2018年10月の記事一覧

カップ麺、カップラーメン、カップ焼そばの新商品や激辛商品をレビューし、評価をオススメ度として掲載。食べ比べや新商品発売予定のまとめも行っています。

月別アーカイブ:2018年10月

2018年10月の記事一覧。カップ麺、カップラーメン、カップ焼そばの新商品や激辛商品をレビューし、評価をオススメ度として掲載。食べ比べや新商品発売予定のまとめも行っています。

2018-10-28 カップラーメン
「すみれ」のトッピング「唐玉」を加えたみそラーメンを再現 今回のカップ麺は、セブンプレミアムの「すみれ 唐玉味噌」。製造は日清食品。2018年10月15日発売の新商品で、北海道札幌のみそラーメンの名店「すみれ」の味を再現したカップ麺です。 「すみれ」は北海道札幌に本店のある、札幌みそラーメンの代名詞的な名店です。新横浜のラーメン博物館に出店したこともあって、その名前は全国に轟いていますよね。本店は観光名...

記事を読む

2018-10-27 カップラーメン
「火鍋風」の麺職人新商品 今回のカップ麺は、日清食品の「日清麺職人 火鍋風麻辣麺」。2018年10月22日発売の、「日清麺職人」シリーズの新商品で、先日レポした「日清麺職人 水炊き風鶏だしそば」との同時発売。今回の「日清麺職人」新商品の2品は「鍋料理」に着目しています。 「火鍋」とは、中国で広く食べられている辛い味の鍋のことで、日本でも1つの鍋を2つに区切って片方には白湯スープ、もう片方には赤いスープの入っ...

記事を読む

2018-10-27 カップラーメン
「味覇」を使用したカップ麺の第4弾商品! 今回のカップ麺は、エースコックの「廣記商行監修 味覇を使って煮込んだ鍋風ラーメン」。2018年10月22日発売の、「味覇カップ麺」シリーズの新商品です。 廣記商行の中華調味料「味覇」を使用したカップ麺の第4弾となる今回の商品は、「煮込んだ鍋風」のラーメンとのこと。基本何に入れてもおいしいことでおなじみの「味覇」ですが、鍋料理というのはあまりイメージしたことがなかっ...

記事を読む

2018-10-26 カップラーメン
「鍋料理」に着目した「水炊き風」の麺職人 今回のカップ麺は、日清食品の「日清麺職人 水炊き風鶏だしそば」。2018年10月22日発売の、「日清麺職人」シリーズの新商品です。今回の「麺職人」は「鍋料理メニュー」に着目し、今回の「水炊き風」と近日レポ予定の「火鍋風」が同時発売となっています。 以前の「麺職人」シリーズは、ノンフライ麺を使用しながらもお手軽価格で食べられるカップ麺という位置づけでしたが、安価で...

記事を読む

2018-10-26 カップラーメン
久々の煮玉子ラーメンにして凄麺の初代商品の復刻でもある貴重なカップ麺! 今回のカップ麺は、ヤマダイの「ニュータッチ 復刻版 凄麺 煮玉子らーめん」。2018年10月22日の、「凄麺」シリーズの新商品です。当初メーカーサイトでは9月発売とアナウンスされていましたが、今週の発売に変更になったようです。2001年にも発売されていた凄麺の煮玉子入りラーメンを復刻したカップ麺です。 2001年に発売された煮玉子入りカップ麺は...

記事を読む

札幌ラーメン「すみれ」の「唐玉」を再現したカップ麺!!セブンプレミアム 「すみれ 唐玉味噌」



「すみれ」のトッピング「唐玉」を加えたみそラーメンを再現

今回のカップ麺は、セブンプレミアムの「すみれ 唐玉味噌」。製造は日清食品。2018年10月15日発売の新商品で、北海道札幌のみそラーメンの名店「すみれ」の味を再現したカップ麺です。

すみれ」は北海道札幌に本店のある、札幌みそラーメンの代名詞的な名店です。新横浜のラーメン博物館に出店したこともあって、その名前は全国に轟いていますよね。本店は観光名所のひとつにもなっています。そしてセブンプレミアムのカップ麺としても有名で、名店を再現したカップ麺の元祖のひとつと言われています。現行品の「セブンプレミアムゴールド すみれ 札幌濃厚味噌」は定番のレギュラー商品として確固たる地位にいますが、今回はそれとは別に「唐玉」を再現したタテ型の一杯です。

唐玉」とは、すみれの本店や新横浜のラーメン博物館のお店で供されているトッピングで、みそに唐辛子やニンニク、しょうがなどを入れたものです。ラーメンやチャーハンに入れることで、味にワンパンチ加える存在。今回はその「唐玉」をみそラーメンにれたものを再現したカップ麺で、昨年2017年5月にセブンプレミアム10周年記念商品として発売されていました。すでに再販されていた「一風堂 とんこつまぜそば」も10周年記念商品でした。栄養成分が昨年発売のものとまったく同じなので、おそらく中身に手を入れることなく再発売されたものと思われますが、今回改めて食べてみたいと思います。



商品概要



中身は同じなのではないかと書きましたが、「特製唐玉ペースト」の袋の色が昨年とは異なっています。中は同じでしょうけどね。

品名:すみれ 唐玉味噌
メーカー:セブンプレミアム(日清食品製造)
発売日:2018年10月15日(月)
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:1袋(特製唐玉ペースト)
定価:税込213円
取得価格:税込213円(セブンイレブン)

» 続きを読む


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日清食品 「日清麺職人 火鍋風麻辣麺」はなかなか辛い一杯!!



「火鍋風」の麺職人新商品

今回のカップ麺は、日清食品の「日清麺職人 火鍋風麻辣麺」。2018年10月22日発売の、「日清麺職人」シリーズの新商品で、先日レポした「日清麺職人 水炊き風鶏だしそば」との同時発売。今回の「日清麺職人」新商品の2品は「鍋料理」に着目しています。

火鍋」とは、中国で広く食べられている辛い味の鍋のことで、日本でも1つの鍋を2つに区切って片方には白湯スープ、もう片方には赤いスープの入ったスタイルの火鍋はおなじみになってきましたよね。今回は「火鍋風麻辣麺」とのことで、唐辛子や花椒の入った四川風の火鍋の味が再現されているものと思われます。「日清麺職人」シリーズに激辛スープというイメージはあまりないですが、ある程度辛くないと成立しない味なので、麺職人の枠を超えた激しい味に期待したいところです。



商品概要



品名:日清麺職人 火鍋風麻辣麺
メーカー:日清食品
発売日:2018年10月22日(月)
麺種別:ノンフライ麺
かやく・スープ:3袋(粉末スープ・かやく・調味オイル)
定価:税別180円
取得価格:税込138円(コープ)

» 続きを読む


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

味覇カップ麺の第4弾!!エースコック 「廣記商行監修 味覇を使って煮込んだ鍋風ラーメン」



「味覇」を使用したカップ麺の第4弾商品!

今回のカップ麺は、エースコックの「廣記商行監修 味覇を使って煮込んだ鍋風ラーメン」。2018年10月22日発売の、「味覇カップ麺」シリーズの新商品です。

廣記商行の中華調味料「味覇」を使用したカップ麺の第4弾となる今回の商品は、「煮込んだ鍋風」のラーメンとのこと。基本何に入れてもおいしいことでおなじみの「味覇」ですが、鍋料理というのはあまりイメージしたことがなかったのでちょっと意外。中華風の鍋料理ってことなのでしょうか。気になるところです。

廣記商行&エースコックによる「味覇カップ麺」シリーズの第1弾商品「廣記商行監修 中華風野菜タンメン 味覇味」は、セブン&アイグループとの共同開発商品として2016年に発売されました。当時はまだ、別に味覇使わなくてもこんな味になるんじゃないの?と感じてしまうような、あまり味覇であることを認識できない味で、2017年発売の第2弾「廣記商行監修 味覇使用 中華風焼そば」でも同様の傾向でした。、今年2018年6月発売の第3弾商品「廣記商行監修 味覇使用 中華風野菜タンメン」になって、味覇の味を強く感じるようになり、大きな前進がみられました。今回の商品はその前身を確かなものにすることができるでしょうか。

また同系商品として、創味食品の中華調味料「創味シャンタン」を使用したカップ麺がサンヨー食品から発売されており、「味覇」と「創味シャンタン」というスーパー等でしのぎを削るライバル関係の両商品を、同じグループ会社のエースコックとサンヨー食品が扱うという、なんとも奇妙な構図になっています。他社に「中華調味料カップ麺」の土俵に上がらせないぜ!みたいな意気込みを感じますがどうでしょうか。どうでもいいですか。すいません。



商品概要



品名:廣記商行監修 味覇を使って煮込んだ鍋風ラーメン
メーカー:エースコック
発売日:2018年10月22日(月)
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:2袋(液体スープ・かやく)
定価:税別220円
取得価格:税込235円(ローソン)

» 続きを読む


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日清食品 「日清麺職人 水炊き風鶏だしそば」は鶏の厚みと麺の甘さが光る一杯!



「鍋料理」に着目した「水炊き風」の麺職人

今回のカップ麺は、日清食品の「日清麺職人 水炊き風鶏だしそば」。2018年10月22日発売の、「日清麺職人」シリーズの新商品です。今回の「麺職人」は「鍋料理メニュー」に着目し、今回の「水炊き風」と近日レポ予定の「火鍋風」が同時発売となっています。

以前の「麺職人」シリーズは、ノンフライ麺を使用しながらもお手軽価格で食べられるカップ麺という位置づけでしたが、安価で食べられるノンフライ麺商品が増えたことにともない、最近の「麺職人」は女性をメインターゲットに置いたヘルシー志向のカップ麺という位置づけに変わっています。健康に良いとされる全粒粉入りの麺を使用するようになったのもその現れでしょう。今回の「鍋料理」のチョイスも「女性に人気」という理由のようです。以前よりもあっさり味、さっぱり味の傾向が強まり、昔の「麺職人」ファンとしてはちょっとさみしくもありますが、これも時代の流れでしょうかね。

水炊き」を題材にしたカップ麺は以前はほとんど見かけませんでしたが、最近は増加傾向にあります。ヘルシーなイメージの鶏肉のブームに加えて、鶏白湯ラーメンの爆発的なヒットも相まったことが理由でしょうか。今回の一杯には水炊きらしい強い鶏の旨みに期待したいところ。果たしてどんな一杯になっているのか楽しみです。



商品概要



品名:日清麺職人 水炊き風鶏だしそば
メーカー:日清食品
発売日:2018年10月22日(月)
麺種別:ノンフライ麺
かやく・スープ:2袋(後入れ液体スープ・かやく)
定価:税別180円
取得価格:税込138円(コープ)

» 続きを読む


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

初代凄麺の煮玉子入りカップ麺が復刻!!ヤマダイ 「ニュータッチ 復刻版 凄麺 煮玉子らーめん」



久々の煮玉子ラーメンにして凄麺の初代商品の復刻でもある貴重なカップ麺!

今回のカップ麺は、ヤマダイの「ニュータッチ 復刻版 凄麺 煮玉子らーめん」。2018年10月22日の、「凄麺」シリーズの新商品です。当初メーカーサイトでは9月発売とアナウンスされていましたが、今週の発売に変更になったようです。2001年にも発売されていた凄麺の煮玉子入りラーメンを復刻したカップ麺です。

2001年に発売された煮玉子入りカップ麺は「凄麺これが煮玉子らーめん」という商品名で、なんと「凄麺」シリーズの初代商品とのことです。単に煮玉子ラーメンを復刻したのみに留まらず、初代凄麺を復刻した貴重な商品です。メーカーサイトで期間限定商品であることがアナウンスされているので、この貴重な商品を食べるなら今しかありませんよ!

初代凄麺が発売された2001年当時はまだ私オサーンはカップ麺の魅力に取り憑かれておらず、たまに安い商品とか面白い商品を食べるくらいだったんですが、この商品についてはなんとなく食べた記憶があります。おそらく食べたと思います。まぁ食べたということにしておこうかw 味はぜんぜん覚えていないんですが、みんな帰ってしまった夜の職場で一人寂しく食べたことが思い出されます。他に煮玉子の入ったカップ麺と言えば、2008年には日清食品から発売された「日清具多(GooTa) 煮玉炙り叉焼」くらいしか記憶になく、まるまる玉子を楽しめるホント久々のカップ麺ということになります。

復刻商品とはいっても、おそらくスープは当時と味が違うし、麺も改良を重ねた最新のノンフライ麺が使用されていると思われ、復刻しているのは煮玉子だけかと思われますが、それでも普段カップ麺を食べていても見ることのない具が入っているというのは、それだけで胸が高鳴ります。強敵相手にするのと同レベルでオラワクワクすっぞ~。煮玉子の入ったカップ麺をしっかり楽しみたいと思います。



商品概要



品名:ニュータッチ 復刻版 凄麺 煮玉子らーめん
メーカー:ヤマダイ
発売日:2018年10月22日(月)
麺種別:ノンフライ麺
かやく・スープ:4袋(後入れ液体スープ・かやく・レトルト調理品・焼のり)
定価:税別250円
取得価格:税込248円(セイコーマート)

» 続きを読む


  • このエントリーをはてなブックマークに追加