昨年発売時よりほたて風かまぼこの厚みが増したという「ほたてバター風」

今回のカップ麺は、サンヨー食品の「サッポロ一番 塩らーめん BESTレシピ ほたてバター風 タテビッグ」。2018年6月18日発売の「サッポロ一番BESTレシピ」の新商品です。昨年2017年3月にも同名商品が発売されていました。

サッポロ一番BESTレシピ」シリーズは、サッポロ一番袋麺の味をベースにアレンジを加えた商品で、今回で6商品めとなります。ここまで「サッポロ一番みそラーメン」が3品、「サッポロ一番塩らーめん」が2品で、今回で両者並びます。「サッポロ一番 しょうゆ味」のBESTレシピがひとつもないのが少し気になりますね。袋麺でもいちばん地味な存在ではあるのですが。

今回は、昨年出ていた同名商品に比べて、ほたて風味かまぼこの厚みが増しているとのこと。もともとかまぼことしてはとても良くほたての味と食感を再現していましたが、それがパワーアップしていると思うと楽しみです。今回の「ほたてバター風」はどんな一杯に仕上がっているのでしょうか。





商品概要

品名:サッポロ一番 塩らーめん BESTレシピ ほたてバター風 タテビッグ
メーカー:サンヨー食品
発売日:2018年6月18日(月)
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:1袋(仕上げの小袋)
定価:税別205円
取得価格:税込216円(ファミリーマート)

栄養成分表

1食91g(めん72g)あたり
エネルギー:416kcal(めん・かやく350kcal スープ66kcal)
たん白質:7.8g
脂質:19.4g
炭水化物:52.6g
食塩相当量:6.6g(めん・かやく2.3g スープ4.3g)
ビタミンB1:0.33mg
ビタミンB2:0.59mg
カルシウム:220mg



袋麺そのまんまのチキンベースのしお味に、ほたてバターを強く感じるスープ

スープは「ほたてとチキンのうまみに調理感のあるバターの風味と香辛料が合わさった、ほたてバター風の塩らーめんスープ」とのこと。ベースは袋麺の「サッポロ一番塩らーめん」の味を忠実に再現した、チキンベースのしお味スープです。昔から食べ慣れている袋麺の味そのもので、食べてすぐそれだとわかる味だと思います。このスープにほたてバター風に味付けられた油が加わります。かなり強くバターとほたての風味が加わり、昨年発売時よりもバターの風味がアップした印象です。こりゃいいですね。

ともと袋麺はそれのみで完成しない味で、家庭でなにか一味加えることを想定して作られているそうですが、ベースの袋麺のチキンの味とほたてバターの味がとてもよくマッチしており、今回はまさに一味加えたアレンジの成功パターンと言えると思います。袋麺の味とほたてバターそれぞれの香ばしさがうまく共鳴して足し算以上のデキになっていると感じました。昨年よりほたてバター味にパンチが加わっていておいしかったです。



麺の形状はちょっと違うが色味や食感は袋麺の麺を忠実に再現している

麺は「なめらかさとつるみが特徴のコシのある中太めんとし、袋めん『サッポロ一番 塩らーめん』の食感をタテ型ビッグカップで再現し」たとのこと。「中太」と書かれていますが、私の感覚では中細程度に感じる油揚げ麺です。袋麺に比べると少しだけ平打ち気味と感じる麺でですが、白っぽい色味と食べた時のソフトな食感は、袋麺の麺を忠実に再現できています。他の製品では袋麺とカップ麺でブランドを共通化していてもだいぶ違う麺を使っていたりすることも多いのですが、この麺に関してはそんなことはありません。油揚げ麺ながら主張はおとなしめで、スープのチキンやほたてバターの味を邪魔することなく調和できています。袋麺が家庭でアレンジがしやすい理由として、このおとなしい麺の存在は欠かせないように思います。

ほたての厚みが1.5倍くらい増している上に、地味に1個増えた

具は「ほたて風味かまぼこの噛み応えのある食感と風味豊かな味わいが食欲をそそり」、「いりごまの香ばしい風味がスープとよく合い、おいしさを引き立て、ねぎを加えて彩りよく仕上げ」たとのこと。まず今回の変更点であるほたてですが、確かに厚みが増しています。昨年発売時の1.5倍くらいはありそうです。また昨年発売の後にもこのほたてを使った「サッポロ一番 千葉醸造醤油使用 帆立浜焼き風焦がし醤油味ラーメン」という商品が出ていましたが、その時のほたてよりも厚みがありました。そして地味に前回発売時より1個増えていたのもになっていました。また、強めにほたての味が付けられているのも大きな特徴で、ほたての香るスープの中でもほたて風かまぼこの味をしっかり感じられました。

ねぎは昨年に引き続き、青ねぎを中心になかなかたくさん入っています。淡い色味のスープの中でねぎの緑はかなり目立っている印象でした。また、袋麺と同様、ごまが重要な役割を果たしており、ごまの香ばしさがスープの中でアクセントになっていました。このごまがあるとないのとでは味の印象がぜんぜん違うものになると思います。

オススメ度(標準は3です)

★★★★★☆☆☆☆☆(5)
昨年に続き2度目の発売になった「ほたてバター風」でしたが、バターの味が増してよりエッジの効かせたスープと、ほたて風かまぼこの厚みが確かに増したのとで、前回より良化しているように感じました。特にスープが昨年よりおいしくなったように感じました。バターが増したというよりは地の袋麺味の部分を少し弱めたことによる相対的なものかなと思いますが、スープの中でバランスが良くなって、より派手な味に変貌していたように思います。なんか商品としては地味な存在ですが、隠れた名作かもしれません。かなり満足しました。

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加