「トリュフ香る」シリーズ唯一のノンフライ麺を使用した商品

今回のカップ麺は、東洋水産の「マルちゃん 麺づくり トリュフ香る芳醇しょうゆ」。ノンフライカップ麺の定番「麺づくり」の新商品で、今週発売された「トリュフ香る」シリーズ3品のうちのひとつ。3品で唯一のノンフライ麺商品で、香りものであるトリュフとは最も相性が良さそうだと推測しています。ここまでレビューしてきた2品は、いずれもトリュフの香りが穏やかでしたが、こちら「麺づくり」は果たしてどうでしょうか。今回のしょうゆ味スープは貝だしの味がしているとのことで、トリュフとの組み合わせは良さそうですよね。楽しみな一杯です。



商品概要

品名:マルちゃん 麺づくり トリュフ香る芳醇しょうゆ
メーカー:東洋水産
発売日:2018年4月9日(月)
麺種別:ノンフライ麺
かやく・スープ:2袋(液体スープ・かやく)
定価:税別180円
取得価格:税込105円(イオン)

栄養成分表

1食100g(めん65g)あたり
エネルギー:330kcal(めん・かやく265kcal スープ65kcal)
たん白質:10.4g
脂質:7.9g
炭水化物:54.3g
ナトリウム:2.2g(めん・かやく0.4g スープ1.8g)
ビタミンB1:0.29mg
ビタミンB2:0.28mg
カルシウム:160mg



貝だしの効いたあっさりしょうゆ味のスープにトリュフがほんのりと香る

スープは「豚・鶏のガラをベースに、あさりとほたての旨味を加え、トリュフの香りを利かせた醤油スープ」で、「丸大豆醤油使用」とのこと。豚と鶏をベースとしたあっさりなしょうゆ味のスープです。油分は少なめで、しょうゆの香りは強めです。だしとしてあさりとほたてが入っていて、特にあさりが強いように感じます。貝の少しほろ苦い味が効いたしょうゆ味のスープは、あっさりながら深みがあり、なかなか飲ませるものがあります。今回「トリュフ香る」シリーズということで主役となるトリュフは、シリーズの他の商品と同様、ほんのりと効く程度で、それほど強くは主張してきません。ふわっと香る程度で、貝の味の方が強いです。貝のほろ苦さとトリュフの香りの相性は良く、上品に仕上がっていました。トリュフが弱いのは少し物足りないものの、貝だしの効いたしょうゆ味で中華そばの形を崩していないところがこのスープの大きな特徴なのではないかと思います。

中細でコシのある多加水ノンフライ麺で、スープとの相性は抜群

麺は「なめらかな口当たりとしなやかなコシを合わせ持った、細めのノンフライ麺」とのこと。中細で縮れのあるノンフライ麺です。黄色みが強めのいかにも中華そばらしい麺で、「麺づくり」シリーズのしょうゆ味の麺と同じものかと思います。弾力のある多加水麺で、コシの強さが大きな特徴。小麦感もしっかりあるため、生麺っぽさを感じる上質な麺です。強く主張してくる麺ではないのでスープの味を邪魔しておらず、それでいて小麦感や弾力の強さがスープの中で適度に主張しています。スープとはベストマッチですね。これ以上ない組み合わせのように感じました。レベルの高いノーマル「麺づくり」の組み合わせと同等でした。昨年リニューアルされた「麺づくり」シリーズの麺は本当に優秀だと思います。

「鯛だしうどん」と共通の鶏だんごはおいしい

具は「味付鶏だんご、ねぎ、なると」とのこと。鶏だんごは前回レポした「マルちゃん トリュフ香る鯛だしうどん」と同じもので、個数も同じ4個です。鶏の味と食感をしっかり感じられるだんごで、粒も大きく食べ応えがあります。他はなるとが1枚とねぎ。ねぎは少し多めに入っています。焼きのリやメンマが入っているノーマル「麺づくり」に比べると多少物足りないボリュームですが、トリュフ分でしょうかね。トリュフの香りを阻害しないためには、ノーマルに入っているメンマや焼きのりは香りが強くて使いにくそうな感じがします。

オススメ度(標準は3です)

★★★★★☆☆☆☆☆(5)
「トリュフ香る」シリーズの商品で主役がトリュフと捉えるならば、香りがそれほど強くなくて物足りないです。ただ、貝だしの効いたあっさりしょうゆ味の一杯としてはなかなか良くできていて、貝だしとほんのり香るトリュフとの相性の良さを感じます。いかにも中華そばらしい多加水の中細ノンフライ麺とスープの相性も抜群。正直言って、トリュフが入っているかどうかはあまり関係なくおいしい一杯でした。今回の「トリュフ香る」3品の個人的な好みで順位付けをすると、麺づくり>鯛だしうどん>俺の塩でした。

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加