オープン価格の大盛カップ「貫禄の逸品」シリーズのうどん

今回のカップ麺は、日清食品の「日清 貫禄の逸品 きつねうどん」。前回のお蕎麦に引き続き、大盛カップのオープンプライス商品「日清貫禄の逸品」シリーズの一杯です。年越しそばにカップうどんを食べる人も多いのではないかと思い、お蕎麦だけではなくこちらうどんも食べてみようと思いました。まったく定着していないものの、日清食品は「年明けうどん」という文化を根付かせようとしているため、この時期にカップうどんを記事にするのはそこにも多少は貢献できるのかなと、キレイゴト的な理由も並べてみます。まぁ今週新商品少ないのでネタに困っているんですよねw 「貫禄の逸品」のお蕎麦にはコスパの高い商品でしたが、こちらうどんはどうでしょうか。



商品概要

品名:日清 貫禄の逸品 きつねうどん
メーカー:日清食品
発売日:2015年9月7日(月)
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:1袋(粉末スープ)
定価:オープン価格
取得価格:税込118円(イオン)

栄養成分表

1食107g(めん90g)あたり
エネルギー:466kcal(めん・かやく436kcal スープ30kcal)
たん白質:10.3g
脂質:17.7g
炭水化物:66.4g
ナトリウム:2.8g(めん・かやく0.9g スープ1.9g)
ビタミンB1:0.24mg
ビタミンB2:0.26mg
カルシウム:183mg



昆布が力強く効いた関西風うどんつゆ

つゆは「さんしょうがほのかに香る、昆布だしを利かせた関西風つゆ」とのこと。昆布とかつおの効いたうすくちしょうゆ使用の関西風うどんつゆです。だしの効きの強さが大きな特徴で、特に昆布だしの太さはかなりのものがあります。東日本の人間である私にとっては、お蕎麦と違ってしょうゆの強く効いていないうどんのつゆに苦手意識があるのですが、今回のつゆはかなり力強く昆布が効いているため、わかりやすくおいしいと感じられました。うまいです。お揚げから染み出す油の効果もあって、ちょっとこってり感もありました。廉価商品のスープとしては分厚い味で、全然安っぽくないつゆでおいしかったです。

ストレートの油揚げ麺のうどん麺

麺は「まっすぐでつるみのある太めのうどん」とのこと。太めの油揚げ麺のうどん麺です。日清どん兵衛の麺のようなみずみずしさはありませんでしたが、ストレート形状の効果もあってか、廉価商品の麺とは思えない上品さがありました。それなりにしっかり歯ごたえがあり、がっしり食感のうどん麺です。多少油揚げ麺臭は感じるものの、昆布の太いつゆの中で悪目立ちはしておらず、きちんとつゆの支配下に収まっていてバランスが良いと感じました。麺が太いのでお蕎麦の時ほどの食べ応えは感じませんでしたが、それでも大盛麺なので十分お腹一杯になる量で、価格を考えると素晴らしいと思います。

甘く味付けされたお揚げを始め、具はかなり充実

具は「おあげ、揚げ玉、たまご、ネギ」とのこと。お揚げの大きさはさすがに「日清のどん兵衛」と比較するとだいぶ小さいですが、かなり甘さの強い味付けが施されており、存在感はバツグンです。厚みがあってふわふわしており、食べ応えもあります。これはいいですね。廉価商品の具としてはかなり秀逸かと思います。この他にお蕎麦でも使われていた揚げ玉が少し入っていて、つゆの味に厚みを増させていました。たまごもしっかり存在感あります。具についてはお蕎麦よりもだいぶ良いんじゃないですかね。廉価商品では出色のデキだと思います。

オススメ度(標準は3です)

★★★★★☆☆☆☆☆(5)
安く買える大盛のカップうどんでしたが、味は廉価商品とは思えない素晴らしい一杯です。私はうどんよりお蕎麦が好きですが、「貫禄の逸品」シリーズについては同じ★5でもうどんの方がやや上と判断しました。昆布の力強く効いたつゆはわかりやすくおいしい味で、ストレート形状の油揚げ麺との相性も良かったです。また甘く味付けされたお揚げを始め、具の優秀さも目を引きました。うどんですがこれも年越しそばで食べる有力候補間違いなしです。量だけではなく味もとても素晴らしかったです。

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加