秋冬定番商品「あつあつ豚汁うどん」をタテ型で再現した商品

今回のカップ麺は、東洋水産の「マルちゃん 縦型ビッグ あつあつ豚汁うどん」。東洋水産の秋冬人気商品「あつあつ豚汁うどん」をタテ型カップで再現した商品です。あつあつ豚汁うどんはホントおいし商品ですよね。濃いみそ味と強く効いた豚の味で、寒い季節に体が温まる一杯。タテ型にすることで、コンビニ等スペースの狭いお店にも置けるようになり、より身近な存在になることを狙った商品かと思われます。このブログでもすでに何度か「あつあつ豚汁うどん」食べていますが、今回タテ型でも改めて食べてみたいと思います。



商品概要

品名:マルちゃん 縦型ビッグ あつあつ豚汁うどん
メーカー:東洋水産
発売日:2018年1月22日(月)
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:なし
定価:税込205円
取得価格:税込216円(ローソン)

栄養成分表

1食88g(めん70g)あたり
エネルギー:378kcal(めん・かやく327kcal スープ51kcal)
たん白質:10.9g
脂質:15.1g
炭水化物:49.6g
ナトリウム:2.2g(めん・かやく0.7g スープ1.5g)
ビタミンB1:1.42mg
ビタミンB2:0.35mg
カルシウム:158mg



どんぶり型に比べて豚脂やしょうがの効きが弱いつゆ

スープは「ポークの旨味をベースに、赤・白の合わせ味噌を加えたコクのあるつゆ」で、「七味唐辛子を加え、アクセントをつけ」たとのこと。どんぶり型商品と同じく、赤みそが勝った濃いみそ味のつゆです。この濃いみそ味のつゆに豚の旨みが効いていて、非常に濃い味なのが特徴です。ただ、どんぶり型に比べると豚脂が弱く、またどんぶり型ではあった生姜の香りも弱いです。そのため、タテ型の味はちょっとどんぶり型とは変えてきているようです。豚脂に厚みがあるどんぶり型の方が断然おいしいつゆだと感じました。なんで豚脂減らしちゃったんでしょうか。どんぶり型と同じ味でまったく問題なかったと思うんですけどね。ただ、濃いみそとごぼうの味は健在で、この濃くて太い味は冬の寒い時期に体をあっためるには良い味で、タテ型として気軽に手に入りるなら悪くないのかもしれません。両方選べるならどんぶり型一択。

どんぶり型に比べて厚みがあって縮れの弱い油揚げ麺

麺は「コシが強く歯ごたえのあるうどん」とのこと。平打ち太めの油揚げ麺のうどんです。カップの形状が違うためか、どんぶり型の麺に比べるとやや厚みがあり、縮れもおとなしめかと思います。カップうどんよりも本物のうどんに近づけた麺という印象でした。つゆのみそと豚がかなり強いので、今回のような太めの麺でもしっかりバランスが取れており、太麺によくある油揚げ麺臭はほとんど感じることはなかったです。つゆと麺の相性は抜群でした。どんぶり型のいかにもカップうどんの麺という感じも捨てがたいですが、今回の麺もつゆとマッチしていて良かったです。

じゃがいもに代わってさといも、そしてごぼうが多くて風味豊か

具は「FD野菜ブロック(ごぼう、さといも、ねぎ)、味付豚肉、きざみ揚げ、ねぎ」とのこと。豚汁のメインの具であるはずの豚肉ですが、どんぶり型に比べてちょっと量が少ないように思いました。豚汁ならもう少し入っていて欲しかったところ。また、どんぶり型のじゃがいもに代わり、今回はさといもが入っています。個人的には豚汁と言えばじゃがいもなんですが、全国的にはさといもの方がポピュラーなので、この変更はどんぶり型とは別のバリエーションとして面白いです。さといもらしい食感はしっかり感じられました。また、ごぼうが量が多くなり、FDらしく風味も豊かでした。敢えて豚脂と豚肉の地位を下げて、ごぼうを引き立てようとする構成なのかもしれませんね。

オススメ度(標準は3です)

★★★★☆☆☆☆☆☆(4)
どんぶり型に比べて豚脂や生姜が弱まったつゆは、じゃがいもからさといもに変更になったことも踏まえると、北国仕様から全国版にシフトチェンジした感じがしました。また、豚肉の量は減ったものの、ごぼうが存在感を増しており、ごぼうにクローズアップした豚汁うどんと言えるかもしれません。個人的にはどんぶり型の味の方が断然好きで、両方選べるなら迷いなくどんぶり型を選びます。ただこれはこれでおいしいのは間違いないので、コンビニで気軽に買えるなら今回のタテ型の選択も悪くないのではないでしょうか。

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加