いかにもジャンキーな「スパイシーコンソメ味」に期待大

今回のカップ麺は、東洋水産の「MARUCHAN QTTA スパイシーコンソメ味」。2018年5月14日発売の、「QTTA」シリーズの新商品です。レポ済の「MARUCHAN QTTA メキシカンタコス味」と同時発売となっています。スーパー店頭で売れ行きを少し観察していましたが(すいませんちょっと危ない奴に見えたかもしれません)、タコス味よりこちらコンソメ味の方が手に取る人が断然多かったです。タコス味が女性に、コンソメ味が男性に人気のように見えました。かくいう私オサーン(男性)もこちらスパイシーコンソメ味の方を楽しみにしていました。「スパイシーコンソメ味」なんていかにもジャンキーな味に見えるので、カップ麺らしい強烈な味に期待したいです。



商品概要

品名:MARUCHAN QTTA スパイシーコンソメ味
メーカー:東洋水産
発売日:2018年5月14日
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:なし
定価:税別180円
取得価格:税込149円(イオン)

栄養成分表

1食85g(めん66g)あたり
エネルギー:386kcal(めん・かやく322kcal スープ54kcal)
たん白質:7.8g
脂質:15.5g
炭水化物:53.8g
ナトリウム:1.9g(めん・かやく1.1g スープ0.8g)
ビタミンB1:0.86mg
ビタミンB2:0.29mg
カルシウム:162mg



パンチのあるコンソメ味にパセリや山椒でアクセントが効いている

スープは「スパイシーな味わいに仕上げた、コンソメ味のスープ」で、「アクセントに山椒を使用し」たとのこと。チキンベースでパンチのあるコンソメ味のスープです。今までの「QTTA」シリーズのイメージと共通する、かなり押しの強い味となっています。同時発売の「メキシカンタコス味」のスープは味が弱かったので、同時発売でもずいぶんと印象の異なるスープです。単にコンソメが強くてスパイスの効いた味というわけではなく、山椒とパセリの香りでアクセントのある味に仕上がっているのが特徴的でした。特にパセリは結構強くて、コンソメスープとの相性がとても良かったです。これはレギュラー商品としていける味なんじゃないですかね。エッジが効いていながらある程度どんな人にも好まれそうで、しょうゆ味やシーフード味に負けない安定感があるように思います。一般的なラーメンの味にはない、カップ麺ならではの味というところも「QTTA」のイメージにあっているように感じました。ライバル「カップヌードル」にはない味とというところも良さそうです。

本気盛と色以外はほぼ同じ麺

麺は「チキンの旨味と発酵調味料で味を付け、ラードを使用した油で揚げ香ばしい風味を加えた、スナック感のある麺」で、「『つやもち製法』により、なめらかな食感に仕上げ」たとのこと。太くて縮れの強い平打ち油揚げ麺です。この前レポした「メキシカンタコス味」の麺と同じものが使われています。多加水ノンフライ麺のような弾力のある麺で、太さの割に油揚げ麺臭が前に出てこないのが良いところだと思います。太い麺ではあるものの、今回パンチ力のあるスープなので、スープと麺がとても良くバランス取れています。「メキシカンタコス味」はバランスが悪く感じたので、こちらも対照的でした。

今までの「QTTA」シリーズと比べて具が少ない

具は「皮付きポテト、味付挽肉、いんげん」とのこと。今まで「QTTA」シリーズは具のボリュームがありましたが、今回はかなり貧弱な具となっち得ます。他の「QTTA」シリーズにも入っている皮付きポテトはとてもおいしいものの、量がいつもよりかなり少ないです。挽肉も、「メキシカンタコス味」の量から一転してとても少ないです。具の量間違ったんじゃないかと思うレベルの、「QTTA」らしくないボリュームでした。いんげんもそんなにたくさん入ってませんでしたが、こちらは色合いで目立っていました。

オススメ度(標準は3です)

★★★★☆☆☆☆☆☆(4)
パンチの効いた強いコンソメ味のスープは、パセリと山椒のアクセントも効いていて、かなりよくできていると感じました。強いスープと太い麺のバランスも良く、「QTTA」シリーズの新レギュラー味となる予感を漂わせるデキでした。反面、具は「QTTA」シリーズとは思えない貧弱さで、せっかくスープと麺が良かったのに具が揃わなかったのはちょっと残念。「QTTA」シリーズには新定番商品として三拍子揃ったものを期待してしまうので、今回は★4としました。今後のブラッシュアップに期待したいです。

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加