今回は、再発売されたローソン限定商品、十勝新津製麺の「富士宮やきそば すぎ本」です。以前発売されていた時には食べたことがなかったので今回食べてみます。というのも、私はカップ焼そばがそれほど好きではないのですが、その好きではない部分の多くは油揚げ麺に起因するものであり、この商品はノンフライ麺の焼そばなので、それがどんな味なのかとても興味を持ったからです。レギュラー商品でノンフライ麺の焼そばって、私の知る限りヤマダイの「凄麺MEGACUP濃厚ソース焼そば」くらいしかないんですよね。今回おいしければこれも食べてみようと思っています。





ソースは甘酸っぱくドロドロしていて、後を引く味と匂いになっています。それにいわしの削り粉をのせるのですが、とても良いバランスに感じました。ソースの味が強いのでもうちょっと魚臭が強い方が良いかなとは思いましたが、とてもおいしかったです。実際の富士宮焼そばは食べたことがありませんが、こんな味ならばぜひ食べてみたいと思わせてくれる味でした。

麺は、十勝新津製麺特有の「氷結乾燥ノンフライ麺」。十勝新津製麺のカップ麺をよく食べていればわかるのですが、まぁいつもの麺です(笑)。でも、これが焼そばの麺として使うと化けるんですね。ノンフライ麺の焼そば自体を食べたことがないのが大きいのかもしれませんが、これは革新的にうまいですね。ドロドロソースとよく絡み、なんか陶酔してしまいました。こんなおいしいカップ焼そばを食べたのは初めてでした。

具は、先程触れたいわしの削り粉の他に、レトルトの肉かす、キャベツ、青のり。この肉かすがまたとてもおいしかったです。焼そば全体に重みを加えていて、味的にも甘いソースに塩気を補完していてとても効果的でした。キャベツも大量でしっかりと存在感ありました。

いやー、参りました。とてもおいしかったです。こんなおいしいカップ焼そばがあるのならもっと早く出会ってたかったです。値段は298円と高めなんですが、この味だとかえって安く感じてしまいます。クセになる味で、売っているうちにちょっと買い込もうかなと思ってしまいます。カップ焼そばへの見方が変わりました。「今月の一杯」有力候補です。

オススメ度(標準は3です)
★★★★★★★☆☆☆(7)
ノンフライ麺だとカップ焼そばってこんなうまいのか!甘酸っぱいソースに絡むノンフライ麺の食感は最高。具も優秀で文句のつけどころなし。

品名:富士宮やきそば すぎ本
メーカー:十勝新津製麺
カロリー:488kcal
麺種類:ノンフライ麺
かやく・スープ:5袋(レトルトの具・乾燥具財・特製ソース・いわしの削り粉・青のり)
定価:不明
取得価格:税込298円(ローソン)


 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加