「QTTA」に待望の新味登場!

今回のカップ麺は、東洋水産の「MARUCHAN QTTA(クッタ) バーベキューチキン味」。カップヌードルに対抗すべく、昨年3月に鳴り物入りで登場した、「QTTA」シリーズの新商品です。鳴り物入りで登場した割には、カップヌードルのような新しい味をバンバン出すことはしてきていませんでしたが、今回やっと基本味以外の2種類の新商品が登場。ひとつは今回食べる「バーベキューチキン味」、もうひとつが「サワークリームオニオン味」。「サワークリームオニオン味」も近いうちに食べたいと思っています。さて今回の「バーベキューチキン味」ですが、名前だけ聞くとどんな味だか想像つきませんね。よくわかんないけど何となくおいしそう。ちょっとかわいいパッケージも期待を膨らませます。



商品概要

品名:MARUCHAN QTTA バーベキューチキン味
メーカー:東洋水産
発売日:2018年1月29日(月)
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:なし
定価:税込180円
取得価格:税込184円(セイコーマート)

栄養成分表

1食84g(めん66g)あたり
エネルギー:363kcal(めん・かやく299kcal スープ64kcal)
たん白質:8.7g
脂質:13.2g
炭水化物:52.4g
ナトリウム:1.9g(めん・かやく0.8g スープ1.1g)
ビタミンB1:0.34mg
ビタミンB2:0.29mg
カルシウム:151mg



鶏ベースでポテトのとろみと胡椒が効いたスープ

スープは「チキンなど肉系の旨味をベースに、香辛料をしっかりと利かせたバーベキュー味のスープ」で、「ポテトをふんだんに使用し、濃厚でザラついた舌触りを出し」たとのこと。鶏ベースの味に、ポテトが溶け込んで少しどろどろした食感のスープです。煮込んでじゃがいもが溶けた家庭のカレーみたいな食感ですかね。豚も入っているようですが、メインとなっているのは鶏の味です。これにしっかり胡椒が効いていて、この部分が「バーベキュー」ということなのでしょうか。「バーベキューチキン味」と聞いてどんな味だかイメージできませんでしたが、実際食べてみてもメーカーが想定している「バーベキューチキン」なるものの正体は掴めませんでした。ただ、ポテトのとろみと味が面白く、鶏とスパイスでエッジの効いた味になっていて、ポテトの味も含めて後を引くとてもおいしいスープでした。「バーベキューチキン」というものはイメージできないものの、なんというか、カップ麺らしいパワーと安定感のある味でした。

つるみのある独特な食感ので、スープとの相性も抜群の新開発麺

麺は「チキンの旨味と発酵調味料で味を付け、ラードを使用した油で揚げ香ばしい風味を加えた、スナック感のある麺」で、「『つやもち製法』により、なめらかな食感に仕上げ」たとのこと。今回の「QTTA」2種のために新開発された、つるみのある平打ちで太めの油揚げ麺です。説明書きの前半部分にある「スナック感」のある麺とはちょっと違うように感じたものの、一般的な油揚げ麺と本格的な食感の麺の中間くらいに位置する、ちょっと油揚げ麺臭の残る本格麺といった感じです。いや~説明難しい。とにかく独特なんです!w ライバルのカップヌードルの麺が他社に模倣されて没個性化している中で、他社では見ない食感の麺を使っているのは評価できる点かと思います。今回の鶏ベースのポテトスープとの相性も良く、スープのとろみの効果で太めの麺でもしっかりスープが絡み、味のバランスが取れています。また、麺の味付けによって、太い麺とは思えないレベルでスープとの一体感がありました。この麺は今後他の味のQTTAにも利用されていくのでしょうか。

今回の皮付きポテトはカップ麺最強のポテトで間違いなし!!

具は「皮付きポテト、味付豚肉、赤ピーマン」とのこと。具の種類は3つしかなくて少ないですが、インパクトは大きいです。皮付きポテトは、これはもうカップ麺最強のポテトでしょう。見事なまでにポテトの食感が再現できていて、風味も豊か。皮の味まできちんと感じられます。「カップヌードルSIO」に入っていたポテトの食感で驚いたのももう昔の話で、そこから技術はずいぶんと進歩してるんだと感じさせるものがあります。量があって粒が大きく、食べ応え十分です。肉系の具はまだまだ日清食品の技術が上かと思いますが、野菜についてはFD技術も卓越している東洋水産が他社の追随を許していない状況だと思います。味付豚肉は3個しか入っていなかったものの結構粒が大きくて存在感はしっかりありました。赤ピーマンも大きくて、カップに彩りを加えていました。

オススメ度(標準は3です)

★★★★★☆☆☆☆☆(5)
味も良かったですが、それ以上に斬新さの光る一杯。スープに溶け込んだポテトの食感、つるみがありながら油揚げ麺らしさも残す独特な新開発麺、そして皮付きポテトの圧倒的なクオリティ、どれも素晴らしいものでした。カップ麺が進化していると実感できる一杯です。もちろん味もおいしく、「バーベキューチキン」の正体はよくわからなかったものの、ポテトの食感と風味をしっかり感じる鶏ベースのスープに胡椒のエッジが効いた味は秀逸で、新開発の麺とも好相性。今回の商品で「QTTA」シリーズは王者「カップヌードル」とも今後しっかり渡りあっていけると確信しました。「QTTA」が新しいことをどんどん取り入れることで「カップヌードル」シリーズをいわば旧勢力のポジションに追いやる構図を作リ出せれば勝ちが見えてくるように感じました。日清食品もカップヌードルで新しいことをどんどんやっているのでなかなか難しいでしょうけどね。

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加