半年ぶりの「明星バリカタ」新商品

今回のカップ麺は、明星食品の「明星 バリカタ 極細麺と濃厚とんこつ」。2018年4月23日発売で、「明星バリカタ」シリーズの新商品です。今まで何度か発売されている「明星 バリカタ 濃厚とんこつ」と同じ流れの商品かと思われます。スーパーノンフライ製法によるバリカタ麺を大きな武器とする「明星バリカタ」シリーズですが、最近は新商品発売の頻度も少なくおとなしい存在になってしまっています。以前はスープがとんこつ臭盛大のスープの時もありましたが、今は明星食品のとんこつスープ全般がおとなしい味に終始してしまっています。今回は「とんこつの香りが特長のオイル」が入っているとのことなので、明星久々の食べ応えあるとんこつスープに期待したいです。



商品概要

品名:明星 バリカタ 極細麺と濃厚とんこつ
メーカー:明星食品
発売日:2017年4月23日(月)
麺種別:ノンフライ麺
かやく・スープ:4袋(液体スープ・粉末スープ・かやく・あとのせかやく)
定価:税別225円
取得価格:税込243円(ローソン)

栄養成分表

1食103g(めん65g)あたり
エネルギー:423kcal(めん・かやく323kcal スープ100kcal)
たん白質:11.9g
脂質:17.0g
炭水化物:55.7g
ナトリウム:3.1g(めん・かやく0.9g スープ2.2g)
ビタミンB1:0.14mg
ビタミンB2:0.21mg
カルシウム:166mg



甘みを強く感じるまろやかとんこつスープ

スープは「乳化感の強いポークエキスをたっぷりと使用した、濃厚でまろやかなとんこつスープに、食欲をそそるとんこつの香りが特長のオイルを合わせて、こってりとしてパンチのある味わいに仕上げ」たとのこと。「とんこつの香りが特長のオイル」が入っているとのことで、食べる前に軽く匂いを嗅いでみましたが、確かにここ最近はなかったとんこつの香りが少ししています。でもほんの軽くであり、意識しないと感じないレベルではあります。骨の旨味を感じる濃厚なとんこつスープで、甘い後味を強く感じ、濃厚なスープに仕上がっています。とんこつのみによる甘みや濃厚感ではなく、原材料に書かれている「乳等を主原料とする食品」が大きく影響しているものと思われます。「とんこつの香りが特長のオイル」が入っていても、風味としてのとんこつ臭はほとんどなく、私のようなとんこつ臭至上主義者には物足りないですが、太い豚脂のこってり感と甘みのあるまろやかとんこつスープで、とんこつ臭が苦手な人などに需要はあるんじゃないかと思います。説明に書かれていないものの焦がしたにんにくの香りもほんのりと漂い、「明星バリカタ」の今までのスープと概ね同じ傾向の味でした。

低加水の極細ノンフライ麺

麺は「博多のラーメン店さながらの粉っぽい麺質を追求し」た、「中心の硬さと表面のやわらかさで茹でたて感を演出した『バリカタ』食感の極細麺」とのこと。低加水の極細ストレート麺です。博多麺の特徴をよく掴んでいる麺ですが、以前までの「明星バリカタ」の麺に比べて粉っぽさ、生っぽさがちょっと減退し、生麺と見紛うレベルだったしっとり感がなくなったように感じました。麺変わりましたかね。それでも他社の麺に負けない高レベルではありますが、今までの圧倒的な麺のデキではなくなったように思いました。おいしかった以前までの麺を変える必要性はないと思われるため、ひょっとしたら私の湯戻し方法等に落ち度があったかもしれません。まろやかとんこつスープと極細麺の相性はとても良かったです。

ネギがたくさんなのはうれしい

具は「チャーシューとゴマの先入れかやくと、仕上げにあとのせするたっぷりのネギを組み合わせ」たとのこと。チャーシューは価格を考えるとやや小ぶりですが、肉感はしっかりあるタイプのチャーシューでした。ネギはかなりたくさん入っていて、これはとても良いですね。最も目立った存在感でした。ゴマは甘いスープの中で風味が映えていたため、もっと量が欲しかったです。かなり物足りない量でした。

オススメ度(標準は3です)

★★★★☆☆☆☆☆☆(4)
濃厚で甘さの際立つスープでした。とんこつ臭はほぼないですが、豚脂と乳成分でまろやかな味に仕上がっており、とんこつ臭が苦手な人を中心に需要はありそうです。麺に改変が入ったのか、以前ほどの粉っぽさや生っぽさが失われており、ちょっと残念。私の方の落ち度かなとも考えましたが、よくよく見ると以前の麺に比べてカロリーが高くなっており、やっぱり何かしら変化があったものと思われます。具はネギがたくさんでうれしかったですが、反面、せっかくのごまが少なかったのでもうちょっと入っていて欲しかったです。

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加