「貫禄の逸品」から継続されたオープン価格大盛商品のうどん

今回のカップ麺は、日清食品の「日清デカうま きつねうどん」。2018年2月19日発売の、「日清デカうま」シリーズの商品です。「日清 貫禄の逸品」で出ていたオープン価格の大盛うどん商品が、「日清デカうま」シリーズとして再登場した形です。それにしても、「日清デカうま」シリーズの商品はスーパー等でそんな見かけませんが、私の住む地域だけなのでしょうか。品質によってジワジワと火が点いていけば良いのですが、今のところ他社のオープン価格大盛商品と大きな違いを見せられていないように思います。「貫禄の逸品」時代のうどんはとてもおいしかったですが、今回の商品は果たしてどうでしょうか。



商品概要

品名:日清デカうま きつねうどん
メーカー:日清食品
発売日:2018年2月19日(月)
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:1袋(粉末スープ)
定価:オープン価格
取得価格:税別95円(西友)

栄養成分表

1食106g(めん90g)あたり
エネルギー:467kcal(めん・かやく458kcal スープ9kcal)
たん白質:9.0g
脂質:18.5g
炭水化物:66.0g
食塩相当量:6.8g(めん・かやく2.3g スープ4.5g)
ビタミンB1:0.23mg
ビタミンB2:0.26mg
カルシウム:188mg



昆布とかつおのバランス型の関西風うどんつゆ

つゆは「昆布と鰹だしをきかせた関西風つゆ」で、「"後引く味わいの七味" がうまさの決め手」とのこと。昆布だしとかつおだしを半々くらいの強さで感じられる、薄口しょうゆ使用の関西風うどんつゆです。あっさりめに仕上がっています。以前の「貫禄の逸品」時代のつゆは、昆布の太い味が特徴で、山椒も効いていました。今回は昆布が後退したのに対してかつおが前に出て、そして七味のほのかな香りがあるものの、前作のおっと驚く太い昆布つゆに比べるとだしの効きが控えめな印象。昆布の太さがなくなり、他商品に対してそれほど優位性が見出だせなくなったように感じました。価格を考えるとよくできている味ですが、大きな特色はなくなり、味は以前よりちょっと後退しているように思えました。

オープン価格で大盛のうどん商品は多くないため存在価値が大きい

麺は「のどごしの良いまっすぐで太いうどん」で、「麺重量90gで食べ応え抜群」とのこと。やや太めで平打ちの油揚げ麺のうどんです。どん兵衛の麺に比べるとちょっと厚みがあるように感じます。どん兵衛と同じくストレートに近い形状で、前作「貫禄の逸品」の麺を踏襲しているものと思われます。ストレート麺は他社のこのクラスの製品にはない特徴で、麺にはライバルより強みがしっかりあります。大盛のうどんはライバルの「ごつ盛り」シリーズには存在しないため、存在価値も大きいです。問題は「ごつ盛り」シリーズほど買える店が多くないことですね。西日本だと東日本より多く店頭に置かれているのでしょうか。

小さいが濃く甘く味付けされたおあげはおいしい

具は「ジューシィなおあげ、たまご、わかめ」とのこと。おあげはどん兵衛のものと比べるとだいぶ小さいですが、どん兵衛のおあげより濃く味付けされています。とても甘くて味の存在感は際立っていました。「貫禄の逸品」で使われていたおあげと同じものだと思います。たまごも前作と共通していますが、前作で入っていた揚げ玉とねぎがなくなり、代わってわかめが入りました。わかめに代わったのは「日清デカうま わかめそば」と同じですね。私はわかめよりも前作の揚げ玉の方が存在感があっておいしいと感じたのでこの変化はちょっと微妙でしたが、このあたりは単に好みですかね。

オススメ度(標準は3です)

★★★★☆☆☆☆☆☆(4)
昆布とかつおがバランス良く組み合わさった関西風のつゆは、価格を考えれば上出来でおいしいです。ただ、前作「貫禄の逸品」のつゆは太い昆布だしで個性が強かったので、それと比べてしまうと分が悪いように思います。継続されたおあげは濃く味付けられており、甘さが際立っていました。一方で、以前入っていた揚げ玉とねぎがわかめに置き換わっているのは好みが分かれるところかと思います。

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加