「はまぐり」と「山椒」を使った「日清麺職人」シリーズの新商品

今回のカップ麺は、日清食品の「日清麺職人 山椒仕立てのはまぐりだしそば」。「日清麺職人」シリーズの新商品です。商品名に「そば」とついているのでついに麺職人でも蕎麦が来たか!と思いましたが、中華そばのことのようで、今回もラーメンです。「山椒」に「はまぐり」と、ずいぶんスープにこだわってそうな一杯で期待できます。おそらくこの組み合わせだとあっさり味に仕上げてきていると思われ、麺職人がいかにも得意としそうな味のように見えます。今回の麺職人はどんな味で楽しませてくれるのでしょうか。楽しみです。



商品概要

品名:日清麺職人 山椒仕立てのはまぐりだしそば
メーカー:日清食品
発売日:2018年2月12日(月)
麺種別:ノンフライ麺
かやく・スープ:3袋(後入れ液体スープ・かやく・山椒オイル)
定価:税別180円
取得価格:税込127円(イオン)

栄養成分表

1食93g(めん65g)あたり
エネルギー:302kcal(めん・かやく282kcal スープ20kcal)
たん白質:6.7g
脂質:6.6g
炭水化物:54.0g
食塩相当量:6.0g(めん・かやく1.6g スープ4.4g)
ビタミンB1:0.32mg
ビタミンB2:0.42mg
カルシウム:127mg



「はまぐり」と「山椒」がほのかに香る鶏メインのしょうゆ味スープ

スープは「しょうゆベースに鶏とはまぐりのうまみをきかせた、コク深い味わいのスープ」で、「山椒オイル」が別添とのこと。鶏ベースのしょうゆ味のスープです。鶏油の味がふわっと漂う、鶏メインの味となっています。はまぐりはかなりほのかに香る程度で、舌の横にほろ苦さが感じられます。「山椒オイル」によって、そんなに強くないものの山椒の風味が加わって、香り豊かなスープとなりますが、全部入れてしまうとはまぐりの香りが消えてしまう印象。山椒のちょっと効いた鶏だしメインののスープでした。はまぐりを楽しみたいなら山椒オイルは慎重に入れた方が良いでしょう。また、はまぐりと山椒に強さを求めるなら、今回のスープは少し拍子抜けかもしれません。こういうほのかに繊細に香るのが麺職人らしさでもあるんですけどね。大人の味という印象の強いスープでした。

強い小麦の香リを認識でいるスープとのバランス

麺は「"全粒粉" を練り込むことで小麦本来の風味が感じられる、しなやかなノンフライ中細ストレート麺」とのこと。麺職人シリーズのいつもの全粒粉入り中細ノンフライ麺です。少しかための非常に上品な食感の麺で、今回の繊細なスープとよく合っています。ただちょっと生麺っぽいしっとり感には欠けるので、個人的には湯戻し時間をちょっと長めに取る方が良いように思います。今回スープがかなリあっさりしているため、麺の小麦の香りをより強く認識することができました。「日清麺職人」と名乗る以上、麺がメインであるべき商品なので、今回の少し麺が勝ったバランスは狙い通りなんだと思います。他の麺職人シリーズの商品も概ねこんな感じのバランスですよね。

なぜか小さいなるとがたくさん入っているが具全体としては貧弱

具は「なると、ネギ」とのこと。具は正直貧弱です。肉系の具は入っていません。ボリュームとしては大したことないですが、小さいなるとがたくさん入っていて、これだけ数入れるなら他の具にコスト回せばいいのにとちょっと思ってしまいました。なると好きの方なら納得かと思います。ネギはそれほど入っておらず、また、今回のスープならばメンマが欲しかったかなと感じました。なると半分にしてその分のコストをメンマに回すことはできなかったのでしょうか。具が弱いのはいつもの麺職人と同じ傾向であり、スープや麺にだいぶコストを割いているのは食べていて実感できるので、あくまで良質な麺をおいしいスープで楽しむための一杯ということで具の貧弱さは納得できるものではあります。

オススメ度(標準は3です)

★★★★☆☆☆☆☆☆(4)
鶏油がふわっと香る、鶏メインのしょうゆ味のスープで、商品名にもなっている「はまぐり」や「山椒」はほのかに香る程度でした。山椒オイルを全部入れていしまうとはまぐりがだいぶ弱くなってしまうようにも感じました。いつもの「日清麺職人」シリーズと同じように、スープよりも麺が勝ち気味のバランスで、麺の小麦の風味を強く認識することができます。個人的には味にもうワンパンチ欲しいところではありましたが、これが大人の味ってやつで、私の舌がおこちゃまということなんだと思います。おこちゃまなりに楽しめる味ではありました。

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加