関西味探訪 京都背脂しょうゆラーメン 税抜280円


たくさん浮いている背脂が一番の特徴か

以前の記事で、サンヨー食品サッポロ一番)から出ている「男の一杯 濃厚豚骨ラーメン」を酷評しました。正直、このサンヨー食品という会社の作る味を信用できなくなってます。そこで敢えて、それよりもっと高いカップ麺を食べて自分の中でサンヨー食品の汚名返上をしようと考え、サンヨー食品京都背脂しょうゆラーメン」を選び食べてみました。これでダメならもうこの会社のカップ麺は買わない覚悟で。

この商品、どこを探しても公式サイトを探すことができず、ブログ等のレビューもわずかで、もう販売終了品なのかまだ売っているものなのか、ローソンでしか見かけないけどローソン限定販売なのか、そのあたりまったくわかりません。申し訳ありません。

麺は四角いやや細めで縮れのノンフライ麺で、スープの上には大量の背脂の粒が載っています。チャーシューは2枚。おそらくは「男の一杯」の器の中で唯一おいしいと思えたチャーシューと同じものだと思います。その他にメンマとネギが入っています。

味は、「男の一杯」と打って変わって、なかなか考えられた味だと思います。鶏ガラがやや勝ってるけどとんこつ臭も多少するアッサリめのしょうゆのスープに、四角い細麺がとてもよくあいます。この麺は、適度なモチモチ感とコシがあって大変優れた麺だと思います。また、チャーシューはスープとのマッチングで言えば少し味が強すぎるとは感じましたがおいしかったです。

難点は2つ。縮れ麺の宿命と言えるのかもしれませんが麺がほぐれにくかったこと。もうひとつは、せっかくの背脂なんですが、結構溶けにくくて、背脂のこってり感が出る前に飲み込んでしまうこと。特に後者は残念で、このおかげで見た目ほどこってりしないラーメンになっていました。改良の余地はあると思います。

それなりに満足いく味ではあるのですが、280円という値段を考えると、もうちょっと頑張って欲しいなと思います。同じ京都系のラーメンでは、以前紹介した「日清が選んだ隠れた名店 らーめん杉千代 こってり醤油豚骨」があり、目指すものはきっと似ているものだろうとは思うのですが、日清の方が総合的に見て完成度が高いと感じました。やはり少し実力差を感じずにはいられません。

オススメ度(標準は3です)
★★★☆☆☆☆☆☆☆(3)
もう50円安ければ★4つ、100円安ければ★5つといったところ。味のレベルは決して低くないです。


 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加