い色味はついていないようです。かなり太いため、ちょっとうどんのようにも見えてしまう麺となっています。

豚脂としょうゆ味の強いスープに対し、真っ向勝負できる存在感のある麺です。スープとのバランスは悪くないですが、私としてはもう少し細い方がもっとバランスが良くなるかなとは思います。説明文にある「モチモチとした食感」というよりは、歯切れの良い麺のように感じます。油揚げ麺臭は結構盛大で、本来なら豚脂と合わせてすごい油の存在感を示すのですが、今回はラー油の辛味によって多少目立たなくなっている印象を受けました。

例年の「珍々亭」と同じ具の構成で、お店とも概ね共通している

具は「味付豚肉、メンマ、なると、ねぎ」とのこと。例年通りの具の構成です。

豚肉は肉感があり、豚の風味もしっかりと感じられます。大量というわけではないものの、それなりの量は入っています。メンマもしっかり量が入っており、しょうゆ味のスープとの相性も抜群です。なるとは大きいものが1枚入っています。ねぎはちょっと少なめでしょうか。お店の具の構成もだいたい同じのようですが、今回のスープなら卵の黄身をのせるとおいしそうだなぁと思いました。

オススメ度(標準は3です)

★★★★★☆☆☆☆☆(5)
今年の「珍々亭」カップ麺は「旨辛油そば」という変わり種でしたが、基本的には例年通りの豚脂の強い濃いしょうゆ味のスープで、ラー油の辛味が油の強さをうまく引き締めているように感じました。黒みがかった太い油揚げ麺や具は例年と共通で、例年の「珍々亭」がおいしいと思え、ピリ辛程度が大丈夫ならば、今年の一杯も満足できるかと思います。例年通り★5としましたが、いつもよりちょっとおいしいと感じる一杯でした。

ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加