2018年10月の記事一覧

カップ麺、カップラーメン、カップ焼そばの新商品や激辛商品をレビューし、評価をオススメ度として掲載。食べ比べや新商品発売予定のまとめも行っています。

月別アーカイブ:2018年10月

2018年10月の記事一覧。カップ麺、カップラーメン、カップ焼そばの新商品や激辛商品をレビューし、評価をオススメ度として掲載。食べ比べや新商品発売予定のまとめも行っています。

2018-10-31 カップラーメン
東京新宿御苑の人気店「金色不如帰」の味を再現したカップ麺 今回のカップ麺は、サンヨー食品の「金色不如帰 濃厚貝だし塩そば」。2018年10月30日発売のローソン限定新商品です。東京新宿御苑の人気店「SOBA HOUSE 金色不如帰」の味を再現したカップ麺です。おそらくお店のメニュー「真鯛と蛤の塩そば」の味を再現しているものと思われます。 「金色不如帰」は、蛤だしとトリュフのスープで人気のお店で、今年本店を東京幡ヶ谷...

記事を読む

2018-10-30 カップラーメン
京都一乗寺の人気ラーメン店「極鶏」のメニュー「赤だく」を再現したカップ麺 今回のカップ麺は、東洋水産の「マルちゃん 麺屋 極鶏 赤だく」。2018年10月29日発売の新商品です。京都一乗寺の人気ラーメン店「麺屋 極鶏」で供されているメニュー「極鶏 赤だく」を再現したカップ麺です。 「麺屋 極鶏」は、ラーメン激戦区である京都一乗寺にある人気ラーメン店で、濃厚な鶏白湯が特徴。その濃厚さはポタージュと称されるほどで...

記事を読む

2018-10-30 カップラーメン
「AFURI」カップ麺初となるしょうゆ味のスープ 今回のカップ麺は、日清食品の「日清 THE NOODLE TOKYO AFURI 限定柚子醤油らーめん」。2018年10月29日発売の、「日清THE NOODLE」シリーズの新商品です。東京恵比寿など、東京とその近郊や北海道、外国に店舗展開する人気ラーメン店「AFURI」の味を再現したカップ麺です。 「AFURI」は、神奈川厚木の名店「ZUND-BAR」を起源とするラーメン店で、鶏だしのスープが人気の有名店で...

記事を読む

2018-10-30 カップ麺対決食べ比べ
リニューアルされた「凄麺」シリーズの名作「熟炊き博多とんこつ」 今回のカップ麺は、ヤマダイの「ニュータッチ 凄麺 熟炊き博多とんこつ」。2018年10月8日にリニューアル発売された、「凄麺」シリーズの商品です。このブログでこれまで何度も食べてきている「凄麺」シリーズの名作カップ麺を改めて食べてみたいと思います。 今回の「熟炊き博多とんこつ」が気になった理由として、上の画像では少しわかりにくいかもしれ...

記事を読む

2018-10-29 カップ麺発売予定・定例報告
2018年10月29日(月)・30日(火)発売のカップ麺新商品 日清食品 「日清 THE NOODLE TOKYO AFURI 限定柚子醤油らーめん」 205円(税別) 全国 新発売 日清食品 「純豆腐 スンドゥブチゲスープ」 170円(税別) 全国 リニューアル発売 日清食品 「カップヌードル 大坂なおみ記念パッケージ カップヌードル」 180円(税別) 全国 新発売 日清食品 「カップヌードル 大坂なおみ記念パッケージ カップヌードルカレー 」 180円(税...

記事を読む

【トリュフ香る】ローソン限定の「金色不如帰 濃厚貝だし塩そば」を食べてみました!【貝だし】



東京新宿御苑の人気店「金色不如帰」の味を再現したカップ麺

今回のカップ麺は、サンヨー食品の「金色不如帰 濃厚貝だし塩そば」。2018年10月30日発売のローソン限定新商品です。東京新宿御苑の人気店「SOBA HOUSE 金色不如帰」の味を再現したカップ麺です。おそらくお店のメニュー「真鯛と蛤の塩そば」の味を再現しているものと思われます。

金色不如帰」は、蛤だしとトリュフのスープで人気のお店で、今年本店を東京幡ヶ谷から新宿御苑に移転し、移転先でも行列ができるお店になっているそうです。新宿御苑には私のお気に入りのお店もあって、こんな有名店が来てしまうとお客さんが取られて閉店しちゃうんじゃないかと心配していますが、まぁ東京だしおいしいもの出していれば大丈夫ですかね。

金色不如帰」のカップ麺は過去、2015年に今回と同じサンヨー食品からどんぶり型ノンフライ麺商品が2回、2017年にローソン&サンヨー食品でタテ型油揚げ麺商品が2回発売されていて、ローソン&サンヨー食品でどんぶり型ノンフライ麺商品が出るのは初めてとなります。今回のスープはしお味なので、最初に出たカップ麺「サッポロ一番 名店の味 金色不如帰 トリュフ香る塩そば」が近い味なのかなと推測しています。今回もトリュフの香る一杯のようですが、商品名でそれを強調していないところがなんとも奥ゆかしいというか、自信の現れでしょうか。果たしてどんな一杯に仕上がっているのか楽しみです。



商品概要





麺は全粒粉入りとのことですが、全粒粉の粒がみえるというよりは、全体的に褐色がかっているのが特徴です。具にぶなしめじと白髪ネギが入っているのも面白いですね。

品名:金色不如帰 濃厚貝だし塩そば
メーカー:サンヨー食品
発売日:2018年10月30日(火)
麺種別:ノンフライ麺
かやく・スープ:4袋(後入れ液体スープ・後入れ粉末スープ・かやく2袋)
定価:税込258円
取得価格:税込258円(ローソン)

» 続きを読む


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「マルちゃん 麺屋 極鶏 赤だく」は濃厚な鶏白湯の甘みと唐辛子のアクセントが効いた一杯!



京都一乗寺の人気ラーメン店「極鶏」のメニュー「赤だく」を再現したカップ麺

今回のカップ麺は、東洋水産の「マルちゃん 麺屋 極鶏 赤だく」。2018年10月29日発売の新商品です。京都一乗寺の人気ラーメン店「麺屋 極鶏」で供されているメニュー「極鶏 赤だく」を再現したカップ麺です。

麺屋 極鶏」は、ラーメン激戦区である京都一乗寺にある人気ラーメン店で、濃厚な鶏白湯が特徴。その濃厚さはポタージュと称されるほどで、濃厚でドロドロしたスープとなっています。今回のカップ麺で再現されているのは、濃厚な鶏白湯に唐辛子などで辛みをあわせた「極鶏 赤だく」で、お店のメニューには他に「鶏だく」、「黒だく」、「魚だく」があるそうです。極鶏4兄弟ですね。でも、おそだくとかカラだくとかチョロだくなどはいないようですよ。残念。

カップ麺としても「麺屋 極鶏」の再現商品はこれまでに2回、今回と同じ東洋水産から発売されており、2016年と2017年にいずれも看板メニューの「鶏だく」が再現されていました。「鶏だく」さんはおそらくおそ松さんみたいに長男で主役的な存在なのでしょう。今回は次男坊の「赤だく」さん。あっちの次男はカラ松さんなので、なんかちょっと似てるかも。赤だくとから(辛)松。すいません。過去2度再現された「鶏だく」は、ドロドロした鶏白湯スープはおいしかったものの、あの本気盛譲りの太い麺が主張しすぎていて、スープと麺のバランスがあまり良くない印象でした。今回の商品は麺に改善が見られるかどうかが天下分け目の赤壁の戦いになるのかなと思います。まぁ赤だくですしね。火計じゃ!連環の計じゃ!!東南の風が吹いた!頑張れ周瑜氏!



商品概要



大量の粉末スープと細かいかやくで表面が覆われています。これは濃厚そうだ。唐辛子もたくさん見えるので、かなり辛そうですがどうなんでしょうか。

品名:マルちゃん 麺屋 極鶏 赤だく
メーカー:東洋水産
発売日:2018年10月29日(月)
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:1袋(特製油)
定価:税別205円
取得価格:税込216円(ローソン)

» 続きを読む


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「AFURI」カップ麺初となるしょうゆ味!!日清食品 「日清 THE NOODLE TOKYO AFURI 限定柚子醤油らーめん」



「AFURI」カップ麺初となるしょうゆ味のスープ

今回のカップ麺は、日清食品の「日清 THE NOODLE TOKYO AFURI 限定柚子醤油らーめん」。2018年10月29日発売の、「日清THE NOODLE」シリーズの新商品です。東京恵比寿など、東京とその近郊や北海道、外国に店舗展開する人気ラーメン店「AFURI」の味を再現したカップ麺です。

AFURI」は、神奈川厚木の名店「ZUND-BAR」を起源とするラーメン店で、鶏だしのスープが人気の有名店です。ハンサム氏の地元に近いお店で、以前食べてきたことを自慢されて軽く殺意を覚えたことを今でも根に持っていますw 「AFUIR」は恵比寿の1号店の出店から東京とその近郊に次々と出店を重ね、東京近郊だけで10店舗、その他にも北海道や外国に多店舗展開しています。

実際のお店だけではなく、カップ麺としてもすっかりおなじみになった「AFURI」。ここまで一貫してタテ型の油揚げ麺商品として発売されており、「日清THE NOODLE」シリーズは今年に入ってこのお店のカップ麺しか出していないため、既に「AFURI」専用シリーズ化している感があります。今年に入ってミニサイズを含めると「AFURI」のカップ麺は4つめで、相当評判が良いんでしょうね。これまではしお味スープを中心に出ていたのが、今回初となるしょうゆ味のスープとなっています。お店おすすめの味とのことなので、非常に楽しみです。



商品概要



品名:日清 THE NOODLE TOKYO AFURI 限定柚子醤油らーめん
メーカー:日清食品
発売日:2018年10月29日(月)
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:1袋(芳醇香油)
定価:税別205円
取得価格:税込216円(ローソン)

» 続きを読む


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「凄麺 熟炊き博多とんこつ」のリニューアル商品をリニューアル前のものと比べてみました!



リニューアルされた「凄麺」シリーズの名作「熟炊き博多とんこつ」

今回のカップ麺は、ヤマダイの「ニュータッチ 凄麺 熟炊き博多とんこつ」。2018年10月8日にリニューアル発売された、「凄麺」シリーズの商品です。このブログでこれまで何度も食べてきている「凄麺」シリーズの名作カップ麺を改めて食べてみたいと思います。



今回の「熟炊き博多とんこつ」が気になった理由として、上の画像では少しわかりにくいかもしれませんが、リニューアル後の左のパッケージに写っているラーメンの色が、右のリニューアル前のパッケージよりちょっと黄色いんですよね。右はちょっと赤味がかった白なのに対し、左は黄色味がかった白。ひょっとするとだいぶスープが変化しているのではないかと思ったわけです。単なる撮影時のライティングの違いかもしれませんが、リニューアル「前」「後」の商品を比較することで、違いがあるのかを検証していきたいと思います。



商品概要



左がリニューアル「後」で右がリニューアル「前」。比べてみると内容物にいろいろ変化があることがわかります。まずはかやくですが、紅生姜がオミットされ、代わりにネギが後入れの別添袋として付いています。「後」商品はそのネギの袋の中にすりごまが入っているのに対し、「前」商品はチャーシューとキクラゲが入っている袋に入っており、リニューアル「後」商品の方がごまの量は多そうです。「前」商品のネギは粉末スープの中に入っています。液体スープは両者同じ包装ですが、中身は果たして同じなのでしょうか。



かやくのみ入れた状態で麺の比較。麺は両者同じのように見えます。おそらく麺には手が入っていないのではないかと思われます。あのとんこつラーメンとしては少し多加水でつるみの強い独特の食感が今回も楽しめるのではないでしょうか。あと、チャーシューは「前」に比べて薄くなり、少し小さくなったように見えました。

品名:ニュータッチ 凄麺 熟炊き博多とんこつ
メーカー:ヤマダイ
発売日:2018年10月8日(月)
麺種別:ノンフライ麺
かやく・スープ:4袋(後入れ液体スープ・後入れ粉末スープ・かやく・後入れかやく)
定価:税別210円
取得価格:税込203円(イトーヨーカドー)

» 続きを読む


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今週は「金色不如帰」や「AFURI」が注目!!2018年10月29日・30日発売のカップ麺新商品

2018年10月29日(月)・30日(火)発売のカップ麺新商品

日清食品 「日清 THE NOODLE TOKYO AFURI 限定柚子醤油らーめん」 205円(税別) 全国 新発売
日清食品 「純豆腐 スンドゥブチゲスープ」 170円(税別) 全国 リニューアル発売
日清食品 「カップヌードル 大坂なおみ記念パッケージ カップヌードル」 180円(税別) 全国 新発売
日清食品 「カップヌードル 大坂なおみ記念パッケージ カップヌードルカレー 」 180円(税別) 全国 新発売
日清食品 「カップヌードル 大坂なおみ記念パッケージ カップヌードルシーフードヌードル」 180円(税別) 全国 新発売
日清食品 「カップヌードル 大坂なおみ記念パッケージ カップヌードルチリトマトヌードル 」 180円(税別) 全国 新発売
東洋水産 「マルちゃん 麺屋 極鶏 赤だく」 205円(税別) 全国 新発売
明星食品 「明星 ラーメンぴあ 蝋燭屋監修 麻婆麺」 210円(税別) 全国 新発売
エースコック 「タテロング THE和 柚子七味香る 鴨だし南蛮そば」 205円(税別) 全国 新発売
ローソン 「サンヨー食品 金色不如帰 濃厚貝だし塩そば」 258円(税込) 全国 新発売


ブログ更新計画

今週のカップ麺新商品は非常に少ないです。これは困った!ハンバーグかよ!ってくらい困ってます。実質新発売は5つといったところでしょうかね。週半ばからネタ探しにく苦労と徒労と疲労の1週間になりそうです。

今週の新商品でまず注目したいのは、ローソン限定で発売される「金色不如帰 濃厚貝だし塩そば」。これまでにも「金色不如帰」のカップ麺は発売されてきていますが、今回は久々のどんぶり型ノンフライ麺商品。「金色不如帰」ならではの 深い味が期待できそうです。貝だしというのもまた良いですね!

日清 THE NOODLE TOKYO AFURI 限定柚子醤油らーめん」も注目したい商品。「AFURI」のカップ麺もこれまでに多く発売されてきていますが、今まではしおラーメン中心だったのが、今回はしょうゆラーメン。「AFURI」イチオシの味のようで、お得意の鶏と柚子がしょうゆ味とどう絡んでいくのか楽しみです。

今週発売のカップ麺新商品の実質5品のうち、ラーメン店の味を再現したカップ麺がなんと4品で、発売数の割には注目を集めそうな気配が漂います。ネタを探しつつ、どっかに掘り出し物がないか探りつつ、新商品もしっかり食べていきたいと思います。今週もどうぞよろしくお願いいたします!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加