定番「わかめラーメン」シリーズの新味は「野菜タンメン」

今回のカップ麺は、エースコックの「わかめ 野菜タンメン」。エースコックの看板商品のひとつ「わかめラーメン」シリーズの新商品です。「わかめラーメン」シリーズは今週「しょうゆ」と「みそ」がリニューアルされています。「野菜タンメン」という味ですが、「しょうゆ」と「みそ」がすでにラインナップにあるので、この商品は「しお」の位置付けになるのではないかと思われます。わかめたくさんなシリーズなのに、その上に野菜までたくさん入ってしまうのかと考えると、かなり健康まっしぐらな商品っぽいですね。レギュラー化も狙えそうな一杯なので、とても楽しみです。



商品概要

品名:わかめ 野菜タンメン
メーカー:エースコック
発売日:2018年3月26日(月)
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:3袋(粉末スープ・かやく・スパイス)
定価:税別180円
取得価格:税込149円(マックスバリュ)

栄養成分表

1食76g(めん64g)あたり
エネルギー:308kcal(めん・かやく271kcal スープ37kcal)
たん白質:6.8g
脂質:10.0g
糖質:46.2g
食物繊維:2.9g
ナトリウム:2.2g(めん・かやく0.8g スープ1.4g)
ビタミンB1:0.28mg
ビタミンB2:0.26mg
カルシウム:160mg



オーソドックスなタンメンスープにピリ辛のスパイスが効いている

スープは「チキンをベースに、香味野菜やホタテの旨みを加えたタンメンスープ」で、「別添スパイスでアクセントをつけることで、スパイシーな風味がクセになる味わいに仕上げ」たのこと。野菜の甘みの出た鶏ベースのしお味スープです。スパイスはいつもの胡椒ベースではなく赤味のチリベースで、穏やかな味のスープの中でピリッとスープを引き締めていました。スパイス以外は特に奇を衒っていないタンメンスープできちんとおいしかったのですが、「わかめラーメン」シリーズのスープと考えれば期待がどうしても大きくなってしまい、少し物足りない印象が残ります。スパイスが「わかめラーメン」らしさなんだとは思いますが、これはこれでタンメンって結構胡椒が効いているもの多いですし、スパイスだけではなく野菜の味をもっと強めるとか、もう少し極端な方向に振ってもらいたかったかなと感じました。

食感のしっかりした中細油揚げ麺

麺は「適度な弾力を持つ、滑らかなめん」とのこと。いつもの「わかめラーメン」の中太油揚げ丸麺です。今回、「しょうゆ」や「みそ」ほどスープに主張がないため、麺はもう少し細い方がバランスが取れたんじゃないかと感じましたが、この麺を使うことで「わかめラーメン」らしさをしっかり保てているため、このシリーズのアイデンティティのひとつと考えれば致し方ないところでしょうか。「しょうゆ」や「みそ」と比べなければ、バランスが悪いというわけではありません。スパイスの効果もあって油揚げ麺臭が最小限に留められているのは良かったと思います。

わかめは「どっさり」だけどタンメンという割には野菜が少ない

具は「器に広がるどっさりわかめに、シャキシャキとした食感の良いキャベツ、彩りの良いコーン、人参を入れ」、「わかめと彩り野菜で満足感倍増のおいしさ」とのこと。わかめの量は「しょうゆ」や「みそ」に比べて少し少なめのように感じます。それでも「どっさり」入っていることは間違いありません。タンメンらしくキャベツやコーンなど野菜が入っているものの、タンメンというにはちょっと量が少ないように感じました。わかめがたくさんの上に野菜もたくさんではコストがあわないのかもしれませんね。この野菜の量だと「タンメン」というより「しおラーメン」とする方が良かったと思います。そして「しょうゆ」や「みそ」と決定的に違うのがごまが入っていないことで、「わかめラーメン」シリーズの味の中でわかめに次ぐ重要な存在がないことはちょっと意外でした。ごまを入れたらタンメンらしさがなくなるのかもしれませんが、「わかめラーメン」だということを考えればできれば入っていて欲しかったですね。

オススメ度(標準は3です)

★★★☆☆☆☆☆☆☆(3)
「わかめラーメン」シリーズへの期待が大きいためか、やや物足りなさが残る一杯でした。わかめの量はしっかり「わかめラーメン」らしく「どっさり」でしたが、タンメンという割には野菜が少なく、また、ごまが入っていないことでだいぶ「わかめラーメン」らしさが消えてしまっているように感じました。無難においしくはあるのですが、「わかめラーメン」シリーズという大きなハードルを飛び越えることはできなかった印象でした。

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加