カップラーメンのカテゴリ記事一覧

カップ麺、カップラーメン、カップ焼そばの新商品や激辛商品をレビューし、評価をオススメ度として掲載。食べ比べや新商品発売予定のまとめも行っています。

カテゴリ:カップラーメン

カップラーメンのカテゴリ記事一覧。カップ麺、カップラーメン、カップ焼そばの新商品や激辛商品をレビューし、評価をオススメ度として掲載。食べ比べや新商品発売予定のまとめも行っています。

2020-04-09 カップラーメン
このページでは、東洋水産のカップ麺、「マルちゃん 麺づくり 旨辛 酸辣湯麺」を食べてレビューしていきます。 「マルちゃん 麺づくり 旨辛 酸辣湯麺」はどんなカップ麺? 今回のカップ麺は、東洋水産の「マルちゃん 麺づくり 旨辛 酸辣湯麺」。2020年4月6日発売の、「マルちゃん 麺づくり」シリーズの新商品です。「麺づくり」シリーズから「旨辛」をテーマに「鶏白湯」と「酸辣湯麺」が登場。まずは「酸辣湯麺」...

記事を読む

2020-04-08 カップラーメン
このページでは、サンヨー食品のカップ麺、「博多純情らーめんShinShin監修 炊き出し豚骨らーめん」を食べてレビューしていきます。 「博多純情らーめんShinShin監修 炊き出し豚骨らーめん」はどんなカップ麺? 今回のカップ麺は、サンヨー食品の「博多純情らーめんShinShin監修 炊き出し豚骨らーめん」。2019年4月6日発売の新商品です。福岡県福岡市のとんこつラーメンの人気店、「博多純情らーめんShinShin」の...

記事を読む

2020-04-08 カップラーメン
このページでは、ファミリーマート限定商品で、日清食品のカップ麺、「ラ王 白タンタン」を食べてレビューしていきます。 「ラ王 白タンタン」はどんなカップ麺? 今回のカップ麺は、日清食品の「ラ王 白タンタン」。2020年4月7日発売の、「日清ラ王」シリーズの新商品です。ファミリーマート限定発売の商品となっています。恒例商品化されつつある先週発売された「黒タンタン」に続いて、今度は「白タンタン」が...

記事を読む

2020-04-05 カップラーメン
このページでは、セブンプレミアムのカップ麺、「銘店紀行 中華蕎麦とみ田」を食べてレビューしていきます。 「銘店紀行 中華蕎麦とみ田」はどんなカップ麺? 今回のカップ麺は、セブンプレミアムの「銘店紀行 中華蕎麦とみ田」。製造は明星食品。2020年3月23日にリニューアル発売された「銘店紀行」3商品のうちのひとつ。千葉県松戸市に本店のある、「中華蕎麦 とみ田」の味を再現した定番カップ麺となっています...

記事を読む

2020-04-03 カップラーメン
このページでは、東洋水産のカップ麺、「マルちゃん 本気盛 黒マー油鶏白湯」を食べてレビューしていきます。 「マルちゃん 本気盛 黒マー油鶏白湯」はどんなカップ麺? 今回のカップ麺は、東洋水産の「マルちゃん 本気盛 黒マー油鶏白湯」。2020年3月30日発売の、「マルちゃん 本気盛」シリーズの新商品です。鶏白湯と黒マー油という異色な組み合わせの本気盛新商品となっています。 タテ型ビッグカッ...

記事を読む

酸辣湯麺でもやっぱり麺がうまい!「マルちゃん 麺づくり 旨辛 酸辣湯麺」を実食レビュー



このページでは、東洋水産のカップ麺、「マルちゃん 麺づくり 旨辛 酸辣湯麺」を食べてレビューしていきます。



「マルちゃん 麺づくり 旨辛 酸辣湯麺」はどんなカップ麺?


今回のカップ麺は、東洋水産の「マルちゃん 麺づくり 旨辛 酸辣湯麺」。2020年4月6日発売の、「マルちゃん 麺づくり」シリーズの新商品です。「麺づくり」シリーズから「旨辛」をテーマに「鶏白湯」と「酸辣湯麺」が登場。まずは「酸辣湯麺」から食べていきます。



「麺づくり」で酸辣湯麺は初めて(だと思う)


「麺づくり」シリーズといえば以前は東洋水産のノンフライ麺商品の看板シリーズとして君臨し、そのおいしさに社会現象に近い状態にまでなった人気シリーズでした。ただ最近は、東洋水産が激推しする「正麺カップ」シリーズの影に隠れてあまり目立っていないように見えていたので、今回の「鶏白湯」と「酸辣湯麺」の2種同時発売はちょっと驚きでした。

これまでに麺づくりシリーズから酸辣湯麺が発売されたことは(おそらく)なく、どちらかというとかつてのライバル「日清麺職人」が得意とするフレーバーというイメージがあります。過去に何度か出ていました。

日清食品 「日清麺職人 酸辣湯麺」

どうもー、ハンサムです。今回のカップ麺は、日清食品の「日清麺職人 酸辣湯麺」です。麺職人シリーズは美味しくて好きなので楽しみにしてました。コンビニでは見つけられずスーパーで購入できました。あ、今回の記事は写真はオサーン、記事はハンサムとなっております。スープは、「黒酢を使用し、酸味と辛味のバランスの取れたとろみのある酸辣スープ」だそうです。酸辣湯麺って酸っぱ辛いっていうイメージだった...

日清食品 「日清麺職人 黒酢サンラータンメン」

以前も出ていた「日清麺職人」シリーズの「酸辣湯麺」今回のカップ麺は、日清食品の「日清麺職人 黒酢サンラータンメン」。「日清麺職人」シリーズ期間限定の新作です。「日清麺職人 生姜醤油」と同時発売となっています。「日清麺職人」シリーズからは以前にも「日清麺職人 酸辣湯麺」が出ていました。2012年なので、もう5年前です。当時はまだ酸辣湯麺が今ほど一般的になっていない状況で、その中で酸辣湯麺としては辛めのスー...



内容物、価格、購入額など




別添袋は、「液体スープ」、後入れ「粉末スープ」、「かやく」の計3袋。



先入れの「かやく」を麺の上に開けた状態。たまごとチンゲン菜が多めに入っているようです。麺は麺づくりのいつもの黄色っぽい麺。この最近の麺づくりの麺、個人的にはカップ麺でも最上位のおいしさだといつも思っています。

品名マルちゃん 麺づくり 旨辛 酸辣湯麺
メーカー東洋水産
発売日2020年4月6日(月)
麺種別ノンフライ麺
かやく・スープ3袋(液体スープ・粉末スープ・かやく)
定価税別193円
取得価格税込181円(コープ)

» 続きを読む


 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

サンヨー食品 「博多純情らーめんShinShin監修 炊き出し豚骨らーめん」



このページでは、サンヨー食品のカップ麺、「博多純情らーめんShinShin監修 炊き出し豚骨らーめん」を食べてレビューしていきます。



「博多純情らーめんShinShin監修 炊き出し豚骨らーめん」はどんなカップ麺?


今回のカップ麺は、サンヨー食品の「博多純情らーめんShinShin監修 炊き出し豚骨らーめん」。2019年4月6日発売の新商品です。福岡県福岡市のとんこつラーメンの人気店、「博多純情らーめんShinShin」の味を再現したカップ麺です。約1年ぶり、3回目の登場となります。



3回目のShinShinカップ麺登場!


博多純情らーめんShinShin」は、福岡県福岡市に本店のある博多とんこつラーメンの人気店です。とんこつ臭盛大なゴリゴリのとんこつラーメンとは異なり、ShinShinのラーメンは臭みを抑えた旨みの強いとんこつが特徴とのこと。これまで2度発売されていたカップ麺でも、一貫してまろやかで旨みの強い一杯に仕上げていました。

2018年4月発売の「サッポロ一番 博多純情らーめん ShinShin 炊き出し豚骨らーめん」。まろやかな甘みが印象的な一杯でした。

サンヨー食品 「サッポロ一番 博多純情らーめん ShinShin 炊き出し豚骨らーめん」

博多の名店「博多らーめんShinShin」の味を再現した商品今回のカップ麺は、サンヨー食品の「サッポロ一番 博多純情らーめん ShinShin 炊き出し豚骨らーめん」。博多のとんこつラーメンの有名店「博多らーめんShinShin」の味を再現した商品です。「博多らーめんShinShin」は福岡市内に4店舗構えるお店で、福岡有数の知名度があります。私も昨年、九州出張の際に行きたいお店のひとつとしてピックアップしていたのですが、時間が限...

2019年4月発売の「サッポロ一番 博多純情らーめんShinShin 炊き出し豚骨らーめん」。クセのないまろやかなスープはそのままに、麺の湯戻し時間を短縮することにより、麺かための食感を実現していました。

博多の人気ラーメン店のカップ麺! 「サッポロ一番 博多純情らーめんShinShin 炊き出し豚骨らーめん」

このページでは、サンヨー食品のカップ麺、「サッポロ一番 博多純情らーめんShinShin 炊き出し豚骨らーめん」を食べてレビューしていきます。「サッポロ一番 博多純情らーめんShinShin 炊き出し豚骨らーめん」はどんなカップ麺?今回のカップ麺は、サンヨー食品の「サッポロ一番 博多純情らーめんShinShin 炊き出し豚骨らーめん」。2019年4月8日発売の新商品です。福岡県福岡市の人気ラーメン店「博多純情らーめ...



リニューアルポイントは「肉具材2倍」




今回の一杯では、昨年に比べて「肉具材2倍」が大きな変更点のようです。昨年までの商品では、残念ながら具はあまり充実していた印象がないので、今回の変化は歓迎材料。



80秒で超カタ麺、90秒でカタ麺、120秒で普通とのこと。80秒で蓋を開けてダッシュで後入れの袋を投入してかき混ぜて、結果1200秒目に食べ始めるとしたら、それは普通ということになるのでしょうか。もしそうなら、お湯を入れて30秒くらいでもう食べる準備を始めなければ、80秒の超カタ麺状態では食べられないのではないかと思います。今回はもろもろやってなんとか90秒くらいで食べ始められるようにやっていこうと思います。


内容物、価格、購入額など




別添袋は「仕上げの小袋」1袋。カップには肉そぼろやねぎ、キクラゲが入っています。肉具材2倍とのことで、確かに昨年より増えていますが、だからといってボリューミーというわけではないようです。

品名博多純情らーめんShinShin監修 炊き出し豚骨らーめん
メーカーサンヨー食品
発売日2020年4月6日(月)
麺種別油揚げ麺
かやく・スープ1袋(仕上げの小袋)
定価税別220円
取得価格税込232円(ローソン)

» 続きを読む


 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ファミマから黒に続いて白のカップ担々麺登場!「ラ王 白タンタン」



このページでは、ファミリーマート限定商品で、日清食品のカップ麺、「ラ王 白タンタン」を食べてレビューしていきます。



「ラ王 白タンタン」はどんなカップ麺?


今回のカップ麺は、日清食品の「ラ王 白タンタン」。2020年4月7日発売の、「日清ラ王」シリーズの新商品です。ファミリーマート限定発売の商品となっています。恒例商品化されつつある先週発売された「黒タンタン」に続いて、今度は「白タンタン」が登場しました。白地に赤の大変おめでたそうなパッケージデザインとなっています。



「ラ王 黒タンタン」に続く「白タンタン」


先週の発売ですでに3回目の登場となり、ファミマの期間限定発売のカップ麺としては定番化しつつある「ラ王 黒タンタン」ですが、今度はまさかの「白タンタン」の登場。過去にない流れだったので、ちょっと意表を突かれた感じでした。「黒タンタン」は黒ごまを使った黒ラー油と風味と強い練りごまが特徴のまったり濃厚なカップ担々麺でした。

ファミマ限定の真っ黒ラー油が印象的なカップ担々麺 「ラ王 黒タンタン」を実食レビュー!

このページでは、ファミリーマート限定商品で、日清食品のカップ麺、「ラ王 黒タンタン」を食べてレビューしていきます。「ラ王 黒タンタン」はどんなカップ麺?今回のカップ麺は、日清食品の「ラ王 黒タンタン」。2020年3月31日発売の、「日清ラ王」シリーズの新商品です。ファミリーマート限定発売の商品となっています。今回で3度目の発売で、すっかりファミマの恒例商品化しています。「ラ王 黒...



「白タンタン」は白ごま&ナッツ




「黒タンタン」は黒ラー油と練りごまの一杯でしたが、今回の「白タンタン」は「白ごまとナッツの豊潤な味わい」と書かれており、黒タンタン以上にまったり系の一杯という感じがしますね。カラーリング的にはアトレティコなので、ユーヴェだった黒タンタンに対し、今回は強固な守備を見せてくれるのか楽しみです。


内容物、価格、購入額など




別添袋は、「赤ラー油」1袋。白タンタンですが赤ラー油とは。だからアトレティコカラーなんですね。赤ラー油とか言っていますが、ラー油が赤いのは普通な気がします。カップには大量のスープ粉末と、あまり多くなさそうなかやくが入っていました。

品名ラ王 白タンタン
メーカー日清食品(ファミマ限定発売)
発売日2020年4月7日(火)
麺種別ノンフライ麺
かやく・スープ1袋(赤ラー油)
定価税込228円
取得価格税込228円(ファミリーマート)

» 続きを読む


 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

リニューアルされたセブンのカップ麺「銘店紀行 中華蕎麦とみ田」を食べてみました!特盛チャーシュー!



このページでは、セブンプレミアムのカップ麺、「銘店紀行 中華蕎麦とみ田」を食べてレビューしていきます。



「銘店紀行 中華蕎麦とみ田」はどんなカップ麺?


今回のカップ麺は、セブンプレミアムの「銘店紀行 中華蕎麦とみ田」。製造は明星食品。2020年3月23日にリニューアル発売された「銘店紀行」3商品のうちのひとつ。千葉県松戸市に本店のある、「中華蕎麦 とみ田」の味を再現した定番カップ麺となっています。



「銘店紀行 中華蕎麦とみ田」カップ麺のリニューアル


2020年3月23日に、セブンプレミアムのタテ型カップ麺、「銘店紀行」シリーズのうち、「博多だるま」、「六角家」、「中華蕎麦とみ田」の3品がリニューアルされました。今回はそのうち「中華蕎麦とみ田」について、新旧商品を比べながらレビューしていきます。

そもそも今回のリニューアルは、単に商品のリニューアルのみではなく、値上げも一緒に行われています。税別価格で198円から208円の10円アップ。スープのデキが抜群で、コストのかかるノンフライ麺を使用し、そしてボリュームのある具の構成。それでいて定価税別198円は、他の商品に比べるとだいぶ安価というイメージがありました。

なので正直、値上げやむなしとは思うのですが、それはそれ。値上げされるからにはそれだけの対価というか、値上げするだけの新たな価値を見せてもらいたいところです、



「特盛チャーシュー」がポイントらしい




値上げが先なのかリニューアルが先なのかはよくわかりませんが、定価税別で10円の値上げに対して、商品は「特盛チャーシュー」にリニューアルされているようです。さすがセブンプレミアム、ただでは値上げしてきませんね。果たして値上げ分の価値あるリニュアールなのか、しっかり食べていきたいと思います。


内容物、価格、購入額など




左がリニューアル後で、右がリニューアル前。別添袋はどちらも、「後入れ特製オイル」1袋。外装の色が違うし、中身の量も違いそう。リニューアル後の方がちょっとかためで、凝固しているようです。ラード系が多いのかな。

左のリニューアル後商品は「特盛チャーシュー」とのことですが、右のリニューアル前の方が具のボリュームがあるように見えます。



具の量がよくわからないので、両者の茶色っぽい具を取り出してみました。左がリニューアル後で右がリニューアル前。チャーシューチップの量は確かにリニューアル後が多くさすがの「特盛チャーシュー」ですが、チャーシュー以外、メンマの量は断然リニューアル前が多いです。小さなナルトも入っています。よくよく見ると、さっきの写真ではネギが多く入っているのもリニューアル前のようです。あれ。大丈夫かな。

品名銘店紀行 中華蕎麦とみ田
メーカーセブンプレミアム(製造は明星食品)
発売日2020年3月23日(月)
麺種別ノンフライ麺
かやく・スープ1袋(後入れ特製オイル)
定価税込224円
取得価格税込224円(セブンイレブン)

» 続きを読む


 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

鶏白湯と黒マー油の珍しい組み合わせ 「マルちゃん 本気盛 黒マー油鶏白湯」を実食レビュー



このページでは、東洋水産のカップ麺、「マルちゃん 本気盛 黒マー油鶏白湯」を食べてレビューしていきます。



「マルちゃん 本気盛 黒マー油鶏白湯」はどんなカップ麺?


今回のカップ麺は、東洋水産の「マルちゃん 本気盛 黒マー油鶏白湯」。2020年3月30日発売の、「マルちゃん 本気盛」シリーズの新商品です。鶏白湯と黒マー油という異色な組み合わせの本気盛新商品となっています。



タテ型ビッグカップの定番「本気盛」


本気盛」は、新商品が必ずコンビニなどの店頭に並ぶ、タテ型ビッグカップの定番中の定番シリーズです。だいたい、ローソンかファミマに行けば何かしらの「本気盛」シリーズの商品に巡り会える感じです。



鶏白湯+黒マー油


今回の一杯では、鶏白湯に黒マー油を合わせたスープが特徴となっています。柔のイメージの鶏白湯に剛のイメージの黒マー油。面白そうな一杯ですよね。油断すると黒マー油の前に鶏白湯の旨みなんて蹂躙されてしまいそうですが、そのあたりをどう加減しているのか気になるところです。



「本気盛」シリーズでは、「鶏白湯」、「黒マー油」それぞれを取り上げたカップ麺が過去に発売されています。2017年4月発売の「マルちゃん 本気盛 鶏ポタ」は、ポタージュ感の強い濃厚な鶏白湯と、太い麺組み合わせがとても良くマッチした一杯でした。

東洋水産 「マルちゃん 本気盛 鶏ポタ」

今回のカップ麺は、東洋水産の「マルちゃん 本気盛 鶏ポタ」。鶏ポタとはこれまた面白そうな商品の登場ですね。「ポタージュ」のような濃厚鶏白湯で鶏ポタとのことですが、私は本気盛も鶏白湯もあまり得意としていないのでちょっと不安でもあります。わかりやすい味でありますようにと願いながら食べてみたいと思います。商品概要品名:マルちゃん 本気盛 鶏ポタメーカー:東洋水産発売日:2017年4月24日(月)...

2019年9月発売の「マルちゃん 本気盛 黒マー油濃厚みそ」は、パンチの効いた濃厚みそに、にんにくと黒マー油のダブルでニンニクを効かせた一杯。これもかなりおいしかったです。

「本気盛 黒マー油濃厚みそ」を実食レビュー!新開発の太麺とスープの相性やいかに?

このページでは、東洋水産のカップ麺、「マルちゃん 本気盛 黒マー油濃厚みそ」を食べてレビューしていきます。「マルちゃん 本気盛 黒マー油濃厚みそ」はどんなカップ麺?今回のカップ麺は、東洋水産の「マルちゃん 本気盛 黒マー油濃厚みそ」。2019年9月16日発売の、「マルちゃん 本気盛」シリーズの新商品です。「本気盛」シリーズのイメージにピッタリの、濃厚みそ味の一杯がまた登場です。濃厚...


内容物、価格、購入額など




別添袋は、「後入れ特製油」1袋。おそらくマー油が入っているのでしょう!カップにはスープ粉末やかやくがたくさん入っています。粉末は鶏白湯色です。

品名マルちゃん 本気盛 黒マー油鶏白湯
メーカー東洋水産
発売日2020年3月30日(月)
麺種別油揚げ麺
かやく・スープ1袋(後入れ特製油)
定価税別220円
取得価格税込232円(ファミリーマート)

» 続きを読む


 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加