カップラーメンのカテゴリ記事一覧

カップ麺、カップラーメン、カップ焼そばの新商品や激辛商品をレビューし、評価をオススメ度として掲載。食べ比べや新商品発売予定のまとめも行っています。

カテゴリ:カップラーメン

カップラーメンのカテゴリ記事一覧。カップ麺、カップラーメン、カップ焼そばの新商品や激辛商品をレビューし、評価をオススメ度として掲載。食べ比べや新商品発売予定のまとめも行っています。

2020-08-04 カップラーメン
このページでは、日清食品のカップライス、「日清ウマーメシ 台湾まぜ飯」を食べてレビューしていきます。 「日清ウマーメシ ユッケジャン」はどんな商品? 今回のカップ麺は、日清食品の「日清ウマーメシ ユッケジャン」。2020年8月3日発売の、「日清カレーメシ」の派生商品、「日清ウマーメシ」シリーズの新商品です。韓国料理「ユッケジャン」の味わいをカップライスで再現した商品です。 ウマーメ...

記事を読む

2020-08-02 カップラーメン
このページでは、日清食品のカップ麺、「カップヌードル 海苔うまシーフード ビッグ」を食べてレビューしていきます。 「カップヌードル 海苔うまシーフード ビッグ」はどんなカップ麺? 今回のカップ麺は、日清食品の「カップヌードル 海苔うまシーフード ビッグ」。2020年8月3日発売の、「カップヌードル」シリーズの新商品です。定番商品「カップヌードル シーフードヌードル」に、「海苔」を加えてアレンジし...

記事を読む

2020-08-02 カップラーメン
このページでは、ヤマダイのカップ麺、「ニュータッチ 凄麺 横浜発祥サンマー麺」を食べてレビューしていきます。 「ニュータッチ 凄麺 横浜発祥サンマー麺」はどんな商品? 今回のカップ麺は、ヤマダイの「ニュータッチ 凄麺 横浜発祥サンマー麺」。2020年2月3日にリニューアル発売された、「凄麺」シリーズの商品です。リニューアルを繰り返しながら10年以上存続する、「凄麺」シリーズの中でも古参の商品で、横...

記事を読む

2020-08-01 カップラーメン
このページでは、ヤマダイのカップ麺、「ニュータッチ 凄麺 魚介豚骨の逸品」を食べてレビューしていきます。 「ニュータッチ 凄麺 魚介豚骨の逸品」はどんな商品? 今回のカップ麺は、ヤマダイの「ニュータッチ 凄麺 魚介豚骨の逸品」。2019年10月7日にリニューアル発売された、「凄麺」シリーズの発売の新商品です。まったくもって新商品ではありませんが、未レポだったので食べてみたいと思います。 ...

記事を読む

2020-07-31 カップラーメン
このページでは、エースコックのカップ麺、「ちゅるげーそば 沖縄そば大盛り」を食べてレビューしていきます。 「ちゅるげーそば 沖縄そば大盛り」はどんなカップ麺? 今回のカップ麺は、エースコックの「ちゅるげーそば 沖縄そば大盛り」。2020年7月28日発売のファミマ限定新商品で、沖縄県中城村の沖縄そば人気店、「ちゅるげーそば」の味を再現したカップ麺です。メーカーとカップサイズから、「スーパーカップ...

記事を読む

ウマーメシ第4弾はコチュジャンと牛のユッケジャン!「日清ウマーメシ ユッケジャン」を実食



このページでは、日清食品のカップライス、「日清ウマーメシ 台湾まぜ飯」を食べてレビューしていきます。



「日清ウマーメシ ユッケジャン」はどんな商品?


今回のカップ麺は、日清食品の「日清ウマーメシ ユッケジャン」。2020年8月3日発売の、「日清カレーメシ」の派生商品、「日清ウマーメシ」シリーズの新商品です。韓国料理「ユッケジャン」の味わいをカップライスで再現した商品です。




ウマーメシ第4弾商品「ユッケジャン」


「日清カレーメシ」から派生した「日清ウマーメシ」シリーズは、今回が第4弾商品となります。これまで発売されてきたのは「シビうま担々」、「豚キムチチゲ」、「台湾まぜ飯」で、いずれも辛い系の商品でした。

いちばん最近発売された「日清ウマーメシ」は。2020年3月発売の「日清ウマーメシ 台湾まぜ飯」でした。辛味の強さに加え、魚粉を合わせた一杯で、単に辛いだけではないおいしさがありました。

ウマーメシ第3弾は台湾まぜそばをアレンジしたカップライス!「日清ウマーメシ 台湾まぜ飯」

このページでは、日清食品のカップライス、「日清ウマーメシ 台湾まぜ飯」を食べてレビューしていきます。「日清ウマーメシ 台湾まぜ飯」はどんな商品?今回のカップ麺は、日清食品の「日清ウマーメシ 台湾まぜ飯」。2020年3月2日発売の、「日清カレーメシ」シリーズの派生商品、「日清ウマーメシ」シリーズの新商品です。人気の台湾まぜそばをカップライスでアレンジした商品となっています。「台...



「コチュジャン」+「牛だし」で「辛うま味噌」




今回の一杯では、パッケージに牛の絵が描かれており、コチュジャンと牛だしの2枚看板による「辛うま味噌」とのことです。辛さレベルは「3/5」で、前回の「台湾まぜ飯」と同じです。「台湾まぜ飯」は結構辛かったですが、今回は果たしてどうでしょうか。



内容物、価格、購入額など




別添袋は「特製ウマーの素」1袋。カップにはパフライスにスープ粉末、豚ミンチなどのかやくが入っています。

品名日清ウマーメシ ユッケジャン
メーカー日清食品
発売日2020年8月3日(月)
麺種別ライス
かやく・スープ1袋(特製ウマーの素)
定価税別230円
取得価格税別178円(イオン)

» 続きを読む


 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

シーフードスープ×海苔の佃煮??「カップヌードル 海苔うまシーフード ビッグ」を実食レビュー



このページでは、日清食品のカップ麺、「カップヌードル 海苔うまシーフード ビッグ」を食べてレビューしていきます。



「カップヌードル 海苔うまシーフード ビッグ」はどんなカップ麺?


今回のカップ麺は、日清食品の「カップヌードル 海苔うまシーフード ビッグ」。2020年8月3日発売の、「カップヌードル」シリーズの新商品です。定番商品「カップヌードル シーフードヌードル」に、「海苔」を加えてアレンジした夏向け商品となっています。



「シーフードヌードル」に「海苔」を加えたアレンジ商品


「カップヌードル」シリーズの中でも人気のある定番商品「シーフードヌードル」に、「海苔」を加えてアレンジした商品です。海苔といってもラーメンでよく使われる焼のりではなく、「ごはんですよ」などでおなじみの海苔の佃煮が使われた商品となっています。シーフードヌードルも海苔の佃煮も大元は確かに同じ海ですが、同じ海でも南紀白浜と東尋坊くらいまったく違うものに見えますよね。

海苔の佃煮の代名詞として知られる「桃屋の江戸むらさき ごはんですよ!」は、何度かカップ麺で使用されています。下のリンクは2018年1月発売の「サッポロ一番 カップスター 桃屋の江戸むらさき ごはんですよ!使用 のりしょうゆ味うどん」。そのまま入っているわけではなく、粉末スープとして入っていました。

サンヨー食品 「サッポロ一番 カップスター 桃屋の江戸むらさき ごはんですよ!使用 のりしょうゆ味うどん」

桃屋の「江戸むらさき ごはんですよ!」を使用したカップうどん今回のカップ麺は、サンヨー食品の「サッポロ一番 カップスター 桃屋の江戸むらさき ごはんですよ!使用 のりしょうゆ味うどん」。「カップスター」シリーズ43周年記念商品商品で、桃屋の「江戸むらさき ごはんですよ!」を使用したうどんです。「サッポロ一番 カップスター 桃屋のキムチの素使用 キムチ鍋風ラーメン」と同時発売となっています。以前、「ごはんで...



「夏はシーフード」?????




今回の一杯は、夏向けのシーフードヌードルという位置づけで、パッケージに「夏はシーフード」と書かれています。この前も言いましたが、冬にも「ミルクシーフード」なんていう金看板があるので、「夏もシーフード」が正しいはずなんですよね。日清さん謙虚だなぁ。それは冗談として、今夏もすでに夏向けシーフードとして7月に「カップヌードル レッドシーフードヌードル」が発売されています。

定番の夏のシーフードヌードルが今年も登場!「カップヌードル レッドシーフードヌードル」を実食レビュー

このページでは、日清食品のカップ麺、「カップヌードル レッドシーフードヌードル」を食べてレビューしていきます。「カップヌードル レッドシーフードヌードル」はどんなカップ麺?今回のカップ麺は、日清食品の「カップヌードル レッドシーフードヌードル」。2020年7月20日発売の、「カップヌードル」シリーズの新商品です。毎年夏恒例の、夏版シーフードヌードル「レッドシーフード」が今年も登場です。...



内容物、価格、購入額など




別添袋は、「特製海苔うまペースト」1袋。カップにはシーフードヌードルのいつものかやくが入っていますが、量は少なそうです。

品名カップヌードル 海苔うまシーフード ビッグ
メーカー日清食品
発売日2020年8月3日(月)
麺種別油揚げ麺
かやく・スープ1袋(特製海苔うまペースト)
定価税別220円
取得価格税別215円(セイコーマート)

» 続きを読む


 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

横浜の元祖ご当地ラーメンのカップ麺「ニュータッチ 凄麺 横浜発祥サンマー麺」を実食レビュー



このページでは、ヤマダイのカップ麺、「ニュータッチ 凄麺 横浜発祥サンマー麺」を食べてレビューしていきます。



「ニュータッチ 凄麺 横浜発祥サンマー麺」はどんな商品?


今回のカップ麺は、ヤマダイの「ニュータッチ 凄麺 横浜発祥サンマー麺」。2020年2月3日にリニューアル発売された、「凄麺」シリーズの商品です。リニューアルを繰り返しながら10年以上存続する、「凄麺」シリーズの中でも古参の商品で、横浜を中心に神奈川県南部で食べられているご当地ラーメン、「サンマー麺」をカップ麺で再現した商品となっています。特に新商品ではありませんが、最近ずっとレビューしていなかったので、今回食べてみたいと思います。



「サンマー麺」は横浜など神奈川南部のご当地ラーメン


サンマー麺は、横浜発祥で、神奈川県南部で食べられているご当地ラーメンです。炒めたもやしなど野菜のあんかけをラーメンにかけたもので、横浜中華街の「聘珍樓」が発祥とされ、横浜や湘南地域などに広がっています。多摩川以南、富士川以東、そして小田急小田原線の南側の地域で食べられているとのことで、小田急ユーザーのハンサム氏の地域は該当しません。残念。

全然関係ない話ですが、小田急線に乗り入れてくるJR常磐線の車両E233系2000番台の、慎ましくE233系な感じがたまらなく好きです。正面からだとぜんぜん見えないのに、斜め前から顔を見ると確かにE233系なんですよね。

最近だと、神奈川県、横浜のラーメンと言えば「家系ラーメン」が真っ先に思い浮かびますが、井之頭五郎さんあたりだと家系よりもサンマー麺に飛びつきそうですよね。そういえば、横浜でニンニクの「パタン」を食べた回で、中華屋さんのメニューに「サンマーメン」があったはずです。大食いなのでテレビに写ってないところで「サンマーメン」を食べていた可能性ありますね。



「神奈川サンマー麺の会」推奨品




今回の一杯は、「神奈川サンマー麺の会」推奨品となっています。お墨付きを貰えるということはあそれだけサンマー麺の再現性が高いということでしょう。2011年から推奨品になったと書かれていますが、2010年に発売された商品でもすでに推奨品になっていました。10年推奨され続けるスゴイやつです。果たしてどんな一杯なのでしょうか。



内容物、価格、購入額など




別添袋は、「後入れ粉末スープ」、「調味油」、「かやく」、「調理済具材」の計4袋。220円の割にはレトルト野菜まで入って豪勢です。



先入れの「かやく」を麺の上に開けた状態。ニラ、キクラゲ、たけのこが入っていますがあまり量は多くありません。

品名ニュータッチ 凄麺 魚介豚骨の逸品
メーカーヤマダイ
発売日2019年10月7日(月)
麺種別ノンフライ麺
かやく・スープ3袋(後入れ液体スープ・後入れ粉末スープ・かやく・焼のり)
定価税別220円
取得価格税別218円(セイコーマート)

» 続きを読む


 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「魚介豚骨」といえばあの名店が思い浮かぶが・・・ 「ニュータッチ 凄麺 魚介豚骨の逸品」を実食レビュー



このページでは、ヤマダイのカップ麺、「ニュータッチ 凄麺 魚介豚骨の逸品」を食べてレビューしていきます。



「ニュータッチ 凄麺 魚介豚骨の逸品」はどんな商品?


今回のカップ麺は、ヤマダイの「ニュータッチ 凄麺 魚介豚骨の逸品」。2019年10月7日にリニューアル発売された、「凄麺」シリーズの発売の新商品です。まったくもって新商品ではありませんが、未レポだったので食べてみたいと思います。



「魚介豚骨」といえばあのお店ですよね・・・


今回の「魚介豚骨の逸品」は、2018年2月に初登場し、2019年10月にリニューアル発売された、「凄麺」シリーズの商品です。レビューしたいと思っていたのですが、最初の登場の時はなぜかまったく手に入れることができず、リニューアル後は手に入れたものの記事にするタイミングがなく、何度か買って食べてはいるものの、なかなかレビューできずにいました。

「魚介豚骨の逸品」ということで、「魚介豚骨」といえば当然、千葉県松戸の魚介豚骨の名店、「中華蕎麦とみ田」が思い浮かびます。さすがにとみ田を思い浮かべてしまうとハードルが高くなってしまいそうですが、本格感たっぷりのパッケージにはついつい期待してしまいます。

とみ田のカップ麺と言えば、セブンプレミアムの定番商品ですよね。「銘店紀行 中華蕎麦とみ田」。

リニューアルされたセブンのカップ麺「銘店紀行 中華蕎麦とみ田」を食べてみました!特盛チャーシュー!

このページでは、セブンプレミアムのカップ麺、「銘店紀行 中華蕎麦とみ田」を食べてレビューしていきます。「銘店紀行 中華蕎麦とみ田」はどんなカップ麺?今回のカップ麺は、セブンプレミアムの「銘店紀行 中華蕎麦とみ田」。製造は明星食品。2020年3月23日にリニューアル発売された「銘店紀行」3商品のうちのひとつ。千葉県松戸市に本店のある、「中華蕎麦 とみ田」の味を再現した定番カップ麺となっています...



5種の魚粉を使った贅沢なスープ




今回の一杯では、5種の魚粉を使っているのが大きな売りとなっています。原材料表示によると、「イワシ煮干、鰹節、さば節、ムロ節、宗田鰹節」とのことです。5種の魚粉を使って果たしてどんな一杯に仕上がっているのでしょうか。



内容物、価格、購入額など




別添袋は、「後入れ液体スープ」、「後入れ粉末スープ」、「かやく」、「焼のり」の計4袋。税別220円の商品ですが内容物はなかなか豪勢です。



先入れの「かやく」を麺の上に開けた状態。チャーシューとメンマ、ねぎが入っていますが、量はあまり多くなさそうです。焼のりも入っているので致し方ないですね。

品名ニュータッチ 凄麺 魚介豚骨の逸品
メーカーヤマダイ
発売日2019年10月7日(月)
麺種別ノンフライ麺
かやく・スープ3袋(後入れ液体スープ・後入れ粉末スープ・かやく・焼のり)
定価税別220円
取得価格税別218円(セイコーマート)

» 続きを読む


 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ファミマ限定の沖縄そばカップ麺「ちゅるげーそば 沖縄そば大盛り」を実食レビュー



このページでは、エースコックのカップ麺、「ちゅるげーそば 沖縄そば大盛り」を食べてレビューしていきます。



「ちゅるげーそば 沖縄そば大盛り」はどんなカップ麺?


今回のカップ麺は、エースコックの「ちゅるげーそば 沖縄そば大盛り」。2020年7月28日発売のファミマ限定新商品で、沖縄県中城村の沖縄そば人気店、「ちゅるげーそば」の味を再現したカップ麺です。メーカーとカップサイズから、「スーパーカップ」シリーズを思わせるものがあります。



「ちゅるげーそば」は沖縄そばの人気店


ちゅるげーそば」は、沖縄県中条村にある沖縄そばの人気店です。こちらも有名店である「宜野湾そば」の系列店とのことです。古民家の雰囲気のあるお店で、付近には観光名所の中城城跡があり、そことセットで訪れる方も多いのではないかと思います。スープはこってりとあっさりから選ぶことができ、ニンニクを入れることも可能とのこと。

今回の一杯では、沖縄のメーカー「青い塩」が製造する海水塩、「シママース」が使用されている塩の30%使われているとのこと。お店の沖縄そばでは使われているのか調べてもわかりませんでしたが、おそらく使われているのでしょう。



「追いスープ」付き




今回の一杯の大きな特徴となっているのは、別添で「追い粉末スープ」が付いていること。お店で「こってり」と「あっさり」が選べることから、その両者の味を楽しむための措置と思われます。今回もまず入れずにあっさり味を楽しみ、その後に「追いスープ」を投入したいと思います。



内容物、価格、購入額など




別添袋は、「かやく入り粉末スープ」と「追い粉末スープ」の2袋。カップには麺のみ入っていました。



先入れの「かやく入り粉末スープ」を麺の上に開けた状態。スープ粉末の他にかやく類が入っています。

品名ちゅるげーそば 沖縄そば大盛り
メーカーエースコック
発売日2020年7月28日(火)
麺種別油揚げ麺
かやく・スープ2袋(かやく入り粉末スープ・追い粉末スープ)
定価税込226円
取得価格税込226円(ファミリーマート)

» 続きを読む


 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加