さすが1977年のパッケージ、1周しても古い感じですね 定価170円(税別) 取得価格100円(税込)


かやく・スープ類は3袋

今日は年に一度の大イベント「日本ダービー(東京優駿)」ですね。皐月賞馬不在の混戦ですが、私の本命は1枠1番ディープスカイ。前走NHKマイルカップの直線の走りを見ると、距離伸びての東京コースはいかにも向いてそう。アグネスタキオン産駒は相当走っていますが、サンデーサイレンス後継種牡馬として特にここは負けられない一戦ですね。でも今年は抜けた馬がいないので、あっと驚く大駆けする馬が出てきてもおかしくないでしょう。

さて、6月一発目は明星食品の「復刻版 めん吉ラーメン どんぶりくん しょうゆ」です。4月に発売された商品なので、もうだいぶ店頭から消えてしまっています。なんともレトロなパッケージで、どう見てもおいしそうには見えません(笑)。1977年に発売された明星ノンフライ麺の第1号商品だそうですが、別に懐古趣味もないので私にとってはまったく価値のない一杯になってしまうかもしれません。


中細ノンフライ麺、きれいなスープとオーソドックスな具

スープは透き通っていてとてもきれい。麺は中細のノンフライ麺で、具はオーソドックスにチャーシューとメンマとナルトとネギ、たまご。きれいなスープと相まって昔ながらのラーメン感が出ています。食べる前の私としては、「どうせ昔のラーメンだから★1個か2個だろー」なんて小馬鹿にして食べ始めます。

でもこれが驚いたことにうまいんですなぁ。スープはあっさりながらコショウの味が程よく効いていてパンチがあります。素朴なんだけどうまいです。そして驚きは麺。細くてつるつる入っていくんだけどしっとりと重みがあって本物の麺の食感・歯ごたえをよく再現できています。これは麺づくりや麺職人より明らかにおいしい麺です。これが本当に30年前のものそのままだとすると、カップ麺はスープと麺に関して30年間何も発展してこなかったことになってしまいます。公式HPの商品紹介に「スーパーノンフライ製法」の文字が確認できるので、おそらくは30年前そのままなんてことはないんだとは思いますけど。まったく期待せず安いから買っただけだったので、とても驚きの味でした。

オススメ度(標準は3です)
★★★★★★☆☆☆☆(6)
あっさり醤油スープによくあう麺に脱帽。この麺は本当に30年前の復刻なのか?

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加