「麺NIPPON」シリーズの新味は「金色鶏白湯」

今回のカップ麺は、日清食品の「日清麺NIPPON 京都金色鶏白湯ラーメン」。2018年3月19日発売の、「日清麺NIPPON」シリーズの新味です。「麺ニッポン」から「麺NIPPON」に表記が替わり、基本的には商品ラインナップは同じなものの、今回の「京都金色鶏白湯」のみ新味として登場しました。京都ラーメンはいくつか種類があり、そのうちのひとつ「鶏白湯」味の商品です。京都の鶏白湯といえば私は「天下一品」が大好きですが、おそらくそっちの系統ではなく、正統派の鶏白湯スープだと思います。「京都学生祭典」の協力の下、京都地鶏の「丹波黒どり」エキスを使用した本格的な一杯のようです。私オサーン正直、鶏白湯の味に理解が乏しくて、良さを理解できるのか微妙なんですが、しっかり食べてみたいと思います。



商品概要

品名:日清麺NIPPON 京都金色鶏白湯ラーメン
メーカー:日清食品
発売日:2018年3月19日(月)
麺種別:ノンフライ麺
かやく・スープ:3袋(液体スープ・かやく・調味オイル)
定価:税別220円
取得価格:税込199円(ホクノースーパー)

栄養成分表

1食114g(めん70g)あたり
エネルギー:457kcal(めん・かやく299kcal スープ158kcal)
たん白質:8.9g
脂質:19.6g
炭水化物:61.3g
食塩相当量:6.5g(めん・かやく2.0g スープ4.5g)
ビタミンB1:0.26mg
ビタミンB2:0.30mg
カルシウム:132mg



とろみの強い鶏一辺倒の鶏白湯スープ

スープは「鶏のうまみや甘みを凝縮した、金色に輝く鶏白湯スープ」で、「京都地鶏の丹波黒どりエキスを使用」し、「とろりとしながらも上品な味わいが特長」とのこと。しお味ベースでとろみの強い、鶏白湯スープです。鶏ガラだけではなく、鶏油、鶏肉などから大量の旨みが溶け出していて、これはとんでもなく濃い鶏白湯です。いやー鶏白湯って甘いですなぁ。鶏白湯のとろみは一般的にモミジ(鳥の足)や豚足でつけられるそうですが、今回のスープのとろみだと、かなりコラーゲンたっぷりで美容効果が期待できるのではないかと思います。どうしようオサーンさんお肌ツルッツルになっちゃったら。まぁなったところで誰も関心ないでしょうけど。しお味やほどほどの効きで、鶏の味がよくわかるように構成されているように感じました。とにかく鶏一辺倒のスープで、鶏白湯好きにはたまらないのではないでしょうか。定価税別230円の商品ですが、このスープのクオリティだけなら250円超えの価値はありそうです。すごい鶏でした。

低加水で、とろみのあるスープをゴッソリ持っていく中太ノンフライ麺

麺は「つるみとコシのある生麺風の中太ストレート麺」とのこと。中太で縮れのあまりないノンフライ麺です。鶏白湯ラーメンらしく低加水麺で、どんどんスープを吸っていきます。スープを吸うことで重量感が増し、なかなか食べ応えのある麺になっています。スープをゴッソリ持っていくこの感じは「天下一品」とも共通していますね。どろどろのスープに低加水麺がよく絡み、強い一体感のある組み合わせで相性抜群でした。難点は、規定の調理法通りに作っても麺のほぐれが悪いことで、この時期エアコンでキンキンに冷えている部屋だと、熱湯を使用しても湯戻し中に室温でスープ温度が下がってしまって、麺のほぐれがいっそう悪くなるかもしれません。

全体的に物足りない具のボリュームで、蒸し鶏はもうちょっと入っていて欲しかった

具は「蒸し鶏、ネギ、柚子チップ」とのこと。具はそれほど充実していません。「麺NIPPON」シリーズはスープが250円超えのクオリティがありながらも定価230円である理由として、具が他の高価格帯シリーズ、例えば大判乾燥チャーシューの入っている「行列のできる店のラーメン」などと比較すると大きく見劣ります。そのためこのシリーズはスープをしっかり味わいたい人にとっては向いていますが、具を含め総合力を求めるならあまり向いているとは言えません。今回、蒸し鶏とねぎ、柚子チップが入っているものの、どれも十分な量とは言い難く、特に蒸し鶏はもうちょっと入っていて欲しかったですかね。小さいのが5~6片入っている程度した。柚子チップは口に入れた時のみほんのり香りを感じるものの、濃いスープの前ではそれほど目立っていませんでした。もうちょっと目立っていても良かったかなと思います。

オススメ度(標準は3です)

★★★★★☆☆☆☆☆(5)
「麺NIPPON」シリーズの新味でしたが、京都の地鶏「丹波黒どり」を使用したという鶏の分厚さはお見事で、スープだけなら「麺NIPPON」シリーズの中でも屈指のデキかと思います。スープだけなら250円オーバーのクオリティです。低加水の中太ノンフライ麺はとろみのあるスープをゴッソリ持っていき、スープと麺の一体感がすごいです。具の物足りなさがいかにも「麺NIPPON」シリーズと言ったところですが、定価税別230円の商品としてはかなりデキの良い一杯でした。

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加