ボンカレーカップ麺のバトンはエースコックから東洋水産へ

今回のカップ麺は、東洋水産の「ボンカレーゴールド 中辛風焼そば」。2018年6月26日発売の、ローソン先行発売の商品です。今回はタテ型の「東洋水産 ボンカレーゴールド 中辛風ヌードル」との同時発売となっています。こちらも近いうちレポする予定です。

ボンカレーの50周年の年ということで、今年1月にエースコックから「スーパーカップ1.5倍 ボンカレーゴールド辛口風 カレーラーメン」と「スーパーカップ1.5倍 ボンカレーゴールド中辛風 カレーうどん」が出ていましたが、今度はエースコックではなく東洋水産からボンカレーカップ麺の登場となりました。契約が切れた途端にライバル他社のCMに出るタレントみたいな状況になっていますが、この分だと今年中には大手メーカー全てからボンカレーカップ麺が出てくるなんてこともあるかもしれませんね。もちろんないでしょうけど。このバトンはどこまでつながっていくのでしょうか。

奇しくも今週は同じ東洋水産から「黒い豚カレー焼そば」が再販になっており、「カレー焼そば」というニッチな分野での発売が被りました。他社まで含めれば明星食品から「明星 銀座デリー監修 大人のカシミールカレー焼そば」まで発売になっており(近々レポ予定)、カレー焼そばが3つも出ていることになります。これは銀座の料亭あたりで談合がありましたな。

「うち2つ出すんでそちらもひとつお願いしますよ~ともにカレー焼そば盛り上げましょうガッハッハ」的な話し合いがあったはず。談合してメリットあるのかは知らないですけどね。

そんなわけで、このブログでは今週3つ出るカレー焼そばの先陣を切る今回の「ボンカレー焼そば」は、どんな味になっているのでしょうか。私カップ麺ばかり食べているように見えて、実は冷凍チャーハンとレトルトカレーにはちょっと煩い奴(味がわかるとは言ってない)なので楽しみです。



商品概要



品名:ボンカレーゴールド 中辛風焼そば
メーカー:東洋水産
発売日:2018年6月26日(火)
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:3袋(液体ソース・粉末ソース・かやく)
定価:税込216円
取得価格:税込216円(ローソン)

栄養成分表

1食168g(めん130g)あたり
エネルギー:802kcal
たん白質:16.0g
脂質:40.8
炭水化物:92.6g
食塩相当量:4.4g
ビタミンB1:3.18mg
ビタミンB2:0.53mg
カルシウム:319mg



「ボンカレー中辛」よりも「黒い豚カレー焼そば」に近い味

ソースは「野菜のうまみをきかせ、程よい甘みと辛さのバランスをとった『ボンカレーゴールド中辛』の味をイメージし」たとのこと。スパイス感の強いカレー味のソースです。

辛さはそれほどないですが、「ボンカレー中辛」のイメージとはちょっと違うスパイスの強さで、レトルトより本格派寄りのカレー味と言えそうです。大量のカレー粉が使用されているものの、しょうゆ味をベースとしており、スパイス感としょうゆの味でかなり引き締まった味という印象です。「野菜のうまみ」の効果は限定的で、玉ねぎの風味が漂うものの、これは具として入っている玉ねぎの影響が強そうです。

「ボンカレー中辛」の味というよりは、近い味なのはやはり同じ東洋水産の「黒い豚カレー焼そば」なのかなと思います。少なくともベースは「黒い豚カレー焼そば」そのものだと感じます。「黒い豚カレー焼そば」に比べるとカレー味が濃くてスパイス感が強めで、カレーとしての本格感はこちら「ボンカレー焼そば」が上ですが、あちらは豚の旨みが出ているという利点があります。大盛豚カレー焼そば豚抜きスパイス強めといったところでしょうか。

ボンカレーの味からはちょっと遠い印象ですが、結構本格的なスパイス感でおいしいのは間違いないです。



細めで少しかたい食感の油揚げ麺で、麺量130gの大盛サイズ

麺は、中細の油揚げ麺です。細めの麺で、食感は少しかため。細いので濃くて強いカレー味ソースの中に入ると油揚げ麺の味はほとんど感じないですが、かための食感はソースの中でもちょっと目立っています。スパイス感がダイレクトに伝わるので麺の味が前に出てこないのは良いのではないかと思います。また、かための麺はスパイスの硬派な雰囲気としっかりマッチしていていました。

細めの麺で麺量が130gとしっかり大盛焼そば商品と同じ量なので食べ応えも十分です。太いより細いほうが同じ麺量でも麺が多く感じられるように思います。細いことで細部までスパイスが行き渡り、カレー味と麺の一体感がとても強いのもこの商品の大きな特徴です。濃い味のソースなので太麺にしてしまいがちなところを敢えて細めの麺にしたのはファインプレーだと感じました。おそらく「黒い豚カレー焼そば」と同じ麺を使用しているものと思われます。

具の主役はホクホクのポテトで、具の量はカップ焼そばとしては多め

具は、ポテト、味付挽肉、にんじん、たまねぎ。「黒い豚カレー焼そば」はたくさん入った豚肉が特徴ですが、こちら「ボンカレー焼そば」は豚肉ではなく味付挽肉を使用しており、さすがに肉としては1枚2枚劣ります。残念ながらそれほど量も多くありません。

今回の具の主役は肉ではなく、大きめにカットされたポテトです。ホクホクしていておいしいです。カレー味との相性も当然良いです。本家「ボンカレー」にもポテトが入っていて、しかも使われている野菜はすべて国産だそうですが、正直、本家のポテトよりも今回のポテトの方がおいしいです。

他には細かくカットされたにんじんと玉ねぎが入っていました。にんじんは「黒い豚カレー焼そば」に比べて量が多いです。具の全体量はカップ焼そばとしては多めと言え、大盛サイズで定価税込216円ながらよく頑張っていると感じました。

オススメ度(標準は3です)

★★★★★☆☆☆☆☆(5)
エースコックに続いて今度は東洋水産から発売されたボンカレーのカップ麺でしたが、2品のうちのこちら焼そばは結構本格的なスパイス感のカレー味ソースで、本家ボンカレーのイメージとは少し違い、近い味なのはむしろ同じ東洋水産の「黒い豚カレー焼そば」だと感じました。「黒い豚カレー焼そば」に比べるとスパイス感が強く、豚肉ではなくポテトが具の主役なところが大きな違いです。あまりボンカレーっぽくはないですがスパイス感のあるおいしいカレー焼そばでした。

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加