「よこすか海軍カレー」をうどんにアレンジしたカップ麺

今回のカップ麺は、エースコックの「よこすか海軍カレーうどん」。2018年5月21日発売の新商品です。「よこすか海軍カレーラーメン」と同時発売です。横須賀のご当地カレーとしてすっかり根付いた「よこすか海軍カレー」ですが、発祥は大日本帝国海軍の糧食で、大日本帝国海軍横須賀鎮守府が置かれていた横須賀市は、日本全国に広まったカレーライスのルーツは横須賀だという認識のもと、「カレーの街」を宣言しています。これは全国各地にお住まいの提督さんたちは食べる必要がありそうな商品です。横須賀市内によこすか海軍カレーを供する店が結構あって、牛乳とサラダとの3点セットを基本としています。私もよこすか海軍カレーが出始めた2000年頃に食べに行ったことがありますが、正直カレーの印象はあまり強くなく、むしろ牛乳が付いてくるところが印象的だった覚えがあります。また、日露戦争時の大日本帝国旗艦であった戦艦「三笠」を見に行き、思ったより小さかったのが記憶に残っています。もっと幼い頃にも三笠を見たことがあって、その時はもっと大きく感じたんですけどね。今回はその「よこすか海軍カレー」をうどんにアレンジした商品、果たしてどんな味なのでしょうか。



商品概要

品名:よこすか海軍カレーうどん
メーカー:エースコック
発売日:2018年5月21日(月)
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:1袋(粉末スープ)
定価:税別180円
取得価格:税込138円(イオン)

栄養成分表

1食63g(めん50g)あたり
エネルギー:270kcal(めん・かやく226kcal スープ44kcal)
たん白質:6.0g
脂質:9.2g
炭水化物:40.7g
食塩相当量:4.4g(めん・かやく1.7g スープ2.7g)
ビタミンB1:0.18mg
ビタミンB2:0.18mg
カルシウム:171mg



スパイス感はありながらも穏やかな味で、ほのかに魚介が香るカレー味のつゆ

スープは「海軍カレーの味わいをイメージした、複数種のスパイスをバランスよく配合したカレースープ」とのこと。スパイス感のあるカレー味のうどんつゆです。スパイス感はあるものの刺激のあるスパイスは入っておらず、基本的にはスパイス感がありながらもまろやかで穏やかな味です。これに別添の粉末スープによって魚介の風味がほのかに加わり、うどんらしく和風な雰囲気を漂わす味になっていました。辛さはほとんどないため、お子様や長門秘書艦も安心して食べられると思います。なんか2000年辺りによこすか海軍カレーを食べに行った時のことを思い出す味で、良くも悪くもカレーとして味にパンチがないため、当時の私にはどうしても印象に残らない味でした。今食べるともっと違う印象を持つのでしょうか。提供するお店によって味が違いそうなので、店によっても印象は変わりそうですよね。

少し厚みのある油揚げ麺のうどん

麺は「適度な弾力と喉越しの良さを併せ持った、うどんらしいめん」とのこと。少し厚みのある、かための食感の油揚げ麺のうどんです。カレー味の割にはつゆに主張が強くないため、麺の味をしっかり感じ取ることができます。うどんらしくやや麺が勝ったバランスとなっていました。定価税別180円の商品としては麺量50gはちょっと少なく、ボリュームに欠けます。雰囲気は180円商品というよりはPB商品のように100円程度で売られるようなチープさで、残念ながらコスパが良いようには感じられませんでした。

野菜を中心とした具の構成

具は「程良く味付けした鶏肉そぼろ、ポテト、玉ねぎ、ねぎ、人参を入れ」たとのこと。野菜中心の具の構成で、主役はポテト。湯戻しをしてもしっかり形が残り、ポテトらしいホクホクした食感が特徴です。玉ねぎは風味として目立っており、お湯を入れた時から玉ねぎ独特の香りが漂ってきていました。ねぎやにんじんも入り、具は結構賑やかです。鶏肉そぼろは残念ながらそれほど量が入っておらず、あまり目立っていませんでした。

オススメ度(標準は3です)

★★★☆☆☆☆☆☆☆(3)
「よこすか海軍カレー」をアレンジしたカレーうどんでしたが、スパイス感の割には刺激は少なく、穏やかな味に仕上がっていました。よこすか海軍カレーらしい味ではあるのですが、辛いカレーが好きな人にとっては少し物足りないかもしれません。うどんつゆらしく魚介の香りが加わっています。麺量は定価税別180円の商品としては少なく、具はそれなりにボリュームあるものの、「よこすか海軍カレー」であること以外に大きなインパクトは感じない商品でした。

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加