「ご飯がススム」のカップ麺登場!

今回のカップ麺は、サンヨー食品の「サッポロ一番 ご飯がススムキムチ味ラーメン 甘っ辛っうまっ!!仕立て」。パックなったキムチの定番商品「ご飯がススムキムチ」の味をカップ麺で再現した商品。一般的な普通のキムチに比べて、魚介の味とりんごの甘味を強く感じるのが大きな特徴で、鉄板と言って良い味でしょう。辛さはそれほど強くないのでそこが物足りないのですが、かなり濃い味でごはんのおかずとしては最適です。あの独特な味わいをカップ麺でどう再現しているのか、食べるのが楽しみです。ちなみに、100円ショップ等でニチフリからご飯がススムのふりかけが販売されていて、最初食べた時はなんだこの味は?とちょっと思ってたのですが、食べ進めていくうちにちょっとドハマリしていって、今ではうちのふりかけラインナップに欠かせないもののひとつとなっています。魚介と甘さの後味を強調した感じっていうんですかね。かなり不自然な味なんですが慣れてくるとおいしいです。よかったらどうぞ。



商品概要

品名:サッポロ一番 ご飯がススムキムチ味ラーメン 甘っ辛っうまっ!!仕立て
メーカー:サンヨー食品
発売日:2018年2月19日(月)
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:1袋(仕上げの小袋)
定価:税別205円
取得価格:税込216円(セブンイレブン)

栄養成分表

1食95g(めん70g)あたり
エネルギー:429kcal(めん・かやく332kcal スープ97kcal)
たん白質:7.7g
脂質:18.4g
炭水化物:58.2g
ナトリウム:2.2g(めん・かやく0.6g スープ1.6g)
ビタミンB1:0.33mg
ビタミンB2:0.59mg
カルシウム:229mg



「ご飯がススム」の特徴をよく掴んでいるスープ

スープは「かつおのうまみ、ガーリックのコク、りんごの甘みをきかせ、辛みの中にも甘み、うまみが感じられるキムチ風味のスープに仕上げ」た、「(株)ピックルスコーポレーションの人気商品『ご飯がススムキムチ』の味わいを再現したスープ」とのこと。普通のキムチ味のラーメンスープとは明らかに違う、魚介の強さとりんごの甘さがキムチらしい味よりも前に来るのが大きな特徴のスープです。実際のキムチとは違ってスープなので味の弱さは否めませんが、それでも特徴をよく掴んでいるスープかと思います。あんまり辛くないスープなのでもうちょっと辛い方が良いと思うし、またもっと甘さがあった方が「ご飯がススム」っぽいとは思うものの、かつおの味がキムチの味より強く感じるところなんかは本物とそっくりです。味が底にたまりやすいので、よくかき混ぜて食べることをおすすめします。私は食べ初めの方でちょっと失敗してしまいました。

やや麺の勝ったバランスと感じる中太油揚げ麺

麺は「なめらかさとつるみのある中太麺がスープとよく絡」むとのこと。中太の油揚げ麺・・・というほど太くはない感じですが、少しやわらかめの食感のサンヨー食品らしい油揚げ麺です。スープがキムチ味の割にはそれほど強いわけではないので、麺はもうひと回り細い方がバランスは良かったかなと思います。スープに比してやや麺の主張の強さを感じました。それほど強いわけではないものの油揚げ麺臭も少しありますね。麺がもっと細ければさらにスープの味をよく感じられるようになったかと思います。

キムチの量が少なく全体的に中途半端な具の構成

具は「キムチは酸味と辛みがスープとよく合い、おいしさを引き立て」て、「肉そぼろのうまみが食欲をそそり、かき卵とネギを加えて彩りよく仕上げ」たとのこと。キムチのカップ麺としては実際の白菜キムチは少なめ。カットも小さめで、もう少したくさん入っててくれた方がキムチのラーメンらしくなったかなぁと思います。ねぎやかきたままで入っていて彩りは結構豊かではありますが、量的にはそれほど多いとは言えません。肉そぼろの量もちょっと少ないか。これならば具の種類を減らして白菜キムチに集中したほうが良かったのではないかと感じました。ねぎ以外は全部中途半端な印象でした。

オススメ度(標準は3です)

★★★★☆☆☆☆☆☆(4)
「ご飯がススム」の味の特徴であるかつおの味やりんごの甘みの強さを再現できていましたが、キムチ味のスープとしてはやや迫力不足な味と感じました。また、ちょっと太めの麺と合わせるとスープが一歩下がってしまう印象で、スープと麺のバランスもそれほど良いとは思いませんでした。具もキムチが少なく、もうちょっと思い切った割り振りをしてもらいたかったところ。なんかボロクソ書いてますがスープはよくできており、しっかり「ご飯がススム」の味だったのでこの評価としました。

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加