サッカー日本代表専属シェフ監修による、ガーリックオイルを使ったカップ焼そば

今回のカップ麺は、東洋水産の「マルちゃん カチメン サッカー日本代表専属シェフ監修 ぺペロンチーノ風焼そば」。2018年5月28日発売の新商品で、「カチメン サッカー日本代表専属シェフ監修 醤油ラーメン」と同時発売です。サッカー日本代表の専属シェフで、遠征にも帯同している西芳照氏監修による、日本代表のオフィシャルライセンス商品です。今回の両商品は、西シェフ監修の「ガーリックオイル」を使用していることが大きな特徴のようです。代表選手もこのガーリックオイルで味付けられた料理を食べているのでしょうか。5月30日の日本代表対ガーナ戦を、この一杯を食べながら応援するのも一興かもしれませんね。



商品概要

品名:マルちゃん カチメン サッカー日本代表専属シェフ監修 ぺペロンチーノ風焼そば
メーカー:東洋水産
発売日:2018年5月28日
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:3袋(粉末ソース・かやく・特製油)
定価:税別180円
取得価格:税別118円(ドン・キホーテ)

栄養成分表

1食106g(めん90g)あたり
エネルギー:538kcal
たん白質:9.3g
脂質:29.3g
炭水化物:59.2g
ナトリウム:1.4g
ビタミンB1:0.37mg
ビタミンB2:0.39mg
カルシウム:180mg



強烈なガーリックと唐辛子の後味が特徴的なペペロンチーノ味ソース

ソースは「ガーリックの旨味・香り・コクと唐辛子の辛味が特徴のオイルをベースにしたぺペロンチーノ味」で、「隠し味にチキンと昆布の旨味を利かせ」、「パセリ、粗挽き唐辛子入り」とのこと。強烈なガーリックが特徴の、ペペロンチーノ味のソースです。これは・・・かなりすごいレベルでガーリックが効いています。次の日にも口に残りそうな強さです。あまりにガーリックが強くて辛味まで感じるのかと思いましたが、ガーリックオイルは少し赤みがかっていて、唐辛子も入っています。この唐辛子の辛さがガーリックの後味のように感じ取れ、ガーリックの強さをより強調していました。商品説明を見ると、隠し味にチキンと昆布が使われていたり、パセリが入っていたりもするそうですが、実際食べるとガーリックと唐辛子以外何も感じないレベルでした。ポジティブにもネガティブにも捉えられる味で、ガツンとガーリックを味わいたい時にはこれほど適した商品はなかなかないと思う半面、日常生活のことを考えれば、ちょっと周囲への影響が気になるレベルのガーリックでした。合宿中のサッカー日本代表選手はみんなかなりのガーリック臭を漂わせているのかもしれません。もちろんそんなわけないですが。

細めの油揚げ麺で麺よりソースがだいぶ勝ったバランス

麺は「なめらかで弾力のある丸麺」とのこと。しお焼そば系らしい少し細めの油揚げ麺です。「俺の塩」に比べるとひと回り太い麺かと思います。細さの割にしっかりした食感があり、強い味のソースとバランスを取ろうとする意図は窺えるものの、それでもガーリックの強力なソースの前では存在感はどうしても小さくなってしまい、麺よりソースがだいぶ勝ったバランスになっていました。もっと太い麺の方がバランスは取れるかと思いますが、そもそも強いガーリックを前面に押し出した商品であり、むしろこのガーリック一辺倒のバランスはメーカーの狙い通りなのかもしれません。味はペペロンチーノですが、麺は別段パスタっぽくはなかったです。

キャベツの他に、唐辛子、パセリ、ガーリックチップが入っている

具は「キャベツ」とのこと。キャベツの他に、ソースのところで触れた唐辛子やパセリ、そして細かなガーリックチップが入っていました。キャベツは量が少なくて存在感があまりなかったです。唐辛子やパセリは色味で彩リを加えていたものの、味の中心はソースとガーリックオイルが担っており、こちらもあまり目立っていないように思います。ガーリックチップはソースのガーリック味を増強しており、口の中で噛むとソースとのガーリックのダブルパンチとなっていました。結構徹底しています。

オススメ度(標準は3です)

★★★★☆☆☆☆☆☆(4)
サッカー日本代表専属シェフが監修したペペロンチーノ味のカップ焼そばで、とにかくガーリックオイルによる強烈なガーリックの強さが特徴の一杯でした。ガーリックオイルには唐辛子も入っていてピリ辛。ものすごいパワーのある味ですが、強くて後まで残る匂いは注意が必要なレベルです。サッカー日本代表ガーナ戦の応援へ向けて、このパワー溢れる一杯を食べて力を蓄えたいところです。

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加