カップ麺対決食べ比べのカテゴリ記事一覧

カップ麺、カップラーメン、カップ焼そばの新商品や激辛商品をレビューし、評価をオススメ度として掲載。食べ比べや新商品発売予定のまとめも行っています。

カテゴリ:カップ麺対決食べ比べ

カップ麺対決食べ比べのカテゴリ記事一覧。カップ麺、カップラーメン、カップ焼そばの新商品や激辛商品をレビューし、評価をオススメ度として掲載。食べ比べや新商品発売予定のまとめも行っています。

2019-02-10 カップ麺対決食べ比べ
このページでは、東洋水産のカップ焼そば、「マルちゃん やきそば弁当 激辛」を、「ペヤング 激辛やきそば」と比較しながらレビューしていきます。 「マルちゃん やきそば弁当 激辛」はどんなカップ麺? 今回のカップ麺は、東洋水産の「マルちゃん やきそば弁当 激辛」。2019年2月4日発売の、「マルちゃん やきそば弁当」シリーズの新商品です。北海道限定発売の商品なので、このブログをご覧の多くの方にとっては...

記事を読む

2019-01-07 カップ麺対決食べ比べ
このページでは、セブンプレミアムのカップ麺、「蒙古タンメン中本 辛旨味噌」(日清食品が製造)とローソン限定のカップ麺、「明星 東京タンメントナリ監修 辛激タンメン」(明星食品が販売)の、両社コンビニの誇る激辛カップ麺を食べ比べてレビューしていきます。 セブンとローソンの激辛カップ麺対決!! 今回のカップ麺は、セブンプレミアムの「蒙古タンメン中本 辛旨味噌」と、ローソン限定で明星食品の「明星 東京タ...

記事を読む

2018-12-24 カップ麺対決食べ比べ
このページでは、セブンプレミアムのカップ麺、「スープが決め手 濃厚味噌」(エースコックが製造)とローソンセレクトのカップ麺、「カップ みそラーメン」(日清食品が製造)、ファミリーマートコレクションのカップ麺、「コク旨熟成味噌ラーメン」(日清食品が製造)のコンビニ大手3社のみそラーメンカップ麺を食べ比べてレビューしていきます。 大手コンビニPBの「みそラーメンカップ麺」対決!! 今回のカップ麺は、セ...

記事を読む

2018-12-23 カップ麺対決食べ比べ
このページでは、良品計画の袋麺、「無印良品 ミニラーメン」のうち、「チキン味」、「トムヤムクン味」、「キムチ味」を食べてレビューしていきます。 目次 1. 「無印良品ミニラーメン」はどんな商品? 2. 「無印良品 ミニラーメン チキン味」 3. 「無印良品 ミニラーメン トムヤムクン味」 4. 「無印良品 ミニラーメン キムチ味」 5. 「チキン味」「トムヤムクン味」「キムチ味」をブレンドしてみました! 6. オスス...

記事を読む

2018-12-22 カップ麺対決食べ比べ
このページでは、セブンプレミアムのカップ麺、「スープが決め手 担々麺」(エースコックが製造)とローソンセレクトのカップ麺、「ごま香る担々麺」(日清食品が製造)、ファミリーマートコレクションのカップ麺、「濃厚旨辛担々麺」(日清食品が製造)のコンビニ大手3社のカップ担々麺を食べ比べてレビューしていきます。 大手コンビニPBの「担々麺カップ麺」対決!! 今回のカップ麺は、セブンプレミアムの「スープが決め...

記事を読む

【激辛カップ焼そば対決】「マルちゃん やきそば弁当 激辛」VS「ペヤング激辛 やきそば」



このページでは、東洋水産のカップ焼そば、「マルちゃん やきそば弁当 激辛」を、「ペヤング 激辛やきそば」と比較しながらレビューしていきます。



「マルちゃん やきそば弁当 激辛」はどんなカップ麺?


今回のカップ麺は、東洋水産の「マルちゃん やきそば弁当 激辛」。2019年2月4日発売の、「マルちゃん やきそば弁当」シリーズの新商品です。北海道限定発売の商品なので、このブログをご覧の多くの方にとっては手に入れ難い商品かと思いますが、今回は「激辛」なカップ焼そばとして共通共通している、「ペヤング 激辛やきそば」と比較しながら食べていきたいと思います。

「激辛」で共通する「やきそば弁当 激辛」と「ペヤング 激辛やきそば」


やきそば弁当 激辛」は、2017年2月にも期間限定発売されていた商品。今回は装い新たに再販となります。残念ながら当時このブログでは食べていなかったので、今回初めて食べることになります。

これまでの東洋水産の商品には辛いイメージがほとんどなく、今回も「激辛」とは言ってもそれほど辛くないのではないかと思ってしまいますが、パッケージには以下のような記載があります。



辛味についての注意喚起があるため、これはだいぶ辛さそうですね。果たしてどれほど辛いのか楽しみです。

一方で、「ペヤング 激辛やきそば」は激辛カップ麺の定番と言って良いおなじみの商品で、その辛さには定評があります。真っ赤な外装に身を包み、この赤さだけですで脅しのような恐怖感があります。3倍速いって言いますしね。

「ペヤング 激辛やきそば」にも、「やき弁」と同じように注意喚起の記載があります。



こちらの場合、脅しでも何でもなく、本当に辛いので、辛いのが苦手な人は食べない方が無難でしょう。食べている最中は、体の血の流れが早くなるのを感じます。

以前は「超大盛焼そば」で「やき弁」と「ペヤング」を比較


ともに地域のソウルフード的な存在感のある「やき弁」と「ペヤングやきそば」ですが、このブログでは以前にも「超大盛」対決として両者の比較を行っていました。約4食分のカップ焼そばを一気に食べるのはキツイという感想しかありませんw

【超大盛カップ焼そば】 「ペヤング ソースやきそば 超大盛」と「マルちゃん でっかいやきそば弁当」を同時に食べる攻略法

「ペヤング ソースやきそば 超大盛」と「マルちゃん でっかいやきそば弁当」を同時に食べる 超大盛カップ焼そばの定番、まるか食品の「ペヤング ソースやきそば 超大盛」と、北海道のカップ焼そば界の雄、東洋水産の「マルちゃん やきそば弁当」の超大盛版、「マルちゃん でっかいやきそば弁当」を同時に食べます。 一応このブログはカップ麺のレビューをナリワイとしているのですが、今回はレビューとかあんまり考えて...



内容物、価格、購入額など




左が「やき弁」で右が「ペヤング」。「やき弁」の別添袋は、「液体ソース」、「かやく」、「ふりかけ+中華スープ」の3袋。「ペヤング」の別添袋は「激辛ソース」と「かやく」の2袋。



両者先入れの「かやく」を開けた状態。具のボリュームは「ペヤング」が上回りますが、「やき弁」の肉ミンチの方が肉感がありそうです。

品名マルちゃん やきそば弁当 激辛
メーカー東洋水産
発売日2019年2月4日(月)
麺種別油揚げ麺
かやく・スープ3袋(液体ソース・かやく・ふりかけ+中華スープ)
定価税別180円
取得価格税込127円(コープ)

品名ペヤング 激辛やきそば
メーカーまるか食品
発売日2012年2月20日(月)
麺種別油揚げ麺
かやく・スープ2袋(激辛ソース・かやく)
定価税別175円
取得価格税別168円(ドン・キホーテ)

» 続きを読む

ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コンビニ激辛カップ麺対決!!「蒙古タンメン中本」vs「トナリ辛激タンメン」

「蒙古タンメン中本辛旨味噌」vs「トナリ監修辛激タンメン」

このページでは、セブンプレミアムのカップ麺、「蒙古タンメン中本 辛旨味噌」(日清食品が製造)とローソン限定のカップ麺、「明星 東京タンメントナリ監修 辛激タンメン」(明星食品が販売)の、両社コンビニの誇る激辛カップ麺を食べ比べてレビューしていきます。


セブンとローソンの激辛カップ麺対決!!


今回のカップ麺は、セブンプレミアムの「蒙古タンメン中本 辛旨味噌」と、ローソン限定で明星食品の「明星 東京タンメントナリ監修 辛激タンメン」を食べ比べます。セブンイレブンとローソンそれぞれの誇る激辛カップ麺のレギュラー商品で、お店もカップ麺も絶大な人気がありますよね。特に「蒙古タンメン中本」は、セブンカップ麺の代表的な存在のひとつとなっています。



  • 「蒙古タンメン中本 辛旨味噌」はどんなカップ麺?
蒙古タンメン中本 辛旨味噌」は、セブン&アイのPB、「セブンプレミアム」から出ているカップ麺で、製造は日清食品が担当しています。セブンのカップ麺と言えば真っ先に思い浮かべるカップ麺であり、また激辛カップ麺と言っても真っ先に挙がる存在なのではないかと思います。

蒙古タンメン中本」は東京上板橋にある激辛で有名なラーメン店で、お店のメニュー「北極ラーメン」は特に辛くてファンの多いラーメンです。北極ラーメンも毎年定期的に発売されています。

激辛カップ麺の最高峰が再登場!!セブンプレミアム 「蒙古タンメン中本 北極ラーメン」

激辛ラーメンの最高峰「蒙古タンメン中本 北極ラーメン」 今回のカップ麺は、セブンプレミアムの「蒙古タンメン中本 北極ラーメン」。製造は日清食品。2018年7月10日に再発売された商品です。セブンで売られている「蒙古タンメン中本」シリーズの商品です。このブログで商品単体で扱うのは4回目で、他に食べ比べで1回食べているため、合わせると5回目の登場ということになります。 激辛カップ麺最強の一角として君臨する「北極...




  • 「明星 東京タンメントナリ監修 辛激タンメン」はどんなカップ麺?
明星 東京タンメントナリ監修 辛激タンメン」は、ローソン限定の「ローソン名店シリーズ」のカップ麺で、販売は明星食品が担当しています。「ローソン名店シリーズ」は他に、「麺屋武蔵」や「金色不如帰」などが発売されています。ローソン店頭でもだいぶ幅を利かせるようになっていますよね。

東京タンメン トナリ」は、つけ麺で有名な「六厘舎」グループのタンメン専門店で、東京都内に4店構えています。「辛激タンメン」もお店のメニューのひとつで、1~4までの辛さを選べるのが特徴です。



  • 「蒙古タンメン中本」vs「東京タンメントナリ」
どちらもカップ麺もこのブログではすでにレビュー済ですが、両者を一緒に食べて比較することで、新しい発見があるかもしれないと期待して、今回食べてみたいと思います。ちなみに、どちらの商品も単体でのレビュー時は★6でした。

両コンビニチェーンがライバル同士であり、商品も「激辛」と「タンメン」でキャラが被っており、メーカーは日清食品と明星食品という同じグループ会社。比較対象としてはばっちりです。果たしてどんな比較になるのでしょうか。

内容物、価格、購入額など




左が「中本」で右が「トナリ」です。具の野菜の量は断然「中本」が多く、スープ粉末の量は「トナリ」が上回ります。「中本」と比べると少ないものの、「トナリ」の具の量も結構多いです。

品名蒙古タンメン中本 辛旨味噌
メーカーセブンプレミアム(日清食品が製造)
発売日2016年6月13日(月)
麺種別油揚げ麺
かやく・スープ1袋(辛味オイル)
定価税込204円
取得価格税込204円(セブンイレブン)

品名明星 東京タンメントナリ監修 辛激タンメン
メーカー明星食品(東日本明星が製造)
発売日2017年6月13日(火)
麺種別油揚げ麺
かやく・スープ1袋(辛激ペースト)
定価税込216円
取得価格税込216円(ローソン)

「中本」の方が10円程度安いですが、概ね同じ程度の価格帯になっています。

» 続きを読む

ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【みそラーメンカップ麺】セブン・ローソン・ファミマのコンビニPBカップ麺を食べ比べました!



このページでは、セブンプレミアムのカップ麺、「スープが決め手 濃厚味噌」(エースコックが製造)とローソンセレクトのカップ麺、「カップ みそラーメン」(日清食品が製造)、ファミリーマートコレクションのカップ麺、「コク旨熟成味噌ラーメン」(日清食品が製造)のコンビニ大手3社のみそラーメンカップ麺を食べ比べてレビューしていきます。


大手コンビニPBの「みそラーメンカップ麺」対決!!


今回のカップ麺は、セブンプレミアムの「スープが決め手 濃厚味噌」、ローソンセレクトの「みそラーメン」、そしてファミリーマートコレクションの「コク旨熟成味噌ラーメン」を食べ比べます。それぞれセブンイレブン、ローソン、ファミリーマートのプライベートブランドの商品で、コンビニ3社のPBカップみそラーメンを食べ比べます。先日記事にしているとんこつラーメン担々麺に続く3つめのコンビニPBカップ麺食べ比べとなります。

  • 「スープが決め手 濃厚味噌」はどんなカップ麺?


スープが決め手 濃厚味噌」は、セブン&アイのPB、「セブンプレミアム」から出ているカップ麺で、製造はエースコックが担当しています。「スープが決め手」シリーズは他に「中華そば」、「担々麺」、「とんこつ」、「豚骨醤油」が発売されています。エースコック&セブンのタッグで昔から発売されているカップ麺です。

セブンプレミアム 「スープが決め手の濃厚味噌」

どうもオサーンです。今回のカップ麺は、セブンプレミアムの「スープが決め手の濃厚味噌」。製造はエースコックです。セブンプレミアムの濃厚味噌は前から出てましたが私は手を出したことがなかったので、今回リニューアルを機に食べてみることにしました。 粉まみれのスープ小袋を見ると、それだけでどこのメーカー製造かわかってしまうw スープは、「米味噌、豚エキスをベースに、ガーリックやジンジャーでアクセント...

  • 「みそラーメン」はどんなカップ麺?


みそラーメン」は、ローソンのPB、「ローソンセレクト」の商品です。日清食品が製造を担当しています。「ローソンセレクト」のカップ麺のラインナップは、「しょうゆラーメン」、「しおラーメン」、「コク旨 とんこつラーメン」、「ごま香る 担々麺」があり、最近パッケージが一新されました。いかにもみそラーメンっぽいパッケージがカッコ良かったので、今回このブログではセンターを張ってもらうことにしました。

  • 「コク旨熟成味噌ラーメン」はどんなカップ麺?


コク旨熟成味噌ラーメン」は、ファミリーマートのPB、「ファミリーマートコレクション」から出ているカップ麺で、ファミリーマートコレクションのうち「レギュラーライン」の商品となっています。製造はローソンセレクトと同じく日清食品が担当。「担々麺」の時と同じく、ローソンセレクトとは栄養成分等が異なっているため、パッケージを替えただけで中身が同じというわけではなさそうです。「ファミリーマートコレクション」は他に、「コク旨中華そば」、「海鮮ちゃんぽん」、「濃厚旨辛担々麺」、「小海老天ぷらそば」、「京風きつねうどん」がラインナップされています。

  • 「担々麺」と同じく、エースコックvs日清食品の構図
エースコックが「セブンプレミアム」を製造するのに対し、日清食品が「ローソンセレクト」と「ファミリーマートコレクション」を製造しているという、「担々麺」の時と同じ構図となっています。担々麺のコンビニ3社比較では、圧倒的な練りごまの「セブンプレミアム」に対し、「ファミリーマートコレクション」は花椒と粒ごまの香りものや、肉のボリュームで対抗するという、なかなか素晴らしい対決でした。「ローソンセレクト」はチンゲン菜が充実していました。

【担々麺カップ麺】セブン・ローソン・ファミマのコンビニPBカップ麺を食べ比べました!

このページでは、セブンプレミアムのカップ麺、「スープが決め手 担々麺」(エースコックが製造)とローソンセレクトのカップ麺、「ごま香る担々麺」(日清食品が製造)、ファミリーマートコレクションのカップ麺、「濃厚旨辛担々麺」(日清食品が製造)のコンビニ大手3社のカップ担々麺を食べ比べてレビューしていきます。 大手コンビニPBの「担々麺カップ麺」対決!! 今回のカップ麺は、セブンプレミアムの「スープが決め...

「とんこつ」は「ファミリーマートコレクション」にラインナップがなかったのでコンビニ2社比較になりましたが、こちらも「セブンプレミアム」が「ローソンセレクト」を圧倒していました。「とんこつ」も「担々麺」も、明らかに「セブンプレミアム」の原価率が高い印象を受けました。

【とんこつカップ麺】セブンプレミアムとローソンセレクトのコンビニPBカップ麺を食べ比べました!

このページでは、セブンプレミアムのカップ麺、「スープが決め手のとんこつ」(明星食品が販売)とローソンセレクトのカップ麺、「コク旨 とんこつラーメン」(日清食品が製造)を食べ比べてレビューしていきます。 両者大手コンビニPBのカップ麺で同価格のライバル商品 今回のカップ麺は、セブンプレミアムの「スープが決め手のとんこつ」と、ローソンセレクトの「コク旨 とんこつラーメン」。それぞれセブンイレブンとロー...

今回の「みそラーメン」のコンビニ3社比較では、「とんこつラーメン」と「担々麺」の比較ではあまり良いところの見えなかった「ローソンセレクト」の奮起を期待したいところですが、果たしてそれぞれどんなカップ麺なのでしょうか。



内容物、価格、購入額など




左が「セブンプレミアム」、中央が「ローソンセレクト」、右が「ファミリーマートコレクション」です。「セブンプレミアム」にのみ別添袋の「液体スープ」が入っています。「ローソンセレクト」はかやくの量が多く見え、「ファミリーマートコレクション」はスープ粉末が多いです。

品名スープが決め手 濃厚味噌
メーカーセブンプレミアム(エースコックが製造)
発売日不明
麺種別油揚げ麺
かやく・スープ1袋(液体スープ)
定価税込138円
取得価格税込138円(セブンイレブン)

品名みそラーメン
メーカーローソンセレクト(日清食品が製造)
発売日不明
麺種別油揚げ麺
かやく・スープなし
定価税込120円
取得価格税込120円(ローソン)

品名コク旨熟成味噌ラーメン
メーカーファミリーマートコレクション(日清食品が製造)
発売日不明
麺種別油揚げ麺
かやく・スープなし
定価税込142円
取得価格税込142円(ファミリーマート)

3商品の中では、「ローソンセレクト」が定価税込120円で最も安くなっています。安いは正義。これだけでポイント高いです。「セブンプレミアム」は138円、「ファミリーマートコレクション」は142円なので、「ローソンセレクト」が他より20円程度安いですね。

» 続きを読む

ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

無印良品の「ミニラーメン」、「チキン味」「トムヤムクン味」「キムチ味」を食べてみました!



このページでは、良品計画の袋麺、「無印良品 ミニラーメン」のうち、「チキン味」、「トムヤムクン味」、「キムチ味」を食べてレビューしていきます。




「無印良品 ミニラーメン」はどんな商品?


今回食べるのは、良品計画の「無印良品 ミニラーメン」。無印良品通販サイトによれば、「チキン味」、「こがし醤油味」、「トムヤムクン味」、「キムチ味」の4種類ラインナップされていますが、通販サイトでは「こがし醤油味」と「トムヤムクン味」が在庫切れで、いくつか実店舗を回ってみたら「こがし醤油味」はまったく見かけなかったため、今回はひとまず「チキン味」、「トムヤムクン味」、「キムチ味」の3種類を食べてみたいと思います。

  • 「無印良品 ミニラーメン」は4パック入り税込120円のお得な商品
無印良品の「ミニラーメン」は4個パックのミニラーメンが1袋になった定価税込120円の商品で、1パックあたり30gで計120g入っています。無印良品の商品としては結構お得な価格設定ですよね。先日このブログでレポした「東京拉麺」は、同じく4食パック計120gでダイソーで税込105円で売られてしましたが、 それよりはちょっと高いものの良心的な価格設定となっています。

「無印良品」って昔は西友のPB商品だったんですよね。今でこそ、ちょっと高いけど良いもの売ってますよ的な雰囲気を醸し出しているブランドですが、今回の商品の価格設定は西友PB時代を思い出すような感じがしました。

カップ麺ブロガーなのに袋麺「東京拉麺」4種類を食べ比べてみました!

このページでは、袋麺「東京拉麺」シリーズのうち、「東京拉麺 チキン味」、「東京拉麺 マイルドカレー味」、「東京拉麺 エビ塩トンコツ味」、「東京拉麺 ピリ辛にんにくラーメン」を食べてレビューしていきます。 目次 1. 「東京拉麺」はどんな商品? 2. 東京拉麺 チキン味 3. 東京拉麺 マイルドカレー味 4. 東京拉麺 エビ塩トンコツ味 5. 東京拉麺 ピリ辛にんにくラーメン 6. オススメ度 「東京拉麺」はどん...

  • 麺に味がつけられていて具や粉末は入っていないチキンラーメンスタイル


左から、「無印良品 ミニラーメン チキン味」、「無印良品 ミニラーメン トムヤムクン味」、「無印良品 ミニラーメン キムチ味」の、それぞれ4パック入っているうちの1パックを並べてみました。右に行くに従って麺が赤っぽくなっていきますが、基本的にはチキン味に近い色をしていることがわかります。

「チキンラーメン」や「東京拉麺」と同じように、粉末スープやかやくの別添袋は入っておらず、麺自体に味がつけられているスタイルなので、お湯で戻して食べるのみならず、そのままバリボリ食べられます。



  • 1パック30gが4個入りで、ミニサイズのラーメン
1パックあたりの麺の量はいずれも30gで「東京拉麺」と同じで、通常のチキンラーメン袋麺の1食麺量が85gなので3分の1強です。今回の商品は通常サイズのチキンラーメンよりもちょっと高いので、麺量だけならお得感はありません。一方で、チキンラーメンのミニサイズは20g×3パックで定価税別130円なので、それに比べると安価です。

お得感は、東京拉麺>無印良品ミニラーメン>チキンラーメンミニサイズ。

  • 「無印良品 ミニラーメン」の食べ方について
「無印良品 ミニラーメン」の食べ方については、パッケージに以下の3つの方法が提示されています。

・器にめんを入れ、約200ccの熱湯を注ぎ、3分間待つ。
・約230ccのお湯にめんを入れて2分間煮立てる(たまごやネギを加えるとおいしくなる)
・そのままおつまみとして。

「東京拉麺」では特にお湯の量などが提示されていませんでしたが、今回の「無印良品 ミニラーメン」はしっかりお湯の量が書いてあるので、そのとおり作ってみたいと思います。

まずは砕いてそのままバリボリと食べてみます。そしてその後に、砕いたものとは別の個装を用いて、これは砕かずに200ccのお湯で戻して食べてみます。

私オサーンは本来なら、「東京拉麺」の時にやったように、砕いて少量のお湯を入れて食べるのがいつもの食べ方なのですが、今回はメーカーの提示に従いたいと思います。

  • 「無印良品」のカップ麺も発売されていた!
無印良品では2016年~2017年の間にカップ麺が発売されていました。無印良品で人気のレトルトカレーの味をカップ麺に落とし込み、化学調味料不使用を大きな売りとして全部で3種類の商品が発売されていました。現在は3商品とも販売されていません。

無印良品のカップ麺第3弾!「カップラーメン キーマカレー味」

無印良品カップ麺第3弾はレトルトでもおなじみのキーマカレー! どうもオサーンです。今回のカップ麺は、無印良品の「カップラーメン キーマカレー味」。昨年発売された「バターチキンカレー味」と「グリーンカレー味」に続く、無印良品のカップ麺第3弾となります。前作同様、今回もレトルトカレーの人気メニューをカップ麺化した商品となっています。今回も今までと同様化学調味料不使用となっており、気になる方には助かります...

無印良品 「カップラーメン グリーンカレー味」

どうもオサーンです。今回のカップ麺は、無印良品の「カップラーメン グリーンカレー味」。この前紹介したバターチキンカレー味と同時発売の、無印良品初のカップ麺です。元になった無印のレトルトカレーでは、私はバターチキンよりグリーンカレーの方が好きでしたが、カップ麺では果たしてどうでしょうか。 商品概要 品名:カップラーメン グリーンカレー味 メーカー:無印良品 発売日:2016年7月27日(水) 麺種...

無印良品初のカップ麺! 「カップラーメン バターチキンカレー味」のお味は?

どうもオサーンです。今回のカップ麺は、無印良品の「カップラーメン バターチキンカレー味」。無印良品初のカップ麺だそうです。今回発売されたのは「バターチキンカレー味」と「グリーンカレー味」。無印良品で人気を集めるレトルトカレーの2トップのカップ麺版での登場ということのようです。私オサーンはあんまり無印良品を利用しないのですが、このレトルトカレー2種は話題になっていたので食べたことがあります。今回のカッ...

ちなみに今回の「ミニラーメン」は、化学調味料は入っています。

» 続きを読む

ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【担々麺カップ麺】セブン・ローソン・ファミマのコンビニPBカップ麺を食べ比べました!



このページでは、セブンプレミアムのカップ麺、「スープが決め手 担々麺」(エースコックが製造)とローソンセレクトのカップ麺、「ごま香る担々麺」(日清食品が製造)、ファミリーマートコレクションのカップ麺、「濃厚旨辛担々麺」(日清食品が製造)のコンビニ大手3社のカップ担々麺を食べ比べてレビューしていきます。


大手コンビニPBの「担々麺カップ麺」対決!!


今回のカップ麺は、セブンプレミアムの「スープが決め手 担々麺」、ローソンセレクトの「ごま香る 担々麺」、そしてファミリーマートコレクションの「濃厚旨辛担々麺」を食べ比べます。それぞれセブンイレブン、ローソン、ファミリーマートのプライベートブランドの商品で、コンビニ3社のPBカップ担々麺を食べ比べていきます。

  • 「スープが決め手 担々麺」はどんなカップ麺?


スープが決め手 担々麺」は、セブン&アイのPB、「セブンプレミアム」から出ているカップ麺で、製造はエースコックが担当しています。「スープが決め手」シリーズは他に「中華そば」、「濃厚味噌」、「とんこつ」、「豚骨醤油」が発売されています。エースコックの担々麺といえば練りごまの強いイメージがあるので、今回の一杯にも濃厚な練りごまを期待したいところ。

  • 「ごま香る 担々麺」はどんなカップ麺?


ごま香る 担々麺」は、ローソンのPB、「ローソンセレクト」の商品です。日清食品が製造を担当しています。「ローソンセレクト」のカップ麺のラインナップは、「しょうゆラーメン」、「みそラーメン」、「しおラーメン」、「コク旨 とんこつラーメン」。最近パッケージが一新されましたが、内容物は以前と同じままのようです。

  • 「濃厚旨辛担々麺」はどんなカップ麺?


濃厚旨辛担々麺」は、ファミリーマートのPB、「ファミリーマートコレクション」から出ているカップ麺です。ファミリーマートコレクションにはレギュラーラインとプラチナラインがあり、この商品はレギュラーラインです。製造はローソンセレクトと同じく日清食品が担当していますが、ローソンセレクトとは栄養成分等がだいぶ異なっているため、中身が同じということではないようです。「ファミリーマートコレクション」は他に、「コク旨中華そば」、「海鮮ちゃんぽん」、「コク旨熟成味噌ラーメン」、「小海老天ぷらそば」、「京風きつねうどん」が発売されています。

  • エースコック vs 日清食品の構図
カップ麺メーカーの中でも担々麺を得意とする、エースコックvs日清食品の対決構図であり、3商品うち2つを占める日清食品が、ローソンとファミマの担々麺をどのように作り分けてきているのかにも興味が湧きます。コンビニ大手3社がカップ担々麺でどうしのぎを削っているのか、非常に楽しみです。3者3様の特徴のある味づくりに期待したいところです。それでは食べていきたいと思います。

【とんこつカップ麺】セブンプレミアムとローソンセレクトのコンビニPBカップ麺を食べ比べました!

このページでは、セブンプレミアムのカップ麺、「スープが決め手のとんこつ」(明星食品が販売)とローソンセレクトのカップ麺、「コク旨 とんこつラーメン」(日清食品が製造)を食べ比べてレビューしていきます。 両者大手コンビニPBのカップ麺で同価格のライバル商品 今回のカップ麺は、セブンプレミアムの「スープが決め手のとんこつ」と、ローソンセレクトの「コク旨 とんこつラーメン」。それぞれセブンイレブンとロー...



内容物、価格、購入額など




左が「セブンプレミアム」、中央が「ファミリーマートコレクション」、右が「ローソンセレクト」。「セブンプレミアム」には「液体スープ」が、「ローソンセレクト」には「調味油」、「ファミリーマートコレクション」には「特製調味油」が別添されています。

「セブンプレミアム」は肉そぼろとチンゲン菜がどちらも量が多く、スープの粉末や粒ごまもたくさん入っています。「ローソンセレクト」がチンゲン菜が多そう。「ファミリーマートコレクション」は肉と粒ごまがたくさん入っているのが特徴的です。

品名スープが決め手 担々麺
メーカーセブンプレミアム(エースコックが製造)
発売日不明
麺種別油揚げ麺
かやく・スープ1袋(液体スープ)
定価税込138円
取得価格税込138円(セブンイレブン)

品名ごま香る 担々麺
メーカーローソンセレクト(日清食品が製造)
発売日不明
麺種別油揚げ麺
かやく・スープ1袋(調味油)
定価税込138円
取得価格税込138円(ローソン)

品名濃厚旨辛担々麺
メーカーファミリーマートコレクション(日清食品が製造)
発売日不明
麺種別油揚げ麺
かやく・スープ1袋(特製調味油)
定価税込142円
取得価格税込142円(ファミリーマート)

「セブンプレミアム」と「ローソンセレクト」は定価税込138円で同じなのに対し「ファミリマートコレクション」は142円で4円高くなっているものの、3者概ね同じような価格設定と言って良さそうです。3つとも油揚げ麺が使用されています。

» 続きを読む

ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加