レンジチルド麺のカテゴリ記事一覧

カップ麺、カップラーメン、カップ焼そばの新商品や激辛商品をレビューし、評価をオススメ度として掲載。食べ比べや新商品発売予定のまとめも行っています。

カテゴリ:レンジチルド麺

レンジチルド麺のカテゴリ記事一覧。カップ麺、カップラーメン、カップ焼そばの新商品や激辛商品をレビューし、評価をオススメ度として掲載。食べ比べや新商品発売予定のまとめも行っています。

2020-02-11 レンジチルド麺
このページでは、ファミリーマートのレンジチルド麺、「魚介豚骨つけ麺」を食べてレビューしていきます。 「魚介豚骨つけ麺」はどんな商品? 今回は、ファミリーマートの「魚介豚骨つけ麺」。2019年2月4日発売の、ファミマのお弁当コーナーに並んでいるレンジ調理のチルド麺です。平たい容器に入ったとても大きな商品です。ファミマのお弁当コーナーでも大きなお弁当の匹敵するくらい幅をとっており、かなり目立っ...

記事を読む

2020-02-01 レンジチルド麺
このページでは、セブンイレブンのレンジチルド麺、「鬼も逃げだす!鬼旨辛担々麺」を食べてレビューしていきます。 「鬼も逃げだす!鬼旨辛担々麺」はどんな商品? 今回は、セブンイレブンの「鬼も逃げだす!鬼旨辛担々麺」。2019年1月29日発売の、セブンイレブンのお弁当コーナーに並んでいるレンジ調理のチルド麺です。これまで店頭に並んでいた「鬼旨辛担々麺」が強化された、節分限定バージョンです。 ...

記事を読む

2020-01-19 レンジチルド麺
このページでは、ファミリーマートのレンジチルド麺、「油そば」を食べてレビューしていきます。 ファミマ「油そば」はどんな商品? 今回は、ファミリーマートの「油そば」。2020年1月14日発売の新商品です。ファミリーマートのお弁当コーナーに並んでいるレンジで調理するカップチルド麺です。汁なし麺の「油そば」をレンジ麺で再現しています。コンビニ各社レンジ麺にかなり力を入れていますね。 シ...

記事を読む

2020-01-15 レンジチルド麺
このページでは、セブンイレブンのレンジチルド麺、「一風堂監修 博多とんこつラーメン」を食べてレビューしていきます。 「一風堂監修 博多とんこつラーメン」はどんな商品? 今回は、セブンイレブンの「一風堂監修 博多とんこつラーメン」。2019年1月15日発売の、セブンイレブンのお弁当コーナーに並んでいる、レンジで調理するチルド麺商品です。「セブンプレミアムゴールド」のカップ麺でもおなじみの、「一風...

記事を読む

2019-12-24 レンジチルド麺
このページでは、セブンイレブンのチルド中華麺、「にんにくが決め手!スタミナラーメン」を食べてレビューしていきます。 「にんにくが決め手!スタミナラーメン」はどんな商品? 今回は、セブンイレブンの「にんにくが決め手!スタミナラーメン」。セブンイレブンのお弁当コーナーに並んでいる、レンジで調理するチルド麺商品です。今回はたまごのたっぷり入ったスタミナラーメン。見た目は川崎の「ニュータンタ...

記事を読む

ファミマのレンジ麺、でっかい容器の「魚介豚骨つけ麺」を食べてみました!



このページでは、ファミリーマートのレンジチルド麺、「魚介豚骨つけ麺」を食べてレビューしていきます。



「魚介豚骨つけ麺」はどんな商品?


今回は、ファミリーマートの「魚介豚骨つけ麺」。2019年2月4日発売の、ファミマのお弁当コーナーに並んでいるレンジ調理のチルド麺です。平たい容器に入ったとても大きな商品です。ファミマのお弁当コーナーでも大きなお弁当の匹敵するくらい幅をとっており、かなり目立っていました。



ファミマから「魚介豚骨」味のつけ麺登場


コンビニ各社が力を入れるレンジ麺ですが、ファミマからもつけ麺が登場しました。「魚介豚骨つけ麺」とのことで、王道スタイルのつけ麺が期待できそうです。容器が非常に大きくかなり豪勢に見えますが、麺はちょっと少なめなようにも見えます。

以前、セブンから「中華蕎麦 とみ田」監修による「とみ田監修 濃厚豚骨魚介 冷し焼豚つけ麺」が出ていまいた。レンジ調理ではなく、とろろ蕎麦などと同じように冷えた状態で食べるつけ麺でしたが、つけ麺のおいしさに加えて具にもボリュームがあり、定価税込550円でも価格以上の価値を感じる一杯でした。今回の一杯も価格以上に満足できる一杯となっているのでしょうか。

セブンの「とみ田監修 濃厚豚骨魚介 冷し焼豚つけ麺」を実食!お弁当コーナーに並ぶ商品

このページでは、セブンイレブンのチルド中華麺、「とみ田監修 濃厚豚骨魚介 冷し焼豚つけ麺」を食べてレビューしていきます。「とみ田監修 濃厚豚骨魚介 冷し焼豚つけ麺」はどんな商品?今回は、セブンイレブンの「とみ田監修 濃厚豚骨魚介 冷し焼豚つけ麺」。セブンイレブンのお弁当コーナーに並んでいるカップタイプのラーメンで、お湯入れやレンジ調理等の必要ない、お手軽な商品です。同じくお弁当コーナー...


内容物、価格、購入額など




本来ならそのままレンジに入れれば良いだけですが、今回は撮影のために開けてみます。シュリンクを取ると、麺の入った平皿とつけスープの容器に分かれます。なんだか容器にだいぶコストが割かれていそうですね。



つけスープの容器には、ゼラチン状のスープの素と、チャーシュー、ナルト、ねぎが入っています。チャーシューは脂分が多め。

品名魚介豚骨つけ麺
メーカーファミリーマート(製造会社は地域により異なる)
発売日2020年2月4日(火)
麺種別レンジ麺
かやく・スープなし
定価税込498円
取得価格税込498円(ファミリーマート)

» 続きを読む


 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

セブンで買える節分仕様のレンジ麺「鬼も逃げだす!鬼旨辛担々麺」を食べてみました!



このページでは、セブンイレブンのレンジチルド麺、「鬼も逃げだす!鬼旨辛担々麺」を食べてレビューしていきます。



「鬼も逃げだす!鬼旨辛担々麺」はどんな商品?


今回は、セブンイレブンの「鬼も逃げだす!鬼旨辛担々麺」。2019年1月29日発売の、セブンイレブンのお弁当コーナーに並んでいるレンジ調理のチルド麺です。これまで店頭に並んでいた「鬼旨辛担々麺」が強化された、節分限定バージョンです。



「鬼も逃げだす!」ほどパワーアップした「鬼旨辛担々麺」


セブンで売られていた「鬼旨辛担々麺」が、節分の時期に合わせてパワーアップして再登場しました。パッケージも虎柄の節分仕様になり、前はついていなかった唐辛子の袋が別添されています。辛味方面でパワーアップしているようです。しかしこの虎柄を見ると、鬼というよりドリフの雷様を思い浮かべてしまうのは世代でしょうかね。

ノーマルバージョンの「鬼旨辛担々麺」。「」というからにはものすごく辛いんだろうと思って食べましたが、真っ赤なスープの割にそんなに辛くなくて拍子抜けしました。おいしかったんですが、500円近い価格をかんがえるとそんなに推せない一杯だったので、今回のパワーアップしたであろう商品には大いに期待したいところです。



内容物、価格、購入額など




本来ならそのままレンジに入れて調理すれば良いのですが、今回は撮影用にふたを開けています。買って帰る途中にちょっと斜めに持ってしまっていたようで、ちょっと汚いのは申し訳ありません。麺の上に真っ赤なゼラチンスープがかかっていて、具ものっています。「鬼旨辛担々麺」に入っていた玉ねぎが今回入っていませんが、それ以外は同じ感じ。



別添で入っている唐辛子。かなりの量です。完成後に後入れで投入します。かなりの辛さが期待できそうですが、果たしてどうでしょうか。

品名鬼も逃げだす!鬼旨辛担々麺
メーカーセブンイレブン(製造会社は地域により異なる)
発売日2020年1月29日(水)
麺種別レンジ麺
かやく・スープ1袋(唐辛子)
定価税込486円
取得価格税込486円(セブンイレブン)

» 続きを読む


 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ファミマのレンジチルド麺「油そば」を実食レビュー!



このページでは、ファミリーマートのレンジチルド麺、「油そば」を食べてレビューしていきます。



ファミマ「油そば」はどんな商品?


今回は、ファミリーマートの「油そば」。2020年1月14日発売の新商品です。ファミリーマートのお弁当コーナーに並んでいるレンジで調理するカップチルド麺です。汁なし麺の「油そば」をレンジ麺で再現しています。コンビニ各社レンジ麺にかなり力を入れていますね。



シンプルな商品名「油そば」


今回の商品は、汁なし麺「油そば」をレンジ麺で再現した商品です。コンビニチルド麺は、「しょうゆ」「みそ」「とんこつ」だけではなく、「二郎インスパイア」「家系」「スタミナ」など非常に芸が細かく、今回の「油そば」というのもレンジ麺の幅広さを表しています。

2019年9月には、「醤油とんこつ油そば」が出ていました。こちらも汁なし麺で、とんこつしょうゆ味なのであまり油そばらしさはなかったものの、同じ「油そば」なのである程度のメルクマールになるのではないかと思います。ちなみにレビューでは★3に留まっています。

ファミマのレンジチルド麺「醤油とんこつ油そば」を食べてみました!

このページでは、ファミリーマートのレンジ調理型チルド麺、「醤油とんこつ油そば」を食べてレビューしていきます。「醤油とんこつ油そば」はどんな商品?今回は、ファミリーマートの「醤油とんこつ油そば」。2019年9月24日発売の商品です。ファミマの冷蔵お弁当コーナーに並んでいる、レンジで調理するカップタイプのチルド麺です。今回は汁なしの「油そば」となっています。このブログで初めて食べる汁...



内容物、価格、購入額など




本来はフタを開ける必要はなく、そのままレンジに放り込めば良いだけなのですが、フタを開けて撮影しています。

カップには、極太の麺の上にチャーシュー、メンマ、ねぎ、ナルト、海苔がのっています。チャーシューは「醤油とんこつ油そば」の時と比べるとちょっと小さそう。



他のレンジ麺と同様、麺の下にゼラチン状のスープが入っています。汁あり商品に比べると量は少ないです。

品名油そば
メーカーファミリーマート(製造会社は地域により異なる)
発売日2020年1月14日(火)
麺種別チルド麺
かやく・スープなし
定価税込498円
取得価格税込498円(ファミリーマート)

定価税込498円は、「醤油とんこつ油そば」と同じ設定です。

» 続きを読む


 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

セブンで買える一風堂のレンジ麺!「一風堂監修 博多とんこつラーメン」を食べてみました!



このページでは、セブンイレブンのレンジチルド麺、「一風堂監修 博多とんこつラーメン」を食べてレビューしていきます。



「一風堂監修 博多とんこつラーメン」はどんな商品?


今回は、セブンイレブンの「一風堂監修 博多とんこつラーメン」。2019年1月15日発売の、セブンイレブンのお弁当コーナーに並んでいる、レンジで調理するチルド麺商品です。「セブンプレミアムゴールド」のカップ麺でもおなじみの、「一風堂」の味を再現した商品です。

セブンのカップ麺「日清名店仕込み 一風堂 赤丸新味博多とんこつ」をリニューアル前後で食べ比べしてみました!

リニューアルされたセブンの「一風堂」カップ麺をリニューアル前後で食べ比べます!今回は、セブンプレミアムゴールドの「日清名店仕込み 一風堂 赤丸新味博多とんこつ」。製造は日清食品。、2018年5月28日にリニューアルされたセブン&アイグループ限定の「日清名店仕込み」シリーズの3品のひとつです。「日清名店仕込み 山頭火 旭川とんこつ塩」と「日清名店仕込み すみれ 札幌濃厚味噌」は先週すでにレポ済で、ともにスープ量...



「一風堂」はカップ麺でもおなじみ


今回の商品は、セブンイレブンのお弁当コーナーに並んでいるレンジチルド麺です。同じくセブンのカップ麺でもおなじみの「博多一風堂」監修による「博多とんこつラーメン」とのこと。一風堂のメニューである「白丸」や「赤丸」とは書かれていませんが、一風堂の正統派なとんこつラーメンである「白丸」に近いのではないかと推測します。

「セブンプレミアムゴールド」の元祖名店再現系カップ麺でおなじみの「すみれ」、「一風堂」、「山頭火」のうち、すでに「すみれ」はレンジチルド麺として販売中です。2019年8月に発売された「すみれ監修 札幌濃厚味噌ラーメン」。そして今回は「一風堂」なので、次は「山頭火」のレンジ麺もあるかもしれませんね。

セブンの「すみれ監修 札幌濃厚味噌ラーメン」食べてみた!電子レンジ専用の本格ラーメン

このページでは、セブンイレブンのチルド中華麺、「すみれ監修 札幌濃厚味噌ラーメン」を食べてレビューしていきます。「すみれ監修 札幌濃厚味噌ラーメン」はどんな商品?今回は、セブンイレブンの「すみれ監修 札幌濃厚味噌ラーメン」。セブンイレブンのお弁当コーナーに並んでいるカップタイプのラーメン。電子レンジで調理するタイプの商品です。札幌のみそラーメンの名店「すみれ」の味を、チルドラーメン...


内容物、価格、購入額など




今回の商品は買ってきてそのままレンジに入れて調理すれば良いので、本来ならいらない工程ですが、フタを開けて中を撮影しています。中は2層構造になっていて、上に麺や具、下にスープが入っています。麺は細め、具はチャーシュー、キクラゲ、ネギ、もやしが入っています。お店の「白丸」とほぼ同じ構成です。別添袋で「特製スパイス」が入っています。

このタイプの商品はいつもならゼラチン状のスープが入っているのですが、今回は液体スープ。横にすると漏れてきそうなので、持ち運びには注意が必要。麺とスープを分けたのは、麺が細いので、スープに浸して伸びてしまうのを避けるためかと思われます。

品名一風堂監修 博多とんこつラーメン
メーカーセブンイレブン(製造会社は地域により異なる)
発売日2020年1月15日(水)
麺種別チルド麺
かやく・スープ1袋(特製スパイス)
定価税込496円
取得価格税込496円(セブンイレブン)

» 続きを読む


 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

セブンのレンジチルド麺「にんにくが決め手!スタミナラーメン」を実食レビュー!ニュータンタンメンに近い?



このページでは、セブンイレブンのチルド中華麺、「にんにくが決め手!スタミナラーメン」を食べてレビューしていきます。



「にんにくが決め手!スタミナラーメン」はどんな商品?


今回は、セブンイレブンの「にんにくが決め手!スタミナラーメン」。セブンイレブンのお弁当コーナーに並んでいる、レンジで調理するチルド麺商品です。今回はたまごのたっぷり入ったスタミナラーメン。見た目は川崎の「ニュータンタンメン」、もしくは宮崎辛麺みたいな感じですが、果たしてどんな一杯なのでしょうか。



スタミナラーメンの正体は・・・?


今回の一杯はレンジチルド麺の「にんにくが決め手!スタミナラーメン」。販売地域は北海道、東北一部、関東、山口、九州とのことで、手に入らない地域が結構あるようですが、セブンの商品はいろいろ販売地域に変化することも多いので、そのうち全国的にも手に入れられるようになるのではないかと勝手に思っています。

「にんにくが決め手!スタミナラーメン」という商品名からは、にんにくが入っていること以外にどんな商品なのか想像がつきませんが、商品名の下に書いてある英語を見ると、Ramen with Galric(にんにく), Beaten Egg(溶き卵), Minced Pork(豚ミンチ), in Tonkotsu Broth(とんこつスープ)と書かれています。「溶き卵と豚ミンチの入ったにんにく風味のとんこつラーメン」といったところでしょうか。そりゃ長すぎて商品名にするのは無理ですね。

世界史ならマルクス・アウレリウス・アントニヌス、地理ならスリ・ジャヤワルダナプラ・コッテ、物語ならキスショット・アセロラオリオン・ハートアンダーブレードみたいな商品名の長さ。ちなみに自分はガハラさん推しですが、別のお話だとガハマさん推しです。



内容物、価格、購入額など




本来ならカップに付いている帯状のフィルムも透明フタも取らずにそのままレンジに入れて温めてるだけですが、今回は写真撮影のためにあらかじめ帯を取り、フタを開けています。同じ工程を踏む必要はありません。

フタを開けると、びっしりかき玉の入ったゼラチン状のスープが一面に広がっていて、麺は全く見えません。いつものチルド麺なら麺の下に入っているのですが、今回は上にかかっています。青ねぎがたくさんのっていること以外は、かき玉がマスクになって正体がわかりません。完璧超人のマスク狩りの対象になりそうですね。出るか!?クロスボンバー!!

品名にんにくが決め手!スタミナラーメン
メーカーセブンイレブン(製造会社は地域により異なる)
発売日不明
麺種別チルド麺
かやく・スープなし
定価税込486円
取得価格税込486円(セブンイレブン)

» 続きを読む


 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加