オープン価格で大盛油そばという画期的な商品

今回のカップ麺は、日清食品の「日清デカうま 油そば」。2018年2月19日に新登場した「日清デカうま」シリーズの商品で、このブログでは「日清デカうま わかめそば」に続く「日清デカうま」シリーズのレポとなります。ライバルである東洋水産の「ごつ盛り」シリーズに比べてなかなか店頭で見かけることが少なく、新シリーズ発足も苦戦しているように見えるのですが、日清食品が特に強い西日本だとまた状況が違うのでしょうか。今回は以前の「デカブト」シリーズにはなかった新味「油そば」。100円程度で売られるオープン価格商品で大盛りの油そばなんて初めてなので、どんなことになっているのか非常に楽しみにしていました。実際のところ他の新商品等のレポに追われてなかなかこれを食べる機会がなかったのですが、今回新商品が少なくてやっと食べるチャンスがやって来ました。日清食品が作る廉価大盛油そばの実力は如何ほどでしょうか。



商品概要

品名:日清デカうま 油そば
メーカー:日清食品
発売日:2018年2月19日(月)
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:1袋(液体ソース)
定価:オープン価格
取得価格:税別98円(西友)

栄養成分表

1食157g(めん130g)あたり
エネルギー:782kcal
たん白質:9.0g
脂質:41.7g
炭水化物:92.6g
食塩相当量:5.4g
ビタミンB1:0.76mg
ビタミンB2:0.88mg
カルシウム:184mg



ごま油の強く効いた油そばたれ

たれは「醤油ベースの豚うま醤油だれ」に、「“たっぷりの豚脂と香り立つごま油”がうまさの決め手」とのこと。ごま油の強く効いたしょうゆ味のたれです。油そばのたれとしては脂は控えめで、豚脂はたしかに香ってくるものの、他製品に比べれば少し押しが弱いです。ごま油は強く効いていて、今回のたれの最も大きな特徴となっていましたが、他の味が相対的に弱いためごま油が浮上してくるという側面もありそうで、油そばとしては少しスッキリしているかなという感じがしました。ごま油の強いしょうゆ味で、控えめながらしっかり豚脂は効いているため、油そばの体面はきちんとキープできているものの、油そばらしい強力なこってり味を求めるならば少し物足りないかもしれません。オープン価格の商品と考えるとこんなものかなと納得はできますが、油そばの味は焼そばソースのように厚みがなくても何とかなる代物ではないようにも感じました。

噛み切る前にワンクッションある噛み応えある中太油揚げ麺

麺は「ガーリックを練り込み歯応えを追求した中太ちぢれ麺」で、「麺重量130gで食べ応え抜群」とのこと。中太で縮れのある油揚げ麺です。「噛み応えを追求」したとのことですが、なるほど確かに噛み切るまでにワンクッションある独特な食感の麺で、がっしりしていて食べ応えがあります。単なる廉価商品の麺とは一味違う印象です。油そばとしては弱めとは言えそれでも強い味のたれに対し、きちんとバランスが取れている主張の強さの麺でした。ガーリックが練り込まれているとのことで、確かにたれには入っていないガーリックの香りがしていました。これはなかなか存在感のある良い麺だと思います。

キャベツのみの具で、焼そば以上に寂しく感じる

具は「キャベツ」とのこと。このシリーズの焼そばと同じように、具はキャベツのみ。焼そばと同じでも物足りなさは焼そばより強く感じられてしまいます。油そばと言えば肉とメンマは重要な存在だと思いますが、それがないとここまで寂しくなってしまうのかという印象。寂寥感すらあります。焼そばのようにマヨネーズが入っているわけでもなく、たれと麺のみの味となってしまい、ある意味では新鮮な印象ではありました。ごま油以外にパンチがない味というところも具の物足りなさを際立たせてしまっているのかもしれません。

オススメ度(標準は3です)

★★★★☆☆☆☆☆☆(4)
オープン価格で大盛油そばという画期的な商品でしたが、ごま油以外にはあまりパンチのない味で、それに加えて具がキャベツのみでかなり寂しい印象。味が華やかでマヨネーズも入っている焼そばに比べて物足りなさが目立ってしまっていました。100円程度で購入でき、麺はちょっと面白い食感で大盛、そう考えると十分コスパの高い一杯といえますが、日清の商品ならばもうひとパンチあってもらいたかったですね。今後に期待したいと思います。

ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加