春らしい梅の一平ちゃん焼うどん

今回のカップ麺は、明星食品の「明星 一平ちゃん焼うどん 大盛 紀州の梅 だし醤油味」。「明星一平ちゃん 夜店の焼そば」シリーズの新作です。まだまだ寒い日が続きますが、カップ麺ではひと足早く春の装い。私の住む地域では春なんてまだまだだし、梅が咲くのなんてあと何ヶ月先だという感じですが、梅の一平ちゃん焼うどんです。食だけでも春を感じられるのはありがたい。梅香るだし醤油味ということで、一平ちゃんらしくマヨネーズも入っていますが、和風の焼うどんですかね。どんな味なのか楽しみです。



商品概要

品名:明星 一平ちゃん焼うどん 大盛 紀州の梅 だし醤油味
メーカー:明星食品
発売日:2018年1月15日(月)
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:3袋(液体ソース・ふりかけ・マヨネーズ)
定価:税別205円
取得価格:税別216円(ローソン)

栄養成分表

1食153g(めん120g)あたり
エネルギー:685kcal
たん白質:9.8g
脂質:32.5g
炭水化物:88.4g
ナトリウム:3.0g
ビタミンB1:0.38mg
ビタミンB2:0.35mg
カルシウム:179mg



梅の香りとしょうゆだれの相性は良いが、梅とマヨは酸味がバッティング

ソースは「豚肉や野菜の旨みが効いた醤油だれに、紀州産梅肉ペーストを加え」た、「鰹節や梅の風味のオイルを合わせた、だし醤油味のソース」で、「一平ちゃんならではのコクのあるプレーンマヨネーズ」が別添とのこと。しょうゆだれに梅のペーストが入り、後述する梅の入ったふりかけがなくてもソースだけで梅の味がします。梅の風味と少し酸っぱい味が、しょうゆだれとよくマッチしています。しょうゆと梅の相性良いですね。しょうゆだれは少し甘めで、これに梅が加わることでさっぱりした味に仕上がっています。一平ちゃんの大きな特徴であるマヨネーズが加わりますが、これはちょっと蛇足かな。梅とマヨネーズの酸味がバッティングしてしまっていて気になりました。一平ちゃんなのでマヨ入れないと成り立たないのかもしれませんが、正直入れない方がおいしいと思います。マヨネーズ入れるなら梅がいらないですかね。それだと梅味の焼そばとして成り立たないですが。

一般的なカップ焼うどんの油揚げ麺だが今回の濃い味とはバランスが取れていない

麺は「もっちりとして食べ応えがあり、うどんならではの食感が楽しめる太麺」とのこと。幅広油揚げ麺のうどんです。一平ちゃん焼うどんでいつも使われている麺かと思います。厚みはそれほどないですが、幅があるので存在感のある麺です。しかし、今回はソースに加えて後述するふりかけがかなり強いため、幅広の太麺とは言え味とのバランスは取れておらず、濃い味の受け皿にはなっていませんでした。このバランスの悪さは決して麺が悪いわけじゃないんですが、今回の味を麺でバランスをとるなら、厚みもあるごんぶとクラスのうどんを持ってこないと厳しいかもしれません。ソースとだけならバランス良さそうなんですが、ふりかけが強すぎるんですよね・・・。

ふりかけの梅肉チップと梅肉パウダーがかなりしょっぱい

具は「紀州産南高梅を使用した梅肉チップと梅肉パウダーに、ゴマときざみのりを組み合わせ」たふりかけが別添とのこと。ふりかけには梅肉チップと梅肉パウダーが入っていて、ソースの梅を増強する形となっています。しかし、これが濃い味というか、かなりしょっぱいです。ソースだけで成立している味にこのふりかけが入ることで、凄まじくしょっぱい味になってしまっています。明星さんこれきちんと味見したんですかね・・・。明星食品はこういうミスなんじゃないかと思えてしまう味のものをたまに作っちゃうんですよね。ソースだけで十分成立するしょっぱさなのに、それにマヨとふりかけを加えるのはちょっとどうなんだろうと思います。このふりかけを入れるなら、ソースの塩分を調整しないといけないはずですが、ソースの味からは調整したとは感じられませんでした。ふりかけに入っているきざみのりは梅やしょうゆだれとの相性がとても良く、これがせめてもの救いか。

オススメ度(標準は3です)

★★☆☆☆☆☆☆☆☆(2)
梅の味のする甘いしょうゆ味のたれは、こってりした中に梅のさわやかさが感じられてなかなかおいしかったです。しかし、梅肉チップなどが入ったふりかけを加えることでかなりしょっぱくなってしまい、厳しい味でした。この商品をきちんとおいしく食べるなら、マヨとふりかけを入れずに、いや、ふりかけのきざみのりだけかけて食べるのが良いと思います。きざみのりだけ取り出すのはめんどくさいですが。ソース単体ではおいしくて良い部分もあった一杯なだけに残念です。

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加